• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

三菱不正事件の裏に不都合な日本の燃費基準

2016年6月2日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

三菱自動車は「i-MiEV」でも燃費不正を行っていた(写真:筆者)

 25km vs.13.5km。ガソリン1リットルで走れる距離(燃費)の比較だが、三菱によるデータ不正の話ではない。トヨタ「Vitz」の日本基準(JC08)による燃費対アメリカ(EPA)基準(高速道路、市街地の平均)による燃費の比較だ。

 先に結論を言えば、日本の燃費基準は甘すぎて非現実的だ。日本メーカーのカタログで「25km走れる」と言っても、アメリカで測れば13.5km。54%でしかない。同じトヨタの「Collora」の場合も、23.4kmに対して13.7kmで59%。どちらも60%以下だ。

全く意味のない日本のJC08基準

 それでは、アメリカ基準が厳し過ぎるのかというと、そうではない。日本では、「実燃費はカタログ値の6割程度」というのが常識。ということは、アメリカ基準は実燃費に近いということだ。

 極めて残念なことに、エコカーでも日本基準の燃費は正しくない。ハイブリッド(HV)車である「プリウス」(2016年型)は、日本では、40.8kmとなっているが、アメリカ基準では、21.98km。やはり54%だ。

 筆者が推進しているEVでも同様。EVの場合は、燃料1リットル当たりではなく、1回の充電で走れる距離(航続距離)で表示されることが多い。日産「リーフ」の最新型(電池容量30kWh)の場合、日本のJC08基準では280kmであり、日産ホームページでも「ロングドライブも安心です」と謳っている。

 ところが、アメリカのEPA基準では172km。日本基準の61%でしかない。その他の車種もいくつか調べてみたが、アメリカ基準(≒実燃費)は日本基準の 6割前後だ。日米の走行パターンや装備の違いがあるにしてもこのような大きな差は説明できない。

コメント28件コメント/レビュー

コメントは殆どが困ったちゃん、自己中の奴らばかり。日本の燃費表示は「政府の不正」とまでは行かなくても、政府(国交省)の怠慢」以外の何者でもない。そもそも、カタログ燃費は排ガス規制検査のおまけの表示であり実燃費と比べること自体がナンセンスだということを言わない政府が悪いし、何も不思議に思わないユーザーにも責任はある。我が家でもトヨタ、日産、マツダ、ホンダ、スズキ、外車に乗ってきたが、大体の車で我が家の乗り方だとカタログ燃費の6割程度が実燃費(満タン法)。当然昔のカタログ燃費の方が実燃費との乖離があったから、燃費そのものの改善はあることになる。唯一同じような乗り方をしていても実燃費との乖離が少ないのはスズキのスイフトで、条件によってはカタログ燃費を越えることもある。政府がメーカーに燃費評価の材料となるエビデンス情報を評価させているのが、不正の温床となったことが明らかなのに、その対策を全くとらず、「もっとしっかりやれ」というばかりなのが怠慢なのだ。電機業界のようにしっかりとした第三者機関で評価することを義務付ければいいことで、他国ではやっていることだ。無駄な税金を使うより、よっぽど社会貢献になるのに。
ガソリン、軽油車より電気自動車の方がはるかにクリーンでエコであることは、たとえ全てが火力発電になっても明白である。それを想像だけで火力発電を使った電気自動車はトータルではエコではないと言い張る奴は何も根拠を示せない。(2017/06/05 09:22)

オススメ情報

「「燃やさない文明」のビジネス戦略」のバックナンバー

一覧

「三菱不正事件の裏に不都合な日本の燃費基準」の著者

村沢 義久

村沢 義久(むらさわ・よしひさ)

合同会社Xパワー代表、環境経営コンサルタント。

1974年東京大学大学院工学系研究科修了。1979年米スタンフォード大学経営大学院修了。2005年から東京大学サステイナビリティ学連携研究機構特任教授として地球温暖化対策を担当。合同会社Xパワーを立ち上げ代表に就任。2016年4月から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

コメントは殆どが困ったちゃん、自己中の奴らばかり。日本の燃費表示は「政府の不正」とまでは行かなくても、政府(国交省)の怠慢」以外の何者でもない。そもそも、カタログ燃費は排ガス規制検査のおまけの表示であり実燃費と比べること自体がナンセンスだということを言わない政府が悪いし、何も不思議に思わないユーザーにも責任はある。我が家でもトヨタ、日産、マツダ、ホンダ、スズキ、外車に乗ってきたが、大体の車で我が家の乗り方だとカタログ燃費の6割程度が実燃費(満タン法)。当然昔のカタログ燃費の方が実燃費との乖離があったから、燃費そのものの改善はあることになる。唯一同じような乗り方をしていても実燃費との乖離が少ないのはスズキのスイフトで、条件によってはカタログ燃費を越えることもある。政府がメーカーに燃費評価の材料となるエビデンス情報を評価させているのが、不正の温床となったことが明らかなのに、その対策を全くとらず、「もっとしっかりやれ」というばかりなのが怠慢なのだ。電機業界のようにしっかりとした第三者機関で評価することを義務付ければいいことで、他国ではやっていることだ。無駄な税金を使うより、よっぽど社会貢献になるのに。
ガソリン、軽油車より電気自動車の方がはるかにクリーンでエコであることは、たとえ全てが火力発電になっても明白である。それを想像だけで火力発電を使った電気自動車はトータルではエコではないと言い張る奴は何も根拠を示せない。(2017/06/05 09:22)

経歴からは信じがたいですが、自動車について素人同然の知識と経験しかお持ちでないようです。原因追及としても対策案としても噛み合っておらず、全く読みどころが有りませんでした。(2016/08/31 11:06)

記事はガソリン車を無くして「燃やさない文明」に結び付けたいのでしょうが、GS並に充電施設を作ろうとしたら今より多く燃やさないと足らないのでは。
原発は当分、下手すると二度と増やせない。再生可能エネルギーだって、どれもプライマリー電源になれるほどの安定性はない。どうしたって既存の火力、水力に頼ることになるが、水力も簡単に増やすことは出来ない。CO2削減に目をつぶって火力を増やさざるを得ない。
ガソリン車が無くなったって、資源の消費の仕方が変わるだけですよ。少なくとも現状のテクノロジーでは。(2016/06/06 09:20)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

物事の考え方やビジネスモデルが過去の延長では立ち行かなくなってきている。

渡辺 秀一 メディパルホールディングス社長