• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

北朝鮮のミサイル発射が増幅する米韓の不協和音

北の「先手」に操られる文在寅政権

2017年5月14日(日)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

北朝鮮のミサイルが発足直後の文在寅政権を揺さぶる(写真:AP/アフロ)

前回から読む)

 米韓の間で不協和音が生じた。北朝鮮との対話に動く文在寅(ムン・ジェイン)大統領に対し、トランプ(Donald Trump)大統領が「待った」をかけたのだ。状況を見切った北朝鮮は5月14日、弾道ミサイルを発射、韓国を揺さぶり始めた。

「焦るな」とトランプ

鈴置:トランプ大統領は5月12日、米NBCのインタビューに答え「文在寅大統領は(南北)対話に前向きだ。対話には反対しないが、条件が整ってからすべきだ」と語りました。

 米議会が設立した自由アジア放送(RFA)の記事「トランプ『南北対話は適切な条件下でのみ可能』」(5月12日、韓国語版、韓国語と英語の音声付き)はトランプ大統領の発言を原語でも報じています。以下です。

  • He's more open to discussion. I don't mind discussion. But it's under certain circumstances.

 RFAは「北朝鮮が核・ミサイル開発を放棄する意思を見せる前に南北対話をすべきではない」との米国のメッセージだと解説しています。

 要は「北朝鮮との対話を焦るな。焦るといい結果は出ない」と、文在寅大統領を諭したのです。トランプ大統領は「1、2カ月待てばもっといい答が得られる。様子を見よう」とも文在寅大統領に呼び掛けました。

  • I could probably give you a much better answer to that in a month or two months. We're going to see what happens.

 米国が軍事的な圧力を、中国が経済的圧力をかけているのでいずれ北朝鮮は譲歩するだろう、と見通したのです。

カネを北に送りかねない韓国

わざわざ文在寅大統領にクギを刺したのは?

鈴置:韓国の新政権は米国でも「反米親北」と見なされています。放っておくと「南北対話」と称して北朝鮮にカネを送りかねない。せっかく世界に呼び掛け、実行している圧力が無になると懸念したのです。

 文在寅大統領は「当選したら米国よりも先に北朝鮮に行く」と宣言していました。国連の対北経済制裁に応じて閉鎖・中止した開城工業団地と金剛山観光事業に関しても「再開する」と公約していました。

 在韓米軍基地に配備されたTHAAD(=サード、地上配備型ミサイル防衛システム)も「政権をとったら見直す」と約束していました。

 選挙期間中に発言の一部は軌道修正して見せましたが、韓国世論は「偽装転向」と疑っています(「文在寅が大統領になったら移民する」参照)。

コメント32件コメント/レビュー

 4月の米中首脳会談で習近平のほうから北朝鮮の制裁に対して100日待ってくれと言われ、トランプは現在待ちの状態であるが、結局北朝鮮に対して石油禁止、制限等の強い制裁は出来ないでいる。 一方、金正恩は、既に核爆弾は開発済で、ICBMを完成させる事に注力を注いでいる。 それは米国が唯一戦争になる可能性のある国であり、核、ICBMを持った後、米国の対等に関係(条約等)を結ぶ事である。 既にイスラエル、パキスタン等は国際社会を無視して核爆弾等持っていても制裁等を受けていないので出来ると確信している。(絶対に核爆弾、ICMBの放棄はしない!!) 今年中に兎に角、完成させる事が目標であろう。 
 中国は、腰抜けで強く出てくる相手には弱腰であり、このままの状態が続くが、最後に、北朝鮮に対して制裁を発動する。 それに対して、北朝鮮は強く反発する。 トランプとして、国内の問題で支持率が急降下しており、CIA等を使い、北朝鮮に見せかけた韓国への攻撃、可能性として、国籍不明潜水艦による、米国船攻撃等を仕掛け、朝鮮戦争が開始する。 張り子の虎の北朝鮮軍はすぐ壊滅するが、ソウルは攻撃され十数万人が死亡する。 新北政権は何もできず、非難するだけで、韓国にクーデターが起こり、軍部が掌握する。 ありうるシナリオだと思いますが。(2017/05/23 11:28)

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「北朝鮮のミサイル発射が増幅する米韓の不協和音」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

日本経済新聞社編集委員

1977年、日本経済新聞社に入社。ソウル特派員(87~92年)、香港特派員(99~2003年と06~08年)などを経て、04年から05年まで経済解説部長。02年度ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

 4月の米中首脳会談で習近平のほうから北朝鮮の制裁に対して100日待ってくれと言われ、トランプは現在待ちの状態であるが、結局北朝鮮に対して石油禁止、制限等の強い制裁は出来ないでいる。 一方、金正恩は、既に核爆弾は開発済で、ICBMを完成させる事に注力を注いでいる。 それは米国が唯一戦争になる可能性のある国であり、核、ICBMを持った後、米国の対等に関係(条約等)を結ぶ事である。 既にイスラエル、パキスタン等は国際社会を無視して核爆弾等持っていても制裁等を受けていないので出来ると確信している。(絶対に核爆弾、ICMBの放棄はしない!!) 今年中に兎に角、完成させる事が目標であろう。 
 中国は、腰抜けで強く出てくる相手には弱腰であり、このままの状態が続くが、最後に、北朝鮮に対して制裁を発動する。 それに対して、北朝鮮は強く反発する。 トランプとして、国内の問題で支持率が急降下しており、CIA等を使い、北朝鮮に見せかけた韓国への攻撃、可能性として、国籍不明潜水艦による、米国船攻撃等を仕掛け、朝鮮戦争が開始する。 張り子の虎の北朝鮮軍はすぐ壊滅するが、ソウルは攻撃され十数万人が死亡する。 新北政権は何もできず、非難するだけで、韓国にクーデターが起こり、軍部が掌握する。 ありうるシナリオだと思いますが。(2017/05/23 11:28)

まさに北朝鮮こそが、韓国の理想とする政治体系を実現した国なのでしょうね。
中国やアメリカ、日本などの大国をゆさぶり、決してひかない。
韓国は中途半端な立ち回り過ぎて、ねずみ男などと揶揄される始末ですが、北朝鮮はいざとなれば総力戦も辞さない覚悟を見せています。

だからこそ、文在寅氏が圧倒的な支持率で当選するのでしょうね。

自身の生活が北朝鮮並みに落ちる、のは、この際問題ではないと思います。
韓国社会の閉塞感を考えれば、自身の生活がどうなるか、より現状の打開こそを望んでいるのでしょう。(2017/05/22 10:25)

コメントの
>米国もそして我が国も、半島全体を中国側に「追いやり」たいように見える。

中国か半島系の人ですかね?
ひたすら日本には嫌がらせを続け、嫌がらせを止めたくば金・便宜を払い続けろ。
日米には、約束・合意って何?という信用を失う行為をし、
中国に擦り寄っていくという韓国が中国側に「行きたい」という行動をしてきた。
ここで、日本や米国は、飴を使って引き止めるのを止め、裏切りには鞭の姿勢を見せた。
それを見て「追いやる」感想を見るとは平衡感覚がおかしいですよ。

中国側につくと、中国以下にしかならないのにね。
反日教育を継続してやっている以上、日本が擦り寄る必要は無い。
日本が得になる場合にドライなビジネスとしてのみの取引があれば十分。情け無用。
韓国に必要なのは飴ではなく鞭。中国の方が良く理解している。(2017/05/18 20:19)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長