• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

牧場の牛からトイレの空き状況まで無線で管理

低コストで遠くまで届くLPWA(無線通信技術)

  • 松浦 龍夫

バックナンバー

2017年7月5日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

低コストで省電力、遠距離まで通信できる無線技術「LPWA」が登場。IoTのアイデアを具現化できるとして、多くの企業が開発競争を始めている。牧場での乳牛管理からトイレの空き状況把握まで、サービスは百花繚乱だ。

 「群れに入れずに孤立している雌牛は、乳の出が悪い」。ITベンチャーのソラコム(東京都港区)の玉川憲社長はこう語る。「センサーを使って乳牛1頭ずつの移動データを分析すると傾向は明らかだ」

簡単で安くて長持ち、長距離通信も
●IoTにLPWAを使う4つのメリット

 北海道・帯広市近郊のある牧場では、IoT(モノのインターネット)をもじった「Internet of Animals」という取り組みが始まっている。全ての乳牛の首筋にベルト型のセンサーを装着。現在地や体温、1日の運動量などをリアルタイムで計測する。

 センサーで収集したデータは、牧場内に設置した基地局に無線で送信。クラウド上で解析すれば、乳牛が運動しているのか、休憩しているのかといった状態が把握できる。臨床データと組み合わせると、発情期や病気の兆候も分かる。1頭ずつ獣医が診察する手間が省けるという。

 農業ITベンチャーのファームノート(北海道帯広市)はソラコムのシステムを使い、データの蓄積と分析サービスを酪農・畜産農家に提供する。牧場内の問題を早期に発見し、牛乳の生産性改善につなげる考えだ。

 この取り組みの核となるのが、「LPWA(Low Power Wide Area)」と呼ばれる通信技術だ。インターネットに接続する基地局と、センサーや通信機器などの端末を無線でつなぐための規格で、IoTを実現する切り札として世界中で急速に普及している。

 国内では2017年が「LPWA元年」といわれている。ソラコムや京セラコミュニケーションシステム(KCCS)が、2月に商用サービスを開始した。NTTドコモやKDDIなどの携帯電話会社に加え、大手ITベンダーも相次いで実証実験に乗り出している。厳密にはLoRaWAN(ローラワン)やSIGFOX(シグフォックス)など複数の方式があるが、長距離と低消費電力を特徴とする無線通信技術の総称として、LPWAと呼ばれている。

 LPWAの通信速度は100ビット/秒~数十キロビット/秒。一般の携帯電話回線と比較するとかなり遅い。

 それでも各社がこぞってサービス提供や実証実験に取り組むのは、LPWAが既存の無線通信になかった特徴を持っているからだ。IoTでは大量のデータを常に送受信する必要はない。むしろコストの安さや省電力、遠距離通信といったLPWAの強みが生かされる分野だ。4つの特徴を順に見ていこう。

状態を知りたいものなら何でも対象になる
●LPWAの用途例

コメント2

「トレンド・ボックス」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

実は事業継承の覚悟って、そんな大それたものではないんですよ。

高田 明 ジャパネットたかた 創業者