• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「市街戦が始まる」と悲鳴をあげた韓国紙

「北爆」危機の中、南では左右対立が激化

2017年3月1日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント70件コメント/レビュー

>名が泣きますよ

というのはコラム本文ではなく読者投稿の掲載拒否についてならば幾らかは同感する。個人差は大きいと思うし、このいかにも反日工作員の特徴・手口を晒し続ける投稿者とは違う角度からの感想であり違う部分についての感想だが。又、日経新聞自体が媚中傾向が強いメディアとも思っているが。

反日活動する輩にとって不都合な投稿を掲載拒否するスタンスが強まっては、投稿で反証する事すら難しくなる。ここ数ヶ月は改善されてきたと感じていたのだがな。

「名が泣きますよ」との投稿者は質問されてる事に答えてはどうか?沢山突っ込まれているだろう?(2017/03/05 00:03)

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「「市街戦が始まる」と悲鳴をあげた韓国紙」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

日本経済新聞社編集委員

1977年、日本経済新聞社に入社。ソウル特派員(87~92年)、香港特派員(99~2003年と06~08年)などを経て、04年から05年まで経済解説部長。02年度ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

>名が泣きますよ

というのはコラム本文ではなく読者投稿の掲載拒否についてならば幾らかは同感する。個人差は大きいと思うし、このいかにも反日工作員の特徴・手口を晒し続ける投稿者とは違う角度からの感想であり違う部分についての感想だが。又、日経新聞自体が媚中傾向が強いメディアとも思っているが。

反日活動する輩にとって不都合な投稿を掲載拒否するスタンスが強まっては、投稿で反証する事すら難しくなる。ここ数ヶ月は改善されてきたと感じていたのだがな。

「名が泣きますよ」との投稿者は質問されてる事に答えてはどうか?沢山突っ込まれているだろう?(2017/03/05 00:03)

朝鮮半島有事の場合、在日米軍や自衛隊などに対する北朝鮮の破壊工作活動や中国の牽制工作に対して、日本政府はどの程度の想定をしているのか不安です。何せいつも事が起きてから考える日本政府なので。(2017/03/04 21:24)

やはり、戦時首都を釜山に移して、ソウルの市街戦に備えて、日本からの緊密な補給体制を確保するというのが、最も現実的な対策なんでしょうね。しかし人間というモノは、よほど明確に現実を突きつけられないと、自分の財産の大半を捨てて、最悪に備えるという決断は出来ないモノです。
別に韓国人だけの弱さだとは、思えませんね。北爆が始まれば、同時に中国軍の38度線までの進出が起きますから。どう転んでもソウルが地上戦の最前線にならざるを得ないですから。(2017/03/03 22:54)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

2018年のヒット商品は食・睡眠・運動の3つを中心に動いていきます。

髙田 明 ジャパネットたかた創業者