• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「文在寅の仲人口」を危ぶむ韓国の保守

騙されたと気がつけば、トランプは激怒する……

2018年3月15日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

3月8日、韓国特使がトランプ大統領と面会後に会見、米朝首脳会談実現を宣言したが……。会見する鄭義溶国家安保室長(写真右)と徐薫国家情報院院長(写真:AFP/アフロ)

前回から読む)

 米朝首脳会談がもたらすのは平和か、それとも戦争か――。

「非核化」発言は本物か

鈴置:金正恩(キム・ジョンウン)委員長は本当に「非核化する」と言ったのだろうか――。韓国政府の説明を疑う人が出てきました。

 トランプ大統領を北朝鮮との対話に引き出すため、文在寅政権が「仲人口」(なこうどぐち)――縁談をまとめようと仲人が双方に都合のいい話をする――を駆使する様子が垣間見えるからです。

 3月5日に特使として北朝鮮を訪問し、金正恩委員長と会談した鄭義溶(チョン・ウィヨン)青瓦台(大統領府)国家安保室長。平壌(ピョンヤン)から戻った翌3月6日、訪朝結果を箇条書きにしてブリーフしました。

 青瓦台の「鄭義溶首席特使の訪朝結果 言論発表」(3月6日、韓国語、動画付き)からポイントを翻訳します。

  1. 南北は4月末に板門店の(韓国側の)平和の家で第3回南北首脳会談を開くことにした。
  2. 南北は軍事的な緊張の緩和と緊密な協議のため、首脳間のホットラインを開設することに合意した。
  3. 北側は朝鮮半島の非核化の意思を明らかにし、北に対する軍事的な脅威が解消し、北朝鮮の体制安定が保証されるなら核を保有する理由がないとの点を明らかにした。
  4. 北側は、非核化問題の協議と北・米関係正常化のため、米国と虚心坦懐に対話する用意があると表明した。
  5. 対話が続く間は、北側は追加の核実験と弾道ミサイルの試射など戦略的な挑発の再開はしないことを明らかにした。同時に核兵器はもちろん、在来型の兵器も南側に使わないことを確約した。
  6. (略)

消えた条件

 「非核化」は③で言及されましたが「北に対する軍事的な脅威が解消し、北朝鮮の体制安定が保証されるなら」と条件が付いています。

 こうした前提付きの主張は前から北朝鮮が表明してきたことです。「非核化を約束」と報じるほどのニュースではありません。だからメディアも見出しは他からとった。例えば日経新聞の3月7日付朝刊の見出しは以下の4本です。

  • 南北首脳 来月末に会談
  • 非核化へ「米と対話」
  • 北朝鮮 ミサイル発射凍結
  • 韓国側発表

 しかし3月8日、鄭義溶・室長はワシントンでトランプ大統領に「北に対する軍事的な脅威が解消し、北朝鮮の体制安定が保証されるなら」との条件を省いて「金正恩は非核化を約束した」と語った模様です。

 なぜなら、トランプ大統領と会った直後、鄭義溶・室長は会見(3月8日、英語)でこう述べたからです。

  • I told President Trump that, in our meeting, North Korean leader Kim Jong-un said he is committed to denuclearization.

コメント66件コメント/レビュー

>真の保守なら外国の軍隊がいる上に金まで払っているのを恥に思ってもありがたいなんて言うか?

「真の保守」ってのがなんだかよくわからないけど、国を傾けてまで軍事費に金をかけるよりは、大国の軍隊に駐留してもらってほどほどのお金で国防を実現するってのは、冷戦勃発からこっち世界ではフツーの考え方なんだけどね。
例えば、旧枢軸国のドイツやイタリアにも米軍基地はあるし。(というか、米国の旧宗主国たる英国にも米軍基地があるし)
つーか、冷戦華やかなりし頃(?)には西ドイツ(当時)には、米軍の他英軍や仏軍の陸上部隊が万の単位で進駐していたし。
現在では、プーチン政権下で先祖返りしつつあるロシアに脅威を感じている東欧諸国で米国(NATO軍)の駐留が始まっているよ。
ポーランドとかバルト三国とか。(2018/03/29 00:52)

オススメ情報

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「「文在寅の仲人口」を危ぶむ韓国の保守」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

韓国観察者

元日本経済新聞記者。1995~96年ハーバード大学日米関係プログラム研究員、2006年イースト・ウエスト・センター(ハワイ)ジェファーソン・プログラム・フェロー。02年度ボーン・上田記念国際記者賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

>真の保守なら外国の軍隊がいる上に金まで払っているのを恥に思ってもありがたいなんて言うか?

「真の保守」ってのがなんだかよくわからないけど、国を傾けてまで軍事費に金をかけるよりは、大国の軍隊に駐留してもらってほどほどのお金で国防を実現するってのは、冷戦勃発からこっち世界ではフツーの考え方なんだけどね。
例えば、旧枢軸国のドイツやイタリアにも米軍基地はあるし。(というか、米国の旧宗主国たる英国にも米軍基地があるし)
つーか、冷戦華やかなりし頃(?)には西ドイツ(当時)には、米軍の他英軍や仏軍の陸上部隊が万の単位で進駐していたし。
現在では、プーチン政権下で先祖返りしつつあるロシアに脅威を感じている東欧諸国で米国(NATO軍)の駐留が始まっているよ。
ポーランドとかバルト三国とか。(2018/03/29 00:52)

> こんな"はした金"で「お目こぼし」をいただいているのをありがたく思うべきお話なんだけどな。

これは自民党工作員かな?
真の保守なら外国の軍隊がいる上に金まで払っているのを恥に思ってもありがたいなんて言うか?
金のためだから我慢せいってか?
韓国が中国怖いってDNAに刷り込まれているってんなら日本はわずか4年の戦争で米国怖いって工作員のDNAにはしっかり刷り込まれているわけだ。戦争中は鬼畜米英、戦後は民主主義万歳っていう。こういうのを脇で見ているやつがもうだまされないぞって反動でパヨクまっしぐらになるんだよ。(2018/03/26 18:06)

アメリカは、何でも選挙選挙だよな。
慰安婦の可決の下院とかも中韓の票集めだし。

ユダヤの人みたいに小数でも影響力持てる方法考えないと。

北朝鮮は、今回も嘘って言うか韓国の嘘なのか、だと思う。
融和する気なら、わざわざオリンピック前に軍事パレードしないだろ。(2018/03/25 23:12)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

海外の取引先のやり方に合わせたら、それが違反だとなったわけです。

藤田 伸治 藤田観光バス代表取締役