• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

文在寅が大統領になったら移民する

「米国に捨てられていいのか」と叫ぶ韓国紙

2017年4月19日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント29件コメント/レビュー

移民は受け入れる国があってこそ実現するものです。(2017/05/07 14:42)

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「文在寅が大統領になったら移民する」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

日本経済新聞社編集委員

1977年、日本経済新聞社に入社。ソウル特派員(87~92年)、香港特派員(99~2003年と06~08年)などを経て、04年から05年まで経済解説部長。02年度ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

移民は受け入れる国があってこそ実現するものです。(2017/05/07 14:42)

韓国の為政者が、家族以外の人を守ろうという気概も責任感もないという、長い歴史の賜物です。よって、いまこの現実があるのだと思います。(2017/04/26 17:05)

新アチソンライン構築はかねて判っていたし、それが極東の地政学的パランスを「回復」すると思う。そもそも朝鮮半島への米国介入は「日本防衛」のためだった。冷戦終結から四半世紀、たとえ半島全体が反米赤化しても、日本がその影響を受けるはずもない。
前にも書いたと思うが、米国はとっくに半島撤収を計画している。とは言え「核つき統一」は許容しがたい。日本の核武装化を促すからである。
米中の「落としどころ」として北の完全核無力化ののち、中国の傀儡化。朝鮮動乱の完全終結を待ち、米軍は一部を残して撤退を始めるだろう。
ここ十数年以内に、中国主導で南北はついに統一するはずだ。ただし非核重武装の中立国で、親中反日国家となるのは仕方ない。
日米海洋同盟にとって、大陸付属地たる半島は死守すべき地域ではない。むしろより重要な橋頭堡は、やはり台湾だろう。台湾の独立こそ海洋同盟にとって死活的に重要と考えている。(2017/04/21 10:36)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長