• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

酒を断つには、人間関係もリセットするしかない

飲むべきか、飲まざるべきか、それが問題(2)

2018年6月19日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

お酒を飲む人にとって他人事ではないけれども実態はよくわからない「アルコール依存症」。いったん依存症になると、断酒するのはとても難しいと言われています。「元アル中」コラムニストで『上を向いてアルコール』の著者・小田嶋隆さんは、どうやって依存症から抜け出せたのか。酒ジャーナリストで『酒好き医師が教える最高の飲み方』の著者・葉石かおりさん、同書の監修者である肝臓専門医の浅部伸一さんと語り合います。

飲酒をコントロールできないことが問題

葉石かおり(以下、葉石):アルコール依存症かどうか判定するには、飲酒習慣のスクリーニングテストを受けます。こちらはWHO(世界保健機関)のスクリーニングテスト「AUDIT」の質問項目です。こうした質問の答えを点数化するんです。

厚生労働省のe-ヘルスネットより作成。酒量は「日本酒1合=2.2ドリンク」「ビール大瓶1本=2.5ドリンク」「ウイスキー水割りダブル1杯=2ドリンク」などと換算する。

小田嶋隆(以下、小田嶋):スクリーニングテストっていくつかありますよね。私は久里浜式アルコール症スクリーニングテスト(※現在は新久里浜式アルコール症スクリーニングテスト)というテストで、すごい高ポイントをたたき出したことがありますよ。自慢できることじゃないですけどね(笑)。

この質問を見ると、アルコール依存症は、頻度や酒量だけが判断基準になっているわけではないということがわかります。

小田嶋隆(おだじま・たかし)
1956年生まれ。東京・赤羽出身。早稲田大学卒業後、食品メーカーに入社。1年ほどで退社後、小学校事務員見習い、ラジオ局ADなどを経てテクニカルライターとなり、現在はひきこもり系コラムニストとして活躍中。(写真:鈴木愛子、以下同)

葉石:普通は、毎日飲むとか、毎回ボトル1本あけるとか、そういうことがアルコール依存症の判断基準になると思いがちですよね。

小田嶋:そうではなく、その人が飲める最高量を1カ月のうちどれだけ飲んでいるか、お酒を飲むことで問題行動を起こしているか、ということがポイントになっているんです。

浅部伸一(以下、浅部):飲酒をコントロールできているかどうか、ということが重視されていますよね。「飲酒のために前夜の出来事を思い出せないことがどれくらいあるか」「飲酒であなた自身や他の誰かがけがをしたことがあるか」といった質問は、許容量を超えて飲んでしまうことがあるかを確認しているのだと思います。

小田嶋:私はかつて依存症だったので、ちょっとわからないんですけど、日本酒だったら1合が適量とかいうアドバイスってありますよね。でもすでに1合飲んでいる人間に、それ以上飲むことをやめさせるのは不可能じゃないですか?

葉石:あの、本に書いておいてなんですが、私もそう思います(笑)。1合飲んだら、続けて2合、3合と飲んで、もうゴールデンコースですよね。

小田嶋:無敵ですよ。ビールなんていくら飲んでも物足りないから、延々と飲んでいるうちに、気づいたらぶっ倒れている。アルコール依存者に適量という概念はないんです。だから、こういうアドバイスって、依存者には役に立たないなと思うんですよね。

コメント6件コメント/レビュー

先のコメント中の「今宵すべてのバーで」は『今夜、すべてのバーで』ですよね。
・・・らもさんファンより。(2018/06/21 06:29)

オススメ情報

「トレンド・ボックス」のバックナンバー

一覧

「酒を断つには、人間関係もリセットするしかない」の著者

崎谷 実穂

崎谷 実穂(さきや・みほ)

ライター/編集者

北海道札幌市生まれ。人材ベンチャーでコピーライティングを経験後、広告制作会社で新聞広告を担当、100名近くの著名人などに取材。2012年に独立。ビジネス系の記事、書籍のライティング・編集を中心に活動。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

先のコメント中の「今宵すべてのバーで」は『今夜、すべてのバーで』ですよね。
・・・らもさんファンより。(2018/06/21 06:29)

アル中文化人ライターと言えばこの人、中島らも。氏を抜きにアル中論は語れないかと。何というか、らも氏は天然のお笑いセンスがあるる為にその執筆作品がことごとく面白い上、インテリで博学な面もあるのでテレビでは聞いて唸る様な知識を、独特の間とすっとぼけたトークに乗せて放つ偉才の人だった。付け加えると、テレビ収録中にポケットからウィスキーの小瓶を取り出してグビっと飲むというほどの正真正銘のアル中タレントだった。死ぬまで現役のアル中であり、禁酒など一度もしなかったのが潔い。生き方同様死に様もロックだったな。氏の名著「今宵すべてのバーで」は実体験に基づいたアル中の心理が全て面白おかしくも虚しく描かれています。このコラムを読み、さらにはコメントまで読むような方には必読書です。(2018/06/20 13:46)

最近、アルコール依存症向けとしか思えない、「高アル」ビールが人気だそうですね。
「安く早く酔える」が人気の理由だそうですが・・・。(2018/06/20 11:56)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

顧客の資産を生かして一緒に価値を作り上げる必要性が出てきました。

山田 義仁 オムロン社長兼CEO(最高経営責任者)