• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「勝利」と「人材育成」、トヨタが挑む二律背反

なぜトヨタは世界耐久選手権(WEC)を戦うのか(後編)

  • 藤野 太一

バックナンバー

2016年10月8日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 来週末、10月14日(金)~16日(日)に富士スピードウェイで世界耐久選手権(WEC、ウェック)第7戦「富士6時間耐久レース」が開催される。トヨタはこの6月に、第3戦「ル・マン24時間」で、念願だった初勝利をほとんど手中にしながら、残り約3分でリタイヤとなった。

 ル・マン24時間、そして来年から開始する世界ラリー選手権(WRC)などのモータースポーツへ、資金も人材もつぎ込むことは、トヨタという企業にとって、どういう意味があるのだろうか。前編に続き、WECのレースマシン開発を司るレーシングハイブリッド・プロジェクトリーダーの村田久武氏に話を聞いた。

(聞き手は藤野太一、編集Y)

(前編はこちら→「ル・マン敗北、豊田章男社長の言葉の意味」)

編集Y:すみません、素朴な疑問なのですが、トヨタは2014年にはWECのドライバーとマニュファクチャラーのダブルタイトルを取っていますよね。それでもやはり、ル・マンは勝たなきゃいけないものなんですか? 極論すれば、「シリーズタイトルよりもル・マンのほうが価値がある」ということでしょうか。

トヨタ自動車モータースポーツユニット開発部 村田久武部長(右)と、モータースポーツマーケティング部 北澤重久TGR推進室長(左) (撮影:大槻純一、インタビュー写真はすべて以下同)

村田:うーん、レースって色々な形がありまして、WECは基本が6時間のレースなんです。1時間のレースであれば、実力がなくても“まぐれ”で勝つこともある。でも、6時間になるだけで相当難易度が上がります。ドライバーもマシンもサポートも「予期せぬトラブル」に振り回される。そして24時間はその4倍ですから。

 とにかく色んなことが起こって、それを切り抜けて、切り抜けて、切り抜けて、ゴールに持ち込むのがル・マンなんです。23時間57分の時点でトップを走っていたって勝てない。本当に強いチーム、強いドライバー、すべてが揃わないと勝てない。

編集Y:なるほど。でも、3分前までトップだったのに勝てないというのは…もはや「勝者」と変わらないのではと思うのですが。それなのに、そこまでの努力が無に帰すのは、なんとも残酷な気がしますね。

ポルシェのパーティでかけられた言葉

村田:僕がル・マンに携わるようになったのは、入社してすぐ、1987年くらいのことでした。現地で過去に優勝したクルマが並んでいるポスターを買ったことがあるんです。それを眺めていると、イタリアの田舎の小さなメーカーが、ル・マンで勝って、勝って、結果を残して、リスペクトされて一流の会社になっていったということがわかる。それがフェラーリですよ。

 今年のレース後に、優勝したポルシェのパーティに招待されまして、会場に足を運んだら、みんながスタンディングオベーションで迎えてくれた。ポルシェのチーム代表が「今年はトヨタのレースだった。だけど俺たちは次も負けないからな」と、そう言ってくれた。いい勝負したよなって、心の底から思ってくれたんだと、僕はそのとき感じたんです。

 だから、やっぱりル・マンで勝って、1回だけじゃなくて何度も勝って、それでいつか本当にリスペクトされる。実は今年、初めてそう感じたんです。

トヨタはこれまで何度もル・マンに参戦しているし、2位にだって5度もなっている。何よりも世界最大の自動車メーカーです。それでも、一流ではないと?

写真提供:トヨタ自動車(レース写真は以下同)

コメント5

「トレンド・ボックス」のバックナンバー

一覧

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

リストラなどつらい経験もありましたが、多くの山に登ったことで、別の景色が見えやすくなりました。

吉田 秀俊 VAIO社長