• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

川内は結局止まる…「原発20~22%」は実現不可

2016年9月8日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

九州電力川内原子力発電所
(出所:九州電力)

 福井県の高浜原発が大津地方裁判所の仮処分により停止したのが今年の3月。それから5カ月後の8月26日、鹿児島県の三反園知事は、九州電力の瓜生道明社長に、川内原発の運転を一時停止して施設を点検するよう申し入れた。高浜が「司法ショック」なら、川内は「行政ショック」だ。

停止要請は拒否も、止まる「川内原発」

 三反園知事は7月の県知事選で川内原発の一時停止と再点検などを公約として当選。8月下旬 から9月上旬をめどに、九電に一時停止を申し入れる考えを示していたが、今回の申し入れで公約を守ったことになる。

 知事が特に問題視しているのが、万一の場合の避難対策で、8月19日には原発から半径5km圏内にある薩摩川内市の集落や、30km圏内に入る隣のいちき串木野市内を視察。事故の際に使われる予定の避難道路の検証などを行い、前知事時代に作成された原発事故時の避難計画を見直す考えを示した。

 4月の熊本地震後、川内原発の安全性に対する不安の声が強まっていることが背景にあるが、不安なのは九州の住人だけではない。日本の天気は偏西風の影響で西から東に変わっていく。本土の西端に位置する川内で激甚事故が起こると、西からの風に乗って日本の広範囲に汚染が広がる恐れがある。

 知事からの申し入れに対し九州電力は9月5日、要請には応じないと正式に回答。ただし、熊本地震に対応した設備の特別点検や避難計画の見直しには協力する方針を伝えた。これに対し三反園知事は9月7日、追加の安全対策を再度要請した。

 今回の申し入れに関しては、知事に運転停止の法的な権限はない。ただ、川内原発は1号機が10月に、2号機は12月に、定期点検のために停止することになっている。だから、「今年中に止まるか?」という質問に対する答えは「Yes」だ。知事の影響力が発揮されるのは、定期点検後の再々稼働時。運転再開には薩摩川内市長と鹿児島県知事の同意が必要になるからだ。

 こう考えると、今回の知事の「一時停止」要請自体は大きな問題ではない。むしろ、九電が心配すべきは停止の長期化。新知事は、地震の影響や活断層の状況などについて再点検を求め、重大事故が起きた際の住民の避難計画も専門家による委員会を設けて改めて検証するという。検証すべきは避難経路だけではない。板張り体育館にプライバシーゼロという受け入れ施設はNG。一流ホテル並みとは言わないまでも、しっかり生活できる施設を準備する必要があるが、そうなると容易なことではない。

 停止期間は長期化する可能性が高い。通常だと点検期間は3~4カ月なので、来年春ごろまでには2基とも稼働しているはずだが、検証の結果、現在の対策が不十分ということになれば大幅な改善が必要となる。川内原発の再々稼働は、かなり先のことになるのではないかと考える。

コメント31件コメント/レビュー

科学的リテラシーの欠如はマスコミ関係者の特徴です。わが国の文系と呼ばれる人たちは特別論理的な話を嫌い、理屈っぽいとはねつけます。(この意見も没になるか)
 福一の第5,6号機のことについて、一切話が出てきません(都合が悪いから?)
同じ敷地にある5,6号機は安全に停止しています。1、2、3、4号機とどこが違っていたのでしょう。もちろん外部電源は喪失し、水冷発電機は水没または海水取り入れ口の破損で使用不能でした。 違っていたのは2Fに設置された予備の空冷発電機が活躍したからです。水冷発電機の故障を見越して、現場の技術者の意見で追加設置されたものです。
 たった一台の空冷発電機が5.6号機を救ったのです。 1234号機の設計でも水冷発電機を地下に2台設置するのは安全性からいかがなものか?の現場の意見を、GEの設計通りやれ!で済ましたことが全ての原因です。科学技術を理解しないトップダウンが問題でしょう。
 わが国では事故が起きたら必ず犯人捜しを行い、責任問題で辞職に追い込みます。これでは同じ失敗を繰り返すことになります。大体故障を事故だ!と騒ぐことも多いですね。
 きちんと原因を調べ対策を行うことが大事で、個人責任を追っかけるのは違うでしょう。
地震で直接壊れたわけではないのに、活断層が数万年前に動いた形跡がある・・・だから廃炉!!
熱物に懲りてなますを吹いていますね。(2016/09/13 11:14)

「「燃やさない文明」のビジネス戦略」のバックナンバー

一覧

「川内は結局止まる…「原発20~22%」は実現不可」の著者

村沢 義久

村沢 義久(むらさわ・よしひさ)

合同会社Xパワー代表、環境経営コンサルタント。

1974年東京大学大学院工学系研究科修了。1979年米スタンフォード大学経営大学院修了。2005年から東京大学サステイナビリティ学連携研究機構特任教授として地球温暖化対策を担当。合同会社Xパワーを立ち上げ代表に就任。2016年4月から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

科学的リテラシーの欠如はマスコミ関係者の特徴です。わが国の文系と呼ばれる人たちは特別論理的な話を嫌い、理屈っぽいとはねつけます。(この意見も没になるか)
 福一の第5,6号機のことについて、一切話が出てきません(都合が悪いから?)
同じ敷地にある5,6号機は安全に停止しています。1、2、3、4号機とどこが違っていたのでしょう。もちろん外部電源は喪失し、水冷発電機は水没または海水取り入れ口の破損で使用不能でした。 違っていたのは2Fに設置された予備の空冷発電機が活躍したからです。水冷発電機の故障を見越して、現場の技術者の意見で追加設置されたものです。
 たった一台の空冷発電機が5.6号機を救ったのです。 1234号機の設計でも水冷発電機を地下に2台設置するのは安全性からいかがなものか?の現場の意見を、GEの設計通りやれ!で済ましたことが全ての原因です。科学技術を理解しないトップダウンが問題でしょう。
 わが国では事故が起きたら必ず犯人捜しを行い、責任問題で辞職に追い込みます。これでは同じ失敗を繰り返すことになります。大体故障を事故だ!と騒ぐことも多いですね。
 きちんと原因を調べ対策を行うことが大事で、個人責任を追っかけるのは違うでしょう。
地震で直接壊れたわけではないのに、活断層が数万年前に動いた形跡がある・・・だから廃炉!!
熱物に懲りてなますを吹いていますね。(2016/09/13 11:14)

原発の代替エネルギーはすでに存在していて、それはもちろん発電が安定しない太陽光や風力発電ではなく、ガスタービンコンバインドサイクル、石炭ガス化複合発電、燃料電池、である。石炭は安価で、どこでも入手可能だ。LNGは意外とあちこちでとれる。燃料電池はガスから発電する製品が販売済みであり、近くで発電できるので送電ロスの心配がない。あと、輸送路の問題は100%輸入のウランも同じだし、航路に問題があるのなら、回避すればよい話だ。ウランの埋蔵量は化石燃料よりはるかに少なく、産地も限られ、核開発のリスクがあるため誰でも自由に輸入できない。核燃料は、燃やしてしまうと人が近づくことができないほどの放射線を発し、何十年も冷却するために膨大な電気が必要となる。まさに負の遺産であり、稼働してしまえばいいとか、軽々しく言うものではない。ウランは原潜か核開発に使うべきであって、発電なんかに使うべきではない。なお、原発は地震などで緊急停止すると、再稼働にものすごく時間がかかる。その溝を埋めるため、かならず火力のバックアップがある。だから、原発を止めても、電気はたりるし、そもそもその火力をはじめから使えばよい。いつも不思議に思うのだが、原発の廃炉の技術とは密閉容器に詰めて埋めるだけであり、原発を運転をすると廃炉の技術者が育つという論理は理解できない。火力発電所を廃炉にするのに、火力発電所が稼働している必要がないように。(2016/09/13 01:44)

現実問題として、原発の処理を行うためには技術開発と投資が必要であり、そのためには原発を動かさなければなりません。
少なくとも現在の原発は発電を停止しているだけであり、放射能などの各問題が解決したわけではありませんし、最終的に原発の問題を解決させるためには、(現在の技術では)原発を再稼動し、燃料を極限まで利用・極小化した上でガラス固化して地中に埋めるしかないわけです。
また、他に安全な処理方法を確立するために、原子力に関する研究者を育てる必要があり、そのためにも原発を稼動させなければならないというジレンマも抱えています。
個人的には、原発に諸手を挙げて賛成するわけではありませんが、原発を廃炉にするためにも代替エネルギーを獲得するまでの繋ぎとしても原発を稼動させるべきだと思います。
もちろん福島の経験も生かして、安全に原発を稼動させるための対策や、万一の場合の対策を確りと確立しておくことが必須です。
その間に、蓄電技術のブレイクスルーを期待したり、他のクリアエナジーの獲得を目指すのも一つなわけですが、そのような事実を無視して、筆者のように発電しなければ全てが解決したと思うお花畑的な思考は非常に危険であると言わざるを得ないのです。
これもきれいごとなのかもしれませんが、現実を知った上で「可能性を信じて挑戦する」というのは上記のような定義ではないか個人的には思うのです。(2016/09/12 11:51)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

テスラのような会社と一緒にできないのなら、パナソニックはイノベーションを起こせないだろう。

津賀 一宏 パナソニック社長