• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

バフェットの右腕、天才投資家マンガーの真実

知られざる“バフェットの左脳”

2017年9月26日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 バークシャー・ハザウェイという社名を聞けば誰もが、あの世界的な大富豪ウォーレン・バフェットを思い浮かべるだろう。そのバフェットのよき相棒、ときには指南役として同社の繁栄に尽力してきたナンバーツーの存在をご存じだろうか。その人物こそ、御年93歳にして現役バリバリの天才投資家チャーリー・マンガーである。

バークシャー・ハザウェイ会長兼CEOのウォーレン・バフェット(右)と、副会長のチャーリー・マンガー(左)。(写真:AP/アフロ)

 チャーリー・マンガーは、副会長としてバークシャー・ハザウェイの経営に携わってきた不動のナンバーツーです。一般的には“バフェットの右腕”と呼ばれることが多いのですが、このたび日本語版が発行された『マンガーの投資術』を読むと、マンガーの存在は“バフェットの右腕+左脳”とでも呼びたくなるほど重要な存在であることがわかります。

 これまではバフェットのものとして伝わっていた考えの多くが、実は同時にマンガーのものでもあり、むしろ7歳年上のマンガーがバフェットに多くの感化を与えていたのではないかと思われる節があります。

バフェットはマンガーのおかげで進化した

 ウォーレン・バフェットは、チャーリー・マンガーに対する最大の感謝として、こう述べています。

 「チャーリーは、ベンジャミン・グレアム(米国の経済学者・投資家、1894~1976年)から教わったままに割安だから買うという単純な戦術にとらわれていた私が新たな一歩を踏み出すのを後押ししてくれた。これこそ、彼が私に与えてくれた真の影響である。グレアムの考え方の限界を超えるためには、チャーリー・マンガーの思考の力が必要だった」

コメント0

「トレンド・ボックス」のバックナンバー

一覧

「バフェットの右腕、天才投資家マンガーの真実」の著者

山崎 元

山崎 元(やまざき・はじめ)

経済評論家

楽天証券経済研究所客員研究員、国家公務員共済組合連合会資産運用委員会委員、株式会社マイベンチマーク代表。1981年東京大学経済学部卒業、三菱商事に入社。その後、外資系金融機関などを経て現職。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

富士山を目標にする人はいつか富士山には登れるでしょうが、エベレストには登れない。

澤田 秀雄 エイチ・アイ・エス会長兼社長、ハウステンボス社長