• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

読者の皆様からのフィードバック

早読み 深読み 朝鮮半島 「五輪休戦」で金正恩の窮地を救う文在寅

レビュー

とても参考になった
 

95%

まあ参考になった
 

2%

参考にならなかった
 

2%

ぜひ読むべき
 

94%

読んだほうがよい
 

3%

どちらでもよい
 

2%

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。

> 五輪と政治は切り離すべき。

本気で言っているのか?
政治と切り離された五輪なんて、過去にも一度もないのではないかと思うが。
なんせ、スポンサーは国だからね。

何で各国が五輪招致に必死になるのか、考えたこともないお花畑思想ですね。(2018/01/15 10:01)

>>米、核攻撃の基準緩和=新型巡航ミサイル開発も-中長期戦略草案・米メディア報道
 本記事は、「米国や同盟国の領土、インフラ等に攻撃を受けた場合、それが非核攻撃であったとしても、米国は核攻撃のオプションを選択できるようすることを検討している」という内容です。
 以前から鈴置氏が言っているように、「米国は北朝鮮を攻撃する場合に核を使うことを選択に入れた」ということです。(2018/01/14 14:47)

鈴置さん的な解釈なら、恐らく行われるだろう米朝会談こそアメリカの思う壺で、絶対に飲めない条件を突きつけて攻撃のトリガーとするのでは?
例えば五輪期間までの核放棄と査察の受け入れとか。それを拒否したらアメリカの五輪不参加と代替大会の開催を宣言して同盟国にその大会の参加を呼びかけて、北朝鮮を攻撃するとか。いかにもトランプ流だし。実際、トランプは何のチカラもないが、権威だけあるIOCとか嫌いそうだし。ひょっとしたら北朝鮮などどうでもよくて、オリンピックを潰す事の方がアメリカの本心かもしれないね。(2018/01/12 01:17)

トランプ大統領の今回の対話へのコメントを聞くと、対話出来るようになったのは自分の手柄、今後は対話の結果を見守るというものです。
中国を北朝鮮問題にあたらせようとした時も、習近平は上手くやるだろう、失敗すると韓国と日本が核武装するぞ、中国が誠意をもってやらないから上手く行かない、と人任せでした。
以上の経緯から、トランプ大統領は自分で手を下すのが嫌いで極力他人にやらせたいのでしょう。
北韓対話での非核化は絶対に無理なので、いずれ米朝対立が再燃しますが、よほどのことが無い限りトランプ大統領は自ら手を下さず事態の先延ばしを図ると予想します。
具体的には、韓国は既に米国と歩調を合わせる気がない事が明確だから放置、日本には重武装化を勧めて武器を売る事で米国内での手柄アピールに使うのではないでしょうか。
ビジネスマン大統領の論理としては合理的だと思うのですが。
TPP離脱やASEAN対応を見ても、アジアでの商売には興味があっても安保と覇権には興味無さそうですし。(2018/01/11 20:37)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

生産性が悪いというのは、集中してやる、時間内に仕事を終えるという気持ちが足りないんです。

岡藤 正広 伊藤忠商事社長