• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

人事業務を人工知能で効率化

人事+技術のHRテックが採用、社員管理を変える

  • 西村 崇=日経コンピュータ

バックナンバー

2018年4月18日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

新しい人材の採用や従業員のパフォーマンス管理など、人事の業務は手間がかかる。ITを駆使してヒューマンリソース(人材)業務を効率化する「HRテック」の需要が高まっている。最近ではAI(人工知能)を活用して、適材適所の人材配置を支援するサービスも登場した。

(日経ビジネス2018年2月19日号より転載)

 HRテック分野で開発競争が活発なのが、現場で働く従業員のパフォーマンス管理だ。仕事に対する意欲や適性など、これまで定性的にしか把握できなかった要素を見える化。従業員が能力を発揮しやすい適材適所の人材配置を支援する。仕事へのモチベーションが下がりつつある従業員をいち早く見つけて上司や人事担当者が相談に乗るなど、離職を防ぐ効果も期待できる。

離職者の異変をとらえる

●ネオキャリアの人事クラウドサービス「jinjer」が備えるAI関連機能

笑顔判定
 従業員の顔写真の笑顔度を点数化

(写真提供=ネオキャリア)
[画像のクリックで拡大表示]

社員のモチベーション向上を支援

●米ワークデイやカオナビが提供する適性の見える化支援機能

Workdayの「オポチュニティグラフ」
 目標とする上司の人事データを可視化

(写真提供=米ワークデイ)
[画像のクリックで拡大表示]

カオナビの「SPI3タイプマップ」
「創造性重視」など適性を4タイプに分類

(写真提供=カオナビ)
[画像のクリックで拡大表示]

 人材サービスのネオキャリア(東京・新宿)が提供するクラウドサービス「jinjer(ジンジャー)」は、従業員の仕事への意欲低下をAI(人工知能)で察知する機能を備える。その一つが「エンゲージメントアラート」だ。

 エンゲージメントとは従業員が自発的に仕事にかかわったり、企業に貢献したりしようとする意欲を指す。従業員が日々入力する勤怠データをAIで分析し、7段階の「エンゲージメント指数」として示す。エンゲージメント指数は、離職してしまった従業員の勤怠データを基に導き出した離職パターンを使って算出する。

 分析するデータは出退勤時間や残業時間、残業の頻度、休暇の取得状況などが対象となる。毎日の勤怠情報以外に特別なデータの入力は不要だ。エンゲージメント指数が下がると、働く意欲が失われつつあると管理画面に示す。

 ジンジャーは「笑顔判定」と呼ぶ機能も備える。従業員がジンジャーのスマートフォンアプリで出勤を記録し、顔写真を撮影。AIによる画像認識技術を使って笑顔の度合いを分析し、100点満点で評価する。「点数が急に下がると、従業員の意欲が下がっていると気付ける」(経営企画部マネージャーの小口敦士氏)

次の職種を示し意欲高める

 「Aさんの職務として有望なのは顧客サービス担当」「身に付けるべきスキルはコミュニケーションとスケジュール管理」──AIを使って従業員の適職やキャリアパスを示唆してくれるHRテックもある。米ワークデイの人事クラウドサービス「Workday(ワークデイ)」だ。ソニーや日産自動車をはじめ、大手企業を中心に1800社が利用する。

 同サービスが備える「オポチュニティグラフ」はマネジャーなどの役職に就いている上司と部下のそれぞれについて、ワークデイで管理する職務履歴などの人事データを分析。結果を比較することで、従業員一人ひとりに成功しやすい役職を提案する。

 「次に進むべき道を従業員に示すことで、自律的に成長する意欲を高められる」。ワークデイ日本法人の宇田川博文HCM Japanプロダクトリーダーはこう話す。今後は分析結果を基に強化すべきスキルや習得に役立つ研修プログラムを薦める機能を加えていく。

コメント2件コメント/レビュー

自分の会社でも人事採用関係は旧体質と思います。
スマートで的確な、あるいは公平な人事評価、昇進が求められてますがいまだにブラックボックス的です。今後国際化が進みグループ従業員の半分が外国人になっている現在、重要性を増していると思います。表情を毎日見られているかと思うと気持ち悪いので、他のやり方無いか掘り下げるよいと思います。採用面でも、コネとかでトラブルメーカーも採用してしまうこともあり非常に会社としてマイナスですが未然に防ぎたいです。(2018/04/18 09:28)

テーマ特集:「働く」を考える 労働力人口の減少、終身雇用文化の崩壊、多様な働き方の登場…。そんな時代の変化を味方に付け、むしろ「ヒト」という経営資源を戦略的に扱うことで競争優位を築く企業が現れ始めています。企業と個人にとって「働く」ということを改めて問い直していきます。

オススメ情報

「トレンド・ボックス」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

自分の会社でも人事採用関係は旧体質と思います。
スマートで的確な、あるいは公平な人事評価、昇進が求められてますがいまだにブラックボックス的です。今後国際化が進みグループ従業員の半分が外国人になっている現在、重要性を増していると思います。表情を毎日見られているかと思うと気持ち悪いので、他のやり方無いか掘り下げるよいと思います。採用面でも、コネとかでトラブルメーカーも採用してしまうこともあり非常に会社としてマイナスですが未然に防ぎたいです。(2018/04/18 09:28)

「動画面接用の動画をAIで最適化して応募する」人は、どの様に見分けるのでしょうかね。
最後は、直接会って面接するとは思いますが。
しかし入社後のパフォーマンスで判るので、それはそれとしていいのかもしれません。

私の時代にこのような面接選考があれば、到底就職できそうにありません。
とても厳しい状況で自身の子供を含め、今の子供たちがかわいそうです。
これでは社員は会社の業績を上げるためのツールと同じ扱いです。(2018/04/18 09:12)

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

今、当たり前と思っている社会の仕組みが、ずっと続くという保証はありません。

横倉 義武 日本医師会会長