• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

AIがAIを「だます」ことで賢く成長

学習プロセスを加速、弱点を補う「敵対的生成ネットワーク」

2018年4月9日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

AI(人工知能)は多種多量なデータを「深層学習」することで賢くなる。この学習プロセスを加速し、弱点を補えるのが「敵対的生成ネットワーク(GAN)」だ。敵対するAIを「だます」ことで賢く成長し、従来のAIにはない「想像力」を獲得する。

(日経ビジネス2018年2月5日号より転載)

 実在するセレブの写真を基に「存在しそうなセレブ」の画像を大量に作り出す──。米半導体大手エヌビディアがユーチューブで公開した動画が、注目を集めている。AI(人工知能)の新技術である「敵対的生成ネットワーク(GAN)」の威力を見せつけたからだ。

米エヌビディアはAIを使い
「存在しそうなセレブの顔」を大量生成
(イラスト=ALFRED PASIEKA/SCIENCE PHOTO LIBRARY)

 エヌビディアが用意したのは約3万枚の顔写真。これをAIに読み込ませると、別のAIとの“知恵比べ”が始まった。片方のAIが目や口などのパーツを微妙に変えた画像を作ると、もう一方のAIはその画像が本物かどうかを判定する。AIが生成した偽の画像だと見破られた場合は失敗原因を分析し、新たな画像を生成して再挑戦する。

 最初は顔がゆがんだり肌の色が不均一になったりして、明らかに不自然な画像になったが、試行錯誤を続けることで精度が向上。20日程度すると「いかにもセレブ」な雰囲気を持った画像をAIが生成できるようになったという。

 「敵対」するAI同士が切磋琢磨し、お互いの能力を高められるのがGANの最大の特徴だ。あるAI研究者は「学会では2017年、GANが最も話題に上る技術だった」と語る。昨今のAIブームの主役である「ディープラーニング(深層学習)」の弱点を補えるからだ。AIを成長させるためのデータを、実世界だけではなく、コンピューター上の仮想空間からも獲得できるようになる。

 深層学習はヒトの脳機能をモデルにしたAIの学習方法だ。例えば猫の画像を「学習データ」として大量に読み込むと、耳やヒゲの形など見分けるポイントをAIが自ら発見。すると、学習データ以外の猫の画像をAIが見ても、猫と判別できるようになる。

コメント2件コメント/レビュー

そのうち「マギシステム」も実現されそうですね。(2018/04/09 18:02)

オススメ情報

「トレンド・ボックス」のバックナンバー

一覧

「AIがAIを「だます」ことで賢く成長」の著者

寺岡 篤志

寺岡 篤志(てらおか・あつし)

日経ビジネス記者

日本経済新聞で社会部、東日本大震災の専任担当などを経て2016年4月から日経ビジネス記者。自動車、化学などが担当分野。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

そのうち「マギシステム」も実現されそうですね。(2018/04/09 18:02)

内容的には去年の記事の再掲なのかなと思ったけれど、「そうだGANsもお勉強しなければ」と思い出させてくれてありがたかった。(2018/04/09 07:17)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

大学、社会で伸びる人材に なれるか否かは、高校の教育環境に 大きく左右される。

溝上 慎一 京都大学高等教育研究開発推進センター教授