• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

豊田章男社長にル・マンで聞いた話

「日本でもこういう場を作っていきたい」

2017年7月6日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント7件コメント/レビュー

いい記事でした。最近読んだNBOの記事の中でも最も感動した記事のひとつでした。
感じたのは、豊田章男社長のもとで働くトヨタの社員さんは幸せだなということ。
社長はクルマバカです。「クルマ屋がクルマバカで何が悪い」とがっちゃん(湾岸ミッドナイト)も言っていましたが、世界の主要自動車メーカーのトップに章男社長ほどの車好はいないんじゃないでしょうか。だって1000万台生産する超大企業のトップが危険なレースに出場しちゃうんですよ。本田宗一郎さん以外、昔の日本なら考えられなかった。
昔はトヨタが嫌いでした、というか興味がなかった。しかし、最近のトヨタは(デザインはさておき)かなりがんばっていて、ちょっと誇りに思えるほどです。それも豊田章男社長の熱い思いのせいなのかもしれません。
やっぱり敵(ドイツの自動車メーカー、ポルシェ、ドイツ人)はすごかった。歴史と経験、知見、人材、文化、フィジカル全てが日本を凌駕している感じです。こうした耐久もF1もそうですが、欧州の大富豪の「道楽」はハンパじゃありませんね。そこに割り込もうというんですから日本メーカーも大変です。その洗礼を浴びているのがトヨタでありF1のホンダなんですね。。
でも、昨年、今年と地獄を見たトヨタチームは確実に何かを掴み成長していると思います。
レースの世界は、誰が一番速いのかという単純な世界ですが、単純の裏にはそれこそ膨大で複雑なノウハウが詰まっています。だからこそ、日本国民の皆さまにも理解を深めていただき、自動車レースを、ラリーやモトも含めて興味を持っていただき、“文化”にまで高めていっていただきたいと思います。(2017/07/07 12:21)

「トレンド・ボックス」のバックナンバー

一覧

「豊田章男社長にル・マンで聞いた話」の著者

藤野 太一

藤野 太一(ふじの・たいち)

フリーランスエディター/ライター

大学卒業後、自動車誌カーセンサー、カーセンサーエッジの編集デスクを経てフリーの編集者兼ライターに。日経ビジネスオンラインでは、連載開始時より2017年まで「走りながら考える」のアドバイザーを務めていた。自動車関連の分野をはじめとしビジネスマンを取材する機会も多く日経トップリーダー、日経デジタルマーケティングなどにも寄稿する。JMS(日本モータースポーツ記者会)所属

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

いい記事でした。最近読んだNBOの記事の中でも最も感動した記事のひとつでした。
感じたのは、豊田章男社長のもとで働くトヨタの社員さんは幸せだなということ。
社長はクルマバカです。「クルマ屋がクルマバカで何が悪い」とがっちゃん(湾岸ミッドナイト)も言っていましたが、世界の主要自動車メーカーのトップに章男社長ほどの車好はいないんじゃないでしょうか。だって1000万台生産する超大企業のトップが危険なレースに出場しちゃうんですよ。本田宗一郎さん以外、昔の日本なら考えられなかった。
昔はトヨタが嫌いでした、というか興味がなかった。しかし、最近のトヨタは(デザインはさておき)かなりがんばっていて、ちょっと誇りに思えるほどです。それも豊田章男社長の熱い思いのせいなのかもしれません。
やっぱり敵(ドイツの自動車メーカー、ポルシェ、ドイツ人)はすごかった。歴史と経験、知見、人材、文化、フィジカル全てが日本を凌駕している感じです。こうした耐久もF1もそうですが、欧州の大富豪の「道楽」はハンパじゃありませんね。そこに割り込もうというんですから日本メーカーも大変です。その洗礼を浴びているのがトヨタでありF1のホンダなんですね。。
でも、昨年、今年と地獄を見たトヨタチームは確実に何かを掴み成長していると思います。
レースの世界は、誰が一番速いのかという単純な世界ですが、単純の裏にはそれこそ膨大で複雑なノウハウが詰まっています。だからこそ、日本国民の皆さまにも理解を深めていただき、自動車レースを、ラリーやモトも含めて興味を持っていただき、“文化”にまで高めていっていただきたいと思います。(2017/07/07 12:21)

素晴らしい情熱だと思います。
これは創業家のオーナー一族だからこそできること。
今のホンダのような、大企業のサラリーマンの寄せ集めでモータースポーツは闘えないのです。
章男社長が第一線におられる間はブレることなく、この魂を貫いていただきたいです。
応援しています。(2017/07/06 23:22)

若手を育てる為に実戦の舞台へ送り込む会社の姿勢を感じました。
若手のスキルアップと、より良い市販車への技術のフィードバックのためにも、来年もではなく5年後も10年後も長くWECを続けて欲しいと思います。(2017/07/06 14:37)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長