• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

顔が“鍵”になる「顔認証」技術で何が変わる?

マンションに導入、コンビニで実験、テロ対策にも

2017年12月11日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

瞳と瞳の間隔やほくろの場所など、一人ひとり違う「顔」の特徴を使って本人を特定する。新型iPhoneにログインするための「鍵」として使われ、コンビニやマンションにも普及が進む。移動中の群衆など、厳しい環境でも顔を識別できれば、テロ対策などにも応用できる。

(日経ビジネス2017年10月2日号より転載)

(写真=AP/アフロ)
iPhone X
米アップルが9月13日に発表した新型モデル。画面に顔を向ければ端末のロックを解除できる

 米アップルは9月13日、iPhone発売10周年の記念モデル「X(テン)」を発表した。最大の特徴は「顔認証」技術を搭載したこと。ログインする際に、パスワードを入力したり指紋を読み込ませる手間はもういらない。端末上部のカメラに顔を向けるだけで、ロックが解除できるようになる。アップルによると、iPhoneXは暗闇でも確実に本人を識別し、誤認する確率は「100万回に1回」程度だという。

 顔認証とは、一人ひとり違う顔の特徴を基に、本人か否かを判定する技術のこと。かつては一部の政府機関や研究所などに利用が限られていたが、今年に入 り、様々な場面で使用され始めている。

 セブン-イレブン・ジャパンは9月から、同社のコンビニエンスストア店舗で顔認証の実証実験を開始した。今後は賃貸不動産や出入国管理など、本人確認が必要な分野で顔が「鍵」の役割を果たす機会が増えそうだ。

 市場の急拡大を受けてIT各社が開発競争を繰り広げているが、その先頭を走っているのがNECだ。各国の捜査機関に導入されているほか、米国国立標準技術研究所(NIST)による評価テストでは2009年の参加以来、毎回トップ評価を獲得している。NECの方式を基に、顔認証の仕組みを解説しよう。

「特徴点」が精度を左右

 最初のステップは顔の「検出」だ。カメラで写真を撮影し、その中から人間の顔だけを高速で検出する。

 続いて、検出した顔写真の「特徴点」を把握する。瞳と瞳の間の距離や小鼻の幅、顔の凹凸とほくろの位置など、それぞれの人を特徴付ける点のことだ。目を中心に口や鼻など複数の部位の位置情報を組み合わせて、顔のパターンを精密に数値化していく。

 NECデータサイエンス研究所の今岡仁主席研究員は「経年変化しない特徴を見つけられるかどうかが、顔認証の精度を大きく左右する」と指摘する。顔の大きさや毛髪量は体形や年齢に応じて変化するが、瞳と瞳の間隔はほぼ変わらない。

 最後は「照合」だ。撮影した写真とデータベースに保存された写真を特徴点を基に比較し、人物を特定する。NECは1989年から顔認証技術の研究を始め、個人を識別するノウハウを蓄積してきた。近年ではディープラーニング(深層学習)技術を導入し、顔の向きや照明の明るさが異なっていても、高精度で人物を特定できるようになった。静止画を使った場合、認証精度はほぼ100%に高まったという。

 顔認証の特徴は精度の高さだけではない。指紋認証と異なり、両手に荷物を持っていたとしても顔をカメラに向けるだけで認証できる。免許証やパスポートなど、顔写真のデータベースが豊富に存在するのも利点だ。物理的な鍵や暗証番号は紛失やなりすましのリスクがあるが、顔ならそんな心配とは無縁だ。こうした背景から、様々な業界で普及が急加速している。

顔認証の仕組み
●3つのステップで認証していく
撮影した画像の中で、人間の顔とそれ以外を識 別した後、顔のみを抽出
瞳と瞳の間の長さや小鼻の幅など、その人物に 固有で、経年変化しない特徴を見つけ出す
画像中の人物の顔とデータベース中の顔とを照 合し、本人かを識別する

コメント3件コメント/レビュー

たとえ他人受容率が10億分の1であっても本人拒否対策用のパスワードに頼っていればセキュリティはパスワードだけの認証より低い。生体認証とはそういうものです。(2017/12/15 17:26)

オススメ情報

「トレンド・ボックス」のバックナンバー

一覧

「顔が“鍵”になる「顔認証」技術で何が変わる?」の著者

白井 咲貴

白井 咲貴(しらい・さき)

日経ビジネス記者

2017年3月大学卒業、大学では国際政治学を専攻。同年4月、日経BP社に入社。日経ビジネス編集部に配属され、旅行・レジャー・ホテル業界、家具・雑貨専門店を担当している。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

たとえ他人受容率が10億分の1であっても本人拒否対策用のパスワードに頼っていればセキュリティはパスワードだけの認証より低い。生体認証とはそういうものです。(2017/12/15 17:26)

どんなに高い精度の生体認証でも、予備(救済)パスワードに頼る限り単独のパスワードよりセキュリティは低い。ご存知でしたか?(2017/12/11 16:07)

顔認証や指紋認証など生体認証が次第に広まっています。しかし、これらの生体認証はやぷられたらどうするのですか?
例えばパスワードを盗み取られたら、バスワードは変えることができます。何らかの方法で顔を複製して、それで顔認証を欺くことができたならばどうするのでしょう。パスワードは盗み取らなければなりませんが、顔は公開されています。実際、監視カメラの画像から個人を特定するという使い方についても記事で触れられています。すると、監視カメラの映像から、顔認証システムをパスする顔の特徴をつかむことができるということではないですか?
どういう風になるのでしょうか。顔や指紋も定期的に変更しなければならないことになるのでしょうかwww(2017/12/11 12:15)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

顧客の資産を生かして一緒に価値を作り上げる必要性が出てきました。

山田 義仁 オムロン社長兼CEO(最高経営責任者)