• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「儒教式法治」を極める韓国

「朴槿恵罷免」に首をかしげた法曹関係者たち

2017年3月14日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

韓国の憲法裁判所は8人の裁判官全員の一致した意見として朴大統領の罷免を宣告した(写真:代表撮影/AP/アフロ)

前回から読む)

 「朴槿恵罷免」は韓国の法治への疑問を呼んだ。

「極悪非道」に因果応報

「我が国の民主主義の勝利だ」と韓国人が胸を張っています。

鈴置:3月10日、憲法裁判所が朴槿恵大統領(当時)に対する弾劾訴追を認め、罷免を宣告しました(「朴大統領の罷免が決定、選挙は5月9日か」参照)。

 弾劾訴追案は大統領の下野を求めるデモに押され、国会が可決しました。要は韓国では超法規的な存在の、絶対的権力者である大統領をデモが引きずり降ろしたのです。

 審判直前の世論調査では77%が罷免に賛成していましたから、国民の4分の3以上が自分の意思を通せたわけです。保守、左翼を問わず多くの韓国人が「民主主義の勝利」と胸を張るのも無理はありません。

 左派系紙、ハンギョレの社説「民主主義の道しるべを新たに打ち立てた市民革命の勝利」(3月10日、日本語版)が典型です。「胸を張る」部分を引用します。

  • 愚かで極悪非道な大統領は、結局権力の座から追い出された。事必帰正。国民を蔑視し国家権力を私物化して国の根本を揺るがした罪に対する当然の因果応報だ。
  • 朴槿恵大統領罷免の外的形式は憲法裁判所の弾劾認容だが、実際的内容は常識と当然な道理の勝利だ。
  • 冬の間に広場で燃え上がったろうそくの炎は「法治と民主」に向けた渇望であったし、憲法裁判所は「全員一致の罷免賛成」でこれに答えた。

「民主」だけでなく「法治」も自賛していますね。

鈴置:流血もなく罷免に追い込んだからです。それに大統領の弁護団は、弾劾訴追そのものが「不当だ」と批判してきました。

 「勝った側」としては「法治が実現した」と大声で叫ぶことで、そうした疑いを払拭できたと言いたいのでしょう。

 もっとも10日夕刻には保守派のデモ隊が機動隊と衝突する中で、死因は不明ですが3人の参加者が亡くなりました。憲法裁判所が宣告を下してからも、弁護団や一部の保守は不当な宣告だと声をあげ続けています。

チラリと漏れた本音

「宣告がおかしい」という意見は、韓国紙の日本語版には見当たりません。

鈴置:韓国語版も同じです。保守、左派を問わず韓国紙は「朴槿恵下野」を要求してきましたから、自分たちの主張に沿った宣告に疑義は挟みません。ただ瞬間的にですが、宣告に首を傾げる法曹関係者の姿が垣間見られました。

 TV朝鮮の「<ニュースを撃つ> 弾劾審判 憲法裁判所の要旨…「容認」決定の争点は?」(3月10日、韓国語の動画)で、です。

 座談会の焦点は、大統領の友人、崔順実(チェ・スンシル)氏による「国政壟断事件」に関し、朴大統領が罷免されるに足る憲法・法律違反をしたか、でした。

 国会がそれ以外の訴追事由としてあげた言論の自由の侵害や、旅客船「セゥオル号」沈没の際の行動に関し、憲法裁判所は宣告の中で罷免するには当たらない、との判断を示したからです。

 この座談会で、ヨ・サンウォン弁護士(前・ソウル地裁副所長)とイ・サンギョン弁護士(前・憲法裁判所裁判官)の2人が大略、以下のように述べました。

  • 憲法裁判所は罷免の理由に、国政壟断を許した職権乱用に加え、大統領が検察や特別検察の事情聴取を拒否したことをあげた。しかし、後者は弾劾訴追案には入っていない。訴追されていないことまで罷免の理由とするのはおかしい(それぞれ動画開始後8分20秒後と11分48秒後)。

コメント48件コメント/レビュー

本当に儒教の国なのでしょうか。儒教については単語名しか知らなかったので少し調べただけですが、礼儀を重んじる、徳を拡げることで長幼関係を維持するなどが見つかりました。
他には、「徳」には仁義などの人を思いやることや、利に囚われずやるべきことをやる、約束を守る等の、日本人では普通の発想が記載されていました。

もう一度お聞きします。私の勉強不足は多々ありますが、本当に儒教の国なのでしょうか。調べた限りでは、儒教という単語に失礼な気がしているのですが…(2017/03/22 09:31)

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「「儒教式法治」を極める韓国」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

日本経済新聞社編集委員

1977年、日本経済新聞社に入社。ソウル特派員(87~92年)、香港特派員(99~2003年と06~08年)などを経て、04年から05年まで経済解説部長。02年度ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

本当に儒教の国なのでしょうか。儒教については単語名しか知らなかったので少し調べただけですが、礼儀を重んじる、徳を拡げることで長幼関係を維持するなどが見つかりました。
他には、「徳」には仁義などの人を思いやることや、利に囚われずやるべきことをやる、約束を守る等の、日本人では普通の発想が記載されていました。

もう一度お聞きします。私の勉強不足は多々ありますが、本当に儒教の国なのでしょうか。調べた限りでは、儒教という単語に失礼な気がしているのですが…(2017/03/22 09:31)

私には韓国の友人が何人かいるが、びっくりしている。
まったくここにあるとおりの理解と反応をしていること。
間違ったことつまり、罪とそれに対する罰を正しく判断していない。

もっとびっくりしたのが、彼らは今の大統領最有力候補が
大統領になっても日韓関係、米韓関係は悪化しないと
真面目に考えているということ。

違う見方をすると、政治に興味がなく関知しない人も多いし
朝鮮日報、中央日報は 朴前大統領寄りで本当の事を
書いていないと考えている人も多いようです。(2017/03/21 19:15)

韓国が法治国家ですらないことは随分前からネットの世界などでは常識だと思います。ですので今回の判決も驚きはなかったです。

当然、事実と法と人道で「慰安婦問題」が解決するわけもなく、これから何回も「解決」することでしょうね(溜息)

日本人が中韓に呆れてるように、EU抜ける英国人だって心中では欧州に呆れてるでしょうね。

でも世界中見渡すと、米国や欧州諸国含めて韓国が特段にひどい国柄ってわけでもないんですね(溜息)(2017/03/16 01:28)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長