• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

検便でがんやうつを発見、カギは腸内フローラ

新市場拓くメタジェン、森永乳業、サイキンソー

2016年6月13日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

検便するだけでがんやうつの発症リスクが未然に分かり、防げる時代が来るかもしれない。そのカギを握るのが、腸の壁一面にお花畑のように広がる細菌の生態系「腸内フローラ」。ゲノム解析が速く安くできるようになったことで、腸内フローラの未知の力が花開こうとしている。

便から分かる腸内細菌の研究が進む
●従来の解析手法と次世代シーケンサーによる解析の主な違い

 「あなたの便を調べたところ、半年前に比べて大腸がんのリスクが高まっていることが分かりました。今日からあなた専用にブレンドしたヨーグルトを食べてリスクを下げてください」──。近い将来、こんな未病の発見と治療が可能になる日が来るかもしれない。

 カギを握るのが、人の大腸の中で生きる細菌の生態系「腸内細菌叢」。腸の壁に百種類以上もの細菌がお花畑のように生息することから、「腸内フローラ」とも呼ばれる。構成する細菌の数は100兆個以上。どの種類がどのくらい生息しているかによって、その人の免疫力や脳の働きに影響を及ぼす。脳と腸は自律神経のパイプで直接つながっていて、腸内環境を整えるとうつなども改善できることが分かってきた。

 近年の研究で、具体的にどの細菌がどの疾患と結びついているかが解明されてきた。慶応義塾大学先端生命科学研究所の特任准教授で、腸内細菌に関連するベンチャー企業を2015年3月に立ち上げた福田真嗣氏は、「大腸がんだけではなく、乳がんや花粉症、リウマチ、うつといった様々な疾病と腸内細菌が関係していることを示す研究論文が、世界中で発表されている」と話す。

 腸内細菌と疾患の関連性を解き明かすことができれば、内視鏡やX線といった手間とコストのかかる検査手段を使う前に、検便だけで重大な疾病リスクが分かる。その疾病を未然に防いだり抑制したりする働きのある細菌を食品や薬として摂取すれば、健康状態を保てる可能性がある。

 日本でも、大学や研究機関、食品メーカー、ベンチャー企業がこぞって腸内フローラの研究に乗り出し、研究は一気に加速している。背景には、細菌の種類や特性を解明するのに不可欠なゲノム解析技術の飛躍的な進歩がある。

細菌の遺伝子を丸ごと解析

全ゲノム解析ができる 「次世代シーケンサー」。 写真は米イルミナ製(写真=皆木 優子)

 これまでは、人の便に含まれる百種類以上の細菌の中から1つだけを採取し、抽出したDNA(デオキシリボ核酸)を1種類ずつ解析装置にかけ、種類の特定や特性の解明をしていた。1回の解析で分かるのは1種類だけ。しかも、100兆個のうち80%以上は培養も難しく、解析自体が不可能とされてきた。

 この状況を一変させたのが、米イルミナなどが2000年代後半に開発した新型解析装置「次世代シーケンサー」だ。1種類だけを取り出したり培養したりしなくても、便に含まれるすべての細菌のDNAを一発で解析できる。

コメント0

「トレンド・ボックス」のバックナンバー

一覧

「検便でがんやうつを発見、カギは腸内フローラ」の著者

染原 睦美

染原 睦美(そめはら・むつみ)

日経ビジネス記者

日経パソコン、日経ウーマンオンラインを経て、2013年4月から日経ビジネス記者。IT担当などを経て、日用品・化粧品担当。趣味は洗濯、昼酒、ピクニック。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師