「絵を描こう」、そうすれば思考の枠が変わる

ビジネスパーソンがびっくりする訳

 若い頃にメンタルの不調に陥っていた私は「頭の中で流れている言葉」を「ひたすら手で書きなぐる」手法に取り組み、不調を乗り切った。

 関連記事:『心が不調の時、頭の中の言葉を手書きしよう

 「手で書くこと」の効果を語る専門家が出てきている。手で書くことは一種のセラピーであり、同時にシンプルな創造性の発揮手法でもある。

 関連記事:『『手を動かし、「書く瞑想」をしよう』

 今回は「手で描く」ことの可能性を探る。ホワイトシップの「EGAKUプログラム」は2004年からビジネスパーソン向けに開催されており、累計の参加者総数は約1万4000人になる。企業向けプログラムもあり、バイエル薬品や日立化成が組織変革の手法として採用済みだ。

 なぜ手で描くことがビジネスの現場で支持されているのか。ホワイトシップの長谷部貴美社長に聞いた。

絵を描く、それは人の自発的な行動

EGAKUプログラムを通じて、絵を描くビジネスパーソンが増えていると聞きました。絵を描くことでどのような効果が得られるのでしょうか。

長谷部:最初に念を押しておきたいことが一つあります。EGAKUプログラムは仕事の場での発想力アップや生産性の向上といったことだけを目指したものではありません。

 EGAKUプログラムは元々、アーティストの谷澤邦彦が子供でも学生でも、あるいは普段絵を描かない大人でも、自由に絵を描いてほしいという思いから考案したものです。

 谷澤は以前、美大で学生を指導していたのですが、美大生でも「絵を描くのが怖い」という人がいることに疑問を持っていました。

 絵は太古の昔から人間によって描かれていて、小さい子供は描けと言われなくても描いています。絵を描くことは人の自発的な行動の一つです。

 それなのに美大生でさえ描くことに恐怖心を持ってしまっている。子供でも年齢が上がると描けなくなったりします。大人については言うまでもないでしょう。

義務教育の後、一切絵を描いていない方は多いでしょうね。

長谷部:谷澤は誰にでも絵を描いてほしいと考え、EGAKUプログラムをつくったのです。美大での指導ノウハウが入っていますから美術を専門的に学んでいる方にも適用できる内容です。

 というわけでEGAKUプログラムの根本には、谷澤が昔から抱いていた「人はなぜ絵を描くのか」という問いがあります。人にとってのアートの意義や可能性を追求したい、という思いがあったのです。

EGAKUプログラムの様子。奥で説明しているのが考案者の谷澤邦彦氏。ホワイトシップのファウンダー&ディレクターでもある。

実際にはどういうことをするのですか。

長谷部:まず鑑賞です。受講者がグループになって谷澤の絵画作品を鑑賞します。そして作品を見て感じたことを言葉で表現し、発表してもらいます。

 互いの発表を聞いていると、自分の感じ方を自覚したり、他者との違いを認識したりすることになります。自分や他者と対話をしていくことで自分の在り方を見つめられます。

 自分が陥りがちな思考に気がついて、それにこだわらず自分の感性をもっと豊かにしていくことが可能になっていくのです。

バックナンバー

著者プロフィール

高下 義弘

高下 義弘

日経BP総研 協力ライター

1998年に日経BP社に記者として入社。日経コンピュータ、ITpro(現・日経 xTECH)で経営改革と情報システム、プロジェクトマネジメント、人材開発分野 を追う。2010年からフリーランス。

閉じる

いいねして最新記事をチェック

アクセスランキング

記事のレビュー・コメント

レビューレビューを投票する

とても参考になった
 

81%

まあ参考になった
 

9%

参考にならなかった
 

9%

ぜひ読むべき
 

72%

読んだほうがよい
 

18%

どちらでもよい
 

9%

いただいたコメントコメント0件

コメントを書く