• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

電気自動車普及の決め手は「陸上フェリー」?

2015年12月28日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 COP21(国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議)における日本の存在感のなさはひどかった。「(2030年に)2013年比26%削減」という低い目標だから仕方ない。しかし、実際にはこの程度の目標でさえ、その実現性に疑問の声が上がっている。前提となる、発電に占める原子力発電比率20~22%の達成が難しそうだからだ。エネルギーを作る側(発電)で対策が不十分ならば、その不足分は、エネルギーを使う側で補うしかない。一つは省エネ、もう一つは電気自動車(EV)の普及を加速させることだ。

航続距離300kmで再び脚光

 2009年から2010年にかけて、三菱自動車から「i-MiEV」が、日産自動車から「リーフ」が発売され、EVブームが起こった。残念ながら、実際の販売量は目論見の半分以下で、あまり注目されなくなってしまったが、2016年には、EVブームが再来すると予想する。グッドニュースは、日産の新型リーフの航続距離(1回の充電で走れる距離)が、これまでの228km(JC08モード)から27%伸びて、290km程度(同)になりそうなことだ。

 EVの最大の弱点は航続距離の短さ。最終的にはガソリン車並みの500kmになることが望ましいが、現時点でも、最低300kmは必要と感じるユーザーは多い。その点で、新型リーフは「合格ライン」に近づいたと言える。

 カギとなったのは蓄電池の改良。日産は、リーフのリチウムイオン電池の容量を24kWhから30kWhへと25%増やした。しかも、蓄電池パックのサイズはほぼそのままで、重量の増加も7%程度に抑えたという。

 この改良では、新しい電極材料を採用し、モジュールの構成も変更している。これまでは、4セルで1モジュール、48モジュールで1パック、つまり、「4×48=192セル」の構成であったが、新型では、総セル数は192のままで、8セル×24モジュールの構成としている。

 さらに楽しみなのは、日産がリーフの後継モデルを開発していることだ。2017年頃に市場に投入する予定新型車の航続距離は、JC08モードで400km以上になる可能性があるという。

 ヨーロッパ勢も、独フォルクスワーゲン(VW)のディーゼル車不祥事以来、EVに注力し始めている。独アウディは、航続距離500kmのSUVを計画しており、2015年8月、韓国のLG化学やサムスンSDIと共同で新型のEV用蓄電池を開発すると発表している。

出所:筆者撮影(オズ・コーポレーションにて)

コメント9

「「燃やさない文明」のビジネス戦略」のバックナンバー

一覧

「電気自動車普及の決め手は「陸上フェリー」?」の著者

村沢 義久

村沢 義久(むらさわ・よしひさ)

合同会社Xパワー代表、環境経営コンサルタント。

1974年東京大学大学院工学系研究科修了。1979年米スタンフォード大学経営大学院修了。2005年から東京大学サステイナビリティ学連携研究機構特任教授として地球温暖化対策を担当。合同会社Xパワーを立ち上げ代表に就任。2016年4月から現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授