• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

米中が朝鮮半島で談合する時

「北の核」と「米韓同盟」を取引しよう

2017年4月5日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

「ヤルタ体制に戻れ」。中国の学者の主張が注目を集めている(写真:AP/アフロ)

前回から読む)

 「米中が協力し朝鮮半島を統一・中立化する」構想が米中双方で語られる。北朝鮮から「核」を取り上げるのが目的だ。

「韓国主導で統一を」と中国学者

鈴置:今、アジア専門家の間で注目を集めている講演があります。中国の有力な学者が「韓国が主導する朝鮮半島の統一」を訴えたのです。

 主張したのは中国の冷戦研究の第一人者と言われる華東師範大学の沈志華教授です。中朝関係史に詳しく、豊富な資料を駆使して『最後の「天朝」』(日本語)を書いた人でもあります。「中国と北朝鮮は血盟の間柄」との神話を打ち砕いた大著です。

 沈志華教授は3月19日、大連外国語大学で「中朝関係史の角度から見た『THAAD問題』」(中国語)と題し講演しました。講演筆記は中国のSNS(交流サイト)の「微博」など、ネットで読めます。

「韓国による統一」に中国政府が動く可能性があるのですか?

鈴置:この講演の存在をご教示下さった中国研究者の辻康吾氏は「『韓国による統一』を中国政府が直ちに受け入れるとは考えにくい。しかし、こうした主張が堂々と中国のネットに掲載されていることには注目すべきだ」と語っています。

 これは私の見方ですが、この講演が広く公開されているのは「1つの選択肢として提示し、米国の反応を見る」目的と思います。

 「韓国による統一」は上手にやれば中国の利益になりますが、その実現は米中の足並みがそろわなければ難しいからです。

 辻康吾氏は毎日新聞の香港・北京支局長を歴任した後、東海大学と獨協大学の教授を経て、現代中国資料研究会代表を務めるベテランの中国学者です。講演筆記は長文なので、辻康吾氏による抄訳を以下に引用します。

北は敵、南は友人

  • 表面的には中朝は同盟関係にあり、米国と日本が支持する韓国は北朝鮮と対峙している。だが、これは冷戦の遺物に過ぎない。状況は根本的に変化した。北朝鮮は中国の潜在的な敵となる一方、韓国は中国の友人となった。
  • 中朝が朝鮮戦争を共に戦ったことによる特殊な関係はすでに瓦解した。原因は3つある。1970年代初めから中・米関係が大きく改善したという「外交的要因」。北朝鮮が欲しいものは何でも与えるという姿勢を中国が改めたことによる「経済的要因」。そして1992年の中韓国交正常化という「政治的要因」だ。
  • 中朝関係の根本的変化が北朝鮮を孤立させ、その核開発を引き起こした。北朝鮮の相次ぐ核実験が朝鮮半島の危機をエスカレートし、中国を取り巻く環境を不安定にした。
  • 中国の根本的な利益には平穏な環境、対外発展が必要だが、北朝鮮の核武装で失われた。中朝の利益は必然的に対立している。であるからして北朝鮮の核問題は中国が主導的に解決すべきである。北朝鮮の立場に立っての解決は不可能なのだ。

コメント46件コメント/レビュー

前にもこの場で書いたかも知れない。2013年の春にドイツの新聞が掲載した、当時のケリー長官が中国に提案した「ディール」について。即ち中国が北朝鮮を「完全統御」するなら、米軍は半島から引き上げると言う。その11月に中国寄りのチャン・ソンテクが処刑された。今度の金正男暗殺も、その流れにあると思う。
アチソン回帰したい米国も、北の核開発が完全除去出来れば、半島をランドパワー側に戻したいはずだ。米国にとって死活的に重要なのは太平洋であり、シーレーンだ。
一方で台湾は手放せないと思う。今、中国による指導者除去等で北が混乱し、ゆくゆくは中国の影響下で半島が統一するなら、数年は台湾に手が出せまい。
我が国としても半島を橋頭堡として失っても、台湾を死守すべきと思う。(2017/04/07 11:28)

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「米中が朝鮮半島で談合する時」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

日本経済新聞社編集委員

1977年、日本経済新聞社に入社。ソウル特派員(87~92年)、香港特派員(99~2003年と06~08年)などを経て、04年から05年まで経済解説部長。02年度ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

前にもこの場で書いたかも知れない。2013年の春にドイツの新聞が掲載した、当時のケリー長官が中国に提案した「ディール」について。即ち中国が北朝鮮を「完全統御」するなら、米軍は半島から引き上げると言う。その11月に中国寄りのチャン・ソンテクが処刑された。今度の金正男暗殺も、その流れにあると思う。
アチソン回帰したい米国も、北の核開発が完全除去出来れば、半島をランドパワー側に戻したいはずだ。米国にとって死活的に重要なのは太平洋であり、シーレーンだ。
一方で台湾は手放せないと思う。今、中国による指導者除去等で北が混乱し、ゆくゆくは中国の影響下で半島が統一するなら、数年は台湾に手が出せまい。
我が国としても半島を橋頭堡として失っても、台湾を死守すべきと思う。(2017/04/07 11:28)

現在いつ北朝鮮に対する攻撃~それが米中どちらかは不明~があってもおかしくない状態になりました。
それに対し北朝鮮は日本に向けてミサイルを放つかもしれません。北朝鮮からのミサイルは8分で日本に到着するそうです(未確認情報)。
その8分間で貴方は何が出来ますか?全てのミサイルを迎撃できる保証は有りません。また、そのミサイルに核弾頭を装備できるかは不明ですが、彼らが大量に保有すると言われる生物兵器は積めます。撃ち漏らす可能性がある以上、すぐに身を隠す必要があります。
最適な場所は核に耐えられる防空壕ですが、そんなものドコにある?状態です。
次善の策は地下です。それが無い又はそこまで移動する時間が無い場合は、窓の無い部屋でバリケードを作って身を隠すです。
J-Alertがミサイル発射後何分で発動するか不明ですが、時間的余裕は殆どありません。。。(2017/04/07 10:26)

>韓国にアイデンティティをお持ちと思しき方が、今回「韓日」という誰にでもそれと解る言葉を使って立場を明らかにした上で自説を述べて下さいました。

いや釣りでしょう?
一箇所間違えて日韓て言ってるし(2017/04/06 16:59)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長