空気レスタイヤでパンクを過去の遺物に

自動運転、電気自動車の時代に向けて、タイヤも姿を変える

空気を入れる必要のない「空気レスタイヤ」の開発が熱を帯びている。樹脂製のスポークで車両の重さを支え、地面の凹凸から受ける衝撃も吸収する。来るべき自動運転・EV社会に向け、足元のタイヤも姿を変えようとしている。

(日経ビジネス2017年12月18日号より転載)

 今秋の東京モーターショー。EV(電気自動車)など最先端の自動車を披露する展示会にあって、“自転車”が注目を集める一角があった。群がる来場者の視線の先にはタイヤ。ただしそのタイヤは見慣れた「丸くて黒いゴムのかたまり」ではなく、真っ赤な色をした樹脂が、ホイールから放射状に伸びている。ブリヂストンが開発した空気レスタイヤ「エアフリーコンセプト」だ。

空気はバネのような役割を果たす
●空気入りタイヤの断面イメージ図

 見た目は奇抜だが、試乗した人は口々に「至って普通だね」とつぶやいた。だがそんな淡白な感想も、開発担当者にとっては何よりのほめ言葉になる。空気を使わないタイヤを実用化できれば、タイヤ史に刻まれる大きな転換点になるからだ。

 空気はタイヤ内でバネのように作用し「荷重を支える」「衝撃を吸収する」という2つの役割を担っている。空気は軽く、調達コストもゼロ。高速で回転し続ける過酷な環境下でも劣化しないのも魅力的。現在、世界で売られているタイヤのほとんどは空気入りだ。

適切に点検しているのは少数派
●自動車保有者に聞いた「タイヤ点検の頻度」
出所:JAF「タイヤのパンクに関するアンケート調査

 一方でデメリットもある。パンクのリスクだ。ひとたびパンクすればタイヤは荷重を支えられなくなり、車両はその場で立ち往生する。不測の事態を防ぐため、乗用車ではスペアタイヤや修理キットの搭載が求められている。だが車両はその分重くなり、燃費性能や走行性能が犠牲になってしまう。

 パンクに至らなくても、タイヤの空気圧は自然に減り、性能は徐々に落ちていく。乗用車の場合、空気圧の点検は1カ月に1度が理想。だが日本自動車連盟(JAF)の調査によると、そのペースでタイヤを点検しているユーザーは4人に1人どまり。同調査はJAFウェブサイトの訪問者が対象で、実際に適切なメンテナンスを実施しているユーザーはさらに少ないといえる。

バックナンバー

閉じる

いいねして最新記事をチェック

アクセスランキング

記事のレビュー・コメント

レビューレビューを投票する

とても参考になった
 

50%

まあ参考になった
 

45%

参考にならなかった
 

4%

ぜひ読むべき
 

39%

読んだほうがよい
 

34%

どちらでもよい
 

26%

いただいたコメントコメント6件

タイヤの耐用年数は,ゴムに比べると短くなりそうですね.
また,耐用年数内でも,樹脂バネの劣化で衝撃吸収性が徐々に悪くなり,経時的に乗り心地が悪くなっていきそうな印象もあります.

いずれも,樹脂材料の開発で改善されていくことではあると思いますが,ゴムと比べて耐用年数や経時的な乗り心地の悪化が遜色ないレベルを達成しなくては,アーリーアダプター以外に普及するのは難しいでしょう.

頑張って開発を続けて頂きたいと思います.(2018/02/18 19:01)

2ページ目をちゃんと読みな。
2社とも、あらゆる方向から力がかかることとか、力のかかり方を制御して安定性を保とうとしてる旨書いてあるじゃん。
プロがそこを考えずに出してくると思うわけ?(2018/02/18 13:11)

話としては面白いですが、どうなんでしょうかね。
平地ならまだしも、下りのブレーキングがおっかない。フルブレーキに耐えられなさそう。反応性が鈍く、アクセルもブレーキも力をロスしそう。あっという間にフニャフニャになって使い物にならなさそう。紫外線厳禁。材料をふんだんに使って環境的によくなさそう。
そんな不安を払拭するような製品をお待ちしております。車の場合、前輪と後輪、FFとFRで構造を変える必要もありますね。

そういえば、ロードバイクやトライアスロンを嗜む方はよくご存じの、スピナジーを思い出しました。スポークが金属ではなく、ザイロンという合成繊維を使った。反応性の悪さと引き換えに、振動吸収性に優れているようです。決して主流にはなり得ませんでしたが、細々と熱心なファンがついているようです。(2018/02/16 12:45)

コメント(6件)を読む/書く