• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「第2次朝鮮戦争」から目をそらす韓国人

「狂犬」のお達しも空振りに

2017年2月10日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

2月3日、マティス米国防長官と韓民求国防部長官が会談した国防部前ではTHAAD配備反対集会が(写真:YONHAP NEWS/アフロ)

前回から読む)

 米国が「北朝鮮の核武装」阻止に動く。だが、韓国の腰は定まらない。

マティスに反旗の左派系紙

鈴置:「狂犬」(Mad Dog)のあだ名を持つマティス(James Mattis)米国防長官が2月上旬、韓国と日本を訪問しました。

韓国紙はマティス訪韓をどう評したのですか?

鈴置:在韓米軍へのTHAAD(=サード、地上配備型ミサイル防衛システム)配備に焦点を当てました。韓国がそれを受け入れるかが米韓同盟の試金石となっているからです(「『北の核』潰しの覚悟を日韓に質したマティス」参照)。

 メディアにより、意見は割れました。左派系紙のハンギョレはTHAAD配備の危うさを指摘しました。社説「新ミサイル体制のために訪韓したような米国防長官」(2月3日、日本語版)で以下のように主張しました。

  • マティス長官は24時間ほどの短い訪韓中にTHAADの配備を押し切ると何度も表明した。訪韓の最大の目的が「THAAD配備固め」のようにすら感じられる。
  • このような動きは中国やロシアを刺激して朝鮮半島と北東アジアの安保情勢を悪化させ、核問題解決策の議論の障害物になりかねない。
  • マティス長官の今回の歴訪は北朝鮮だけでなく中国にも警告メッセージを送る意味がある。トランプ大統領が公言してきた対中国圧迫を本格化させるのに先立って、韓米日の協力体制を固めようとしているのだ。
  • 我が国は今後韓米日の軍事安保協力強化の求めによって具体化していくこのような動きに対して、バランス感覚を持って対処する必要がある。

 ハンギョレは「日米韓」の軍事協力強化に反対してきました。北朝鮮との融和も唱えています。こうした書きっぷりになるのも当然です。

「ずるい」中央日報

 配備には賛成するけれど、さりげなく留保条件も付ける「ずるい」社説を書いたのが中央日報です。「THAAD配備と拡大抑止の強化に漏れがあってはならぬ」(2月3日、韓国語版)です。

 見出しだけ見ると、親中色が強くTHAAD配備に慎重だった中央日報が「狂犬」の訪韓を受け、宗旨替えしたかと思います。

 本文中でも「THAADは北朝鮮の核・ミサイルから国民と財産、米軍の兵力の保護と生存に必須の防御兵器だ」と主張しました。でも、それに続いてこんなくだりがあるのです。

  • 配備に反対する国民をもう一度説得し、中国とロシアにも誠意を持って説明することを政府に望む。

 韓国民はともかく、中国とロシアは韓国政府がいくら説得しても応じるはずがありません。米国に対しては「私は配備に賛成しました」とゴマをすり、中ロには「御意向を尊重するよう政府に要求しました」と弁解する、子供だましの筆法です。

コメント87件コメント/レビュー

「言いっ放しなのに、反省も撤回も訂正もしないことです。メディアがこれを行わずに言いっ放しとなると、それに煽られる読者が出てきて、世論には大きな影響は無いとは思いますが、それでも在特会のような極端な考え方を助長する可能性は排除できません。言論機関は中立であるべきです。」
既に多くの指摘がありますが、この言葉はそのまま韓国マスコミに当てはまりますね。散々右や左に大衆を扇動していながら、前言を簡単に翻し、しれっと嘘をつく韓国マスコミ。そして、歴史も学ばずに慰安婦像を支持する極端な考え方を助長している。本当に笑っちゃいますよ。自分の都合の良いことばかりを書いたものが歴史ではなく、都合の悪いことが多いのが自国の歴史として学んでよ。大学進学率80%を超える人たちなんだから。韓国人は日本人に慰安婦の歴史を学べといいますが、日本人は韓国人に韓国史を学べといいます。慰安婦問題は十分に反省し、未来につなげています。韓国史はほとんど学ばれることがなく、まったく未来に繋がっていません。日本は未来に生きます。韓国はこの先1000年過去に生きるのでしょうね。すると、もはや、話はできない国となります。残念。(2017/02/20 15:07)

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「「第2次朝鮮戦争」から目をそらす韓国人」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

日本経済新聞社編集委員

1977年、日本経済新聞社に入社。ソウル特派員(87~92年)、香港特派員(99~2003年と06~08年)などを経て、04年から05年まで経済解説部長。02年度ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「言いっ放しなのに、反省も撤回も訂正もしないことです。メディアがこれを行わずに言いっ放しとなると、それに煽られる読者が出てきて、世論には大きな影響は無いとは思いますが、それでも在特会のような極端な考え方を助長する可能性は排除できません。言論機関は中立であるべきです。」
既に多くの指摘がありますが、この言葉はそのまま韓国マスコミに当てはまりますね。散々右や左に大衆を扇動していながら、前言を簡単に翻し、しれっと嘘をつく韓国マスコミ。そして、歴史も学ばずに慰安婦像を支持する極端な考え方を助長している。本当に笑っちゃいますよ。自分の都合の良いことばかりを書いたものが歴史ではなく、都合の悪いことが多いのが自国の歴史として学んでよ。大学進学率80%を超える人たちなんだから。韓国人は日本人に慰安婦の歴史を学べといいますが、日本人は韓国人に韓国史を学べといいます。慰安婦問題は十分に反省し、未来につなげています。韓国史はほとんど学ばれることがなく、まったく未来に繋がっていません。日本は未来に生きます。韓国はこの先1000年過去に生きるのでしょうね。すると、もはや、話はできない国となります。残念。(2017/02/20 15:07)

タイトル扇動氏がいなくなったなあと思ったら、今度は小田嶋氏のコラムに書き込んでてわらた。(2017/02/18 19:18)

>他で言われていないとの指摘もありますが、嘗て、朝鮮半島ウォッチャーとして有名だった毎日新聞の某氏は、非常に高い評価を他のメディアからも、そしてその読者からも得ておりました。それに比しても、鈴置氏の評価は殆ど世の中で目立ちません。

それって、元毎日新聞記者の重村さんの事?

日経ビジネスオンラインでも記事を書いているよ。

最新の記事は昨年11月の「韓国野党が朴大統領に辞任を要求しない理由」だったかな?

鈴置さんの記事ほど目立ってはいないけどね。(2017/02/18 15:39)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授