• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

新NSXの車体はなぜ、マルチマテリアルなのか

「自動車の軽量化技術」がもたらすインパクトを専門記者が解説

2017年6月2日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

クルマの燃費を高めるためには、車体の軽量化をさらに進めるのが最も効果的だ。カギを握る新素材が、アルミニウム(Al)合金やCFRP(炭素繊維強化プラスチック)だ。自動車専門誌「日経Automotive」から最新事例を紹介する。

(写真=Jose A. Bernat Bacete/Getty Images)

 「何が最適か、ゼロから(検討を)始めた」。ホンダが昨年8月にフルモデルチェンジした新型スーパーカー「NSX」(2代目)の車体の設計に携わった本田技術研究所四輪R&Dセンター第9技術開発室第1ブロック研究員の松浦広和氏の言葉だ(図1)。

 同社は1990年、初代NSXを開発。総アルミニウム合金化を図った車体は業界から大きな注目を集めた。そこから一転、2代目ではアルミニウム合金主体のマルチマテリアルの車体に変更(図2)。しかも車体の基本構造も、初代で採用していた板材を主体に殻状の構造体を使うモノコック構造ではなく、柱や梁の役割を果たす管材で骨格を構成するスペースフレーム構造に変えた。

安全性と燃費を高次元で両立
●ホンダのスーパーカー「NSX」に使われた主な軽量化技術
図1ホンダのスーパーカー「NSX」
アルミニウム(Al)合金を主体としたスペースフレーム構造を採用。初代のモノコック構造を継承せずに、何が最適かをゼロから検討した
図22代目はスペースフレーム構造を採用
初代は主に板材を使って殻状の車体を造るモノコック構造を採用していたが、2代目で柱や梁の役割を果たす管材で骨格を構成するスペースフレーム構造に変更した。SMCは強化繊維入り樹脂シートのこと

 システム出力は初代の206キロワット(kW)から2代目は427kWへと2.1倍に拡大。車体寸法は初代が全長4430×全幅1810×全高1170mmだったのに対し、2代目は全長4490×全幅1940×全高1215mmに。ホイールベースも2530mmから2630mmへと100mmも伸びた。

コメント3件コメント/レビュー

新NSXは商業的には大失敗。
作り手が車社会の事を全く理解していない。
レースにでも出るので無ければこんな性能は無用の長物。
何故人はフェラーリやランボルギーニにうん千万円も払うのかを理解していない。
F40と言う名車があるが、最新のフェラーリと比較して何方が欲しいかと聞かれれば間違いなくF40に軍配が上がる。
理由は簡単。
「F40は恰好が良いから」がその理由。
ディーノやミウラが未だに人気なのも同じ理由。
NSXがデザインが不細工とまでは言わないが普通のデザインでしか無い。
幅を広くして全高を押さえたデザインにすれば普通の車と比較して恰好が良いものが出来るのは当たり前。
しかし、イタリア勢とホンダの違いは性能では無い。
家を売ってでも欲しいと思わせる狂気が無いのは全く駄目で勝負にならない。

こういう所を理解しない限りこういう車ビジネスは失敗に終わる。
ニッサンもGTRで苦労している。
ポルシェより速くて値段は半分以下なのに1/3程度しか売れないのは何故?(2017/06/03 01:15)

「トレンド・ボックス」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

新NSXは商業的には大失敗。
作り手が車社会の事を全く理解していない。
レースにでも出るので無ければこんな性能は無用の長物。
何故人はフェラーリやランボルギーニにうん千万円も払うのかを理解していない。
F40と言う名車があるが、最新のフェラーリと比較して何方が欲しいかと聞かれれば間違いなくF40に軍配が上がる。
理由は簡単。
「F40は恰好が良いから」がその理由。
ディーノやミウラが未だに人気なのも同じ理由。
NSXがデザインが不細工とまでは言わないが普通のデザインでしか無い。
幅を広くして全高を押さえたデザインにすれば普通の車と比較して恰好が良いものが出来るのは当たり前。
しかし、イタリア勢とホンダの違いは性能では無い。
家を売ってでも欲しいと思わせる狂気が無いのは全く駄目で勝負にならない。

こういう所を理解しない限りこういう車ビジネスは失敗に終わる。
ニッサンもGTRで苦労している。
ポルシェより速くて値段は半分以下なのに1/3程度しか売れないのは何故?(2017/06/03 01:15)

デザインがいまいちだな。トヨタに似たような、見たことあるような、一昔前の未来の車のような。もっと、美しさを表現できないのかな。(2017/06/02 13:05)

今のスポーツカー、一般人の扱える上限を遥かに越えてるからな〜。
これSUVでやって、例えばレクサスのRXを1500kg切る位の重量にして、そこに400馬力オーバーのエンジン乗せて、これで高速道路の追い越し車線でフェラーリとガチンコ勝負できます!ってしたら面白いと思うけど。
400じゃまだフェラーリにとどかないって?いやそっから上はドライバーの根性の世界じゃないですか。それにフェラーリの馬力になると、100キロオーバーでもベタ踏みしたらスピンする可能性があるから、恐る恐るしか踏めないし、そこに勝機が見出せる♪(2017/06/02 11:19)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長