• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

SSD全盛時代でもHDDは死なず

容量拡大は続きニアラインストレージとして生き残る

バックナンバー

[1/3ページ]

2018年3月1日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

スマートフォンだけでなくパソコンの記憶装置としてもフラッシュメモリーが主体となってきた。HDDの役割は終わった感があるが、データセンターなどでは引き続き需要は残る。米ウエスタンデジタルがライバルに先行して、大容量化に適した新記録方式を開発した。

(日経ビジネス2017年12月25日・2018年1月1日号より転載)

 「HDDはNANDフラッシュメモリーに駆逐されるんじゃないか。しばらく前には、そう思っていた。今は、当面はすみ分けられるだろうと考えている」。HDDメーカーから、こうした声が漏れ始めている。2016年から17年にかけて、NANDフラッシュメモリーの供給不足でHDDの需要が持ち直したことが一因だ。もう一つの理由は、HDDでなければならない用途が、少なくとも今後5~10年は継続するとの予測である。

HDDは記憶階層の一番下に
●図1 インターネットに接続する機器の外部記憶装置
パソコン、携帯端末、家電製品そしてIoT機器などの外部記憶装置は今後、NANDフラッシュメモリーや、それを組み込んだSSDに切り替わる。一方、容量の大きな企業の情報システムやデータセンターでは、すべてのデータをSSDに保存するのはコスト面から難しい。頻繁に使わないデータは、記憶階層の1段 階下にある、「ニアラインストレージ」と呼ばれるHDDに保存される見込みだ(写真=背景:Saul Gravy/Getty Images)

 各社が期待するのは、「ニアラインストレージ」と呼ばれる使い方だ(図1参照)。コンピューターの記憶階層では、主記憶や外部記憶よりもさらに下に位置する。従来HDDが担ってきた外部記憶装置の座は、幅広い機器でNANDフラッシュメモリーや、それを内蔵したSSDに奪われつつある。

 ニアラインストレージは、SSDに格納しきれなかったデータを、その1つ下の階層で保存する。主にクラウド環境や企業の情報システムで活用される記憶装置である。

 日本HDD協会(IDEMA JAPAN)が17年1月に公表した予測によると、稼働中のストレージ装置の全容量のうちHDDが占める割合は15年に83%だったが、20年でも79%を維持するという。この5年に最も容量が拡大するHDDの製品分野がニアライン向けであり、今後はこの用途向けにHDDの大容量化が進みそうだ。課題は、より大容量の製品をこれまでと大差ない価格で提供できるかどうかである。

コメント2件コメント/レビュー

HDDは容量拡大の方向しか目指さないんですかね。
もう大分前から速度の面では完全に頭打ちで、機械的な要素があるから難しいことは判りますが、これ以上技術開発の余地は無いのでしょうか。(2018/03/01 09:11)

オススメ情報

「トレンド・ボックス」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

HDDは容量拡大の方向しか目指さないんですかね。
もう大分前から速度の面では完全に頭打ちで、機械的な要素があるから難しいことは判りますが、これ以上技術開発の余地は無いのでしょうか。(2018/03/01 09:11)

根本的にSSDに中のNANDメモリーのデータ書き換え階数限度の問題はどうするのでしょうか?
データの消え方も判らない。そうなるとデータが消えたかも判らない。どのデータが消えたかも判らない。SSDの長期仕様に対するリスクとリスク管理についての記事をお願いします。(2018/03/01 07:56)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

私自身もブラックベリーとともに育った人間。そんな会社がそのまま消滅するのを見たくなかった。

ジョン・チェン カナダ・ブラックベリーCEO