• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「五輪休戦」で金正恩の窮地を救う文在寅

「南北合作劇」に虚を突かれたトランプ

2018年1月8日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント70件コメント/レビュー

このごろの鈴置さんの挑戦半島レポートは、アナウンサーの質問に解説員がたんたんと回答する某局のニュース解説のように思えます。鈴置さはこのシリーズに疲れてしまったのでしょうか。
もっとも、平昌五輪に見る文在虎の親北路線についてもはやあれやこれや多面的な分析もないでしょうし、いわゆる従軍慰安婦問題の国家間合意についての韓国政府の声明には突き放すしかないわけですので、鈴置さんの独自の情報整理を必要としない。米国がどう出るかなどの予測を鈴置さんに求めるのも酷ということです。半島を巡る状況はシリーズ開始以来最も緊迫してので、鈴置さんも我々読者も事態を見守るしかないということでしょうか。。。(2018/01/15 12:56)

オススメ情報

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「「五輪休戦」で金正恩の窮地を救う文在寅」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

韓国観察者

元日本経済新聞記者。1995~96年ハーバード大学日米関係プログラム研究員、2006年イースト・ウエスト・センター(ハワイ)ジェファーソン・プログラム・フェロー。02年度ボーン・上田記念国際記者賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

このごろの鈴置さんの挑戦半島レポートは、アナウンサーの質問に解説員がたんたんと回答する某局のニュース解説のように思えます。鈴置さはこのシリーズに疲れてしまったのでしょうか。
もっとも、平昌五輪に見る文在虎の親北路線についてもはやあれやこれや多面的な分析もないでしょうし、いわゆる従軍慰安婦問題の国家間合意についての韓国政府の声明には突き放すしかないわけですので、鈴置さんの独自の情報整理を必要としない。米国がどう出るかなどの予測を鈴置さんに求めるのも酷ということです。半島を巡る状況はシリーズ開始以来最も緊迫してので、鈴置さんも我々読者も事態を見守るしかないということでしょうか。。。(2018/01/15 12:56)

> 五輪と政治は切り離すべき。

本気で言っているのか?
政治と切り離された五輪なんて、過去にも一度もないのではないかと思うが。
なんせ、スポンサーは国だからね。

何で各国が五輪招致に必死になるのか、考えたこともないお花畑思想ですね。(2018/01/15 10:01)

>>米、核攻撃の基準緩和=新型巡航ミサイル開発も-中長期戦略草案・米メディア報道
 本記事は、「米国や同盟国の領土、インフラ等に攻撃を受けた場合、それが非核攻撃であったとしても、米国は核攻撃のオプションを選択できるようすることを検討している」という内容です。
 以前から鈴置氏が言っているように、「米国は北朝鮮を攻撃する場合に核を使うことを選択に入れた」ということです。(2018/01/14 14:47)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

国内で人材が集まらないような環境であれば、外国人労働者にとっても魅力的ではなく、中長期的な定着など望むべくもない。

石橋 未来 大和総研政策調査部研究員