• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「米韓同盟廃棄」カードを切ったトランプ

「完全非核化」と交換、メディア通じさりげなく伝達

2018年5月15日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

テレビを通じ合意を確認

「新たな対案」とは?

鈴置:具体的には報じていませんが、トランプ会見から見て「半島全てを非核化する」――北朝鮮が核を完全放棄したら米韓同盟を廃棄する、との提案でしょう。

 一連の動きをまとめると、こうです。まず、ポンペオ長官が金正恩委員長に口頭で「米韓同盟破棄」の対案を伝えた。すると、朝鮮中央テレビを通じ、金正恩委員長が「それなら非核化に応じる」と答えた。

 それを確認したトランプ大統領がアンドリュース基地での会見を通じ「米朝首脳会談はその線で進めよう」と金正恩委員長に通告した――のです。

 北朝鮮側が金正恩委員長の応諾を伝える際、朝鮮通信など活字メディアを使わなかったのは、トランプ大統領のメッセージが口頭だったことに対応したものと思われます。

 両者が「米韓同盟の廃棄」とはっきり言わなかったのはもちろん、世界にパニックを引き起こさないためでしょう。

 その甲斐あって「半島全てを非核化する」との、よく読めば目をむく発言はさほど注目されませんでした。

 世界のメディアは北朝鮮から解放された3人の韓国系米国人に焦点を当てました。さらにそのニュースの約8時間後にはトランプ大統領が米朝会談の日時と場所をツイッターで明かしました(「米朝首脳会談、6月12日にシンガポールで開催」参照)。「半島全てを非核化」発言はますます関心の外に置かれたのです。

韓国紙も見落とした

韓国メディアもこの大ニュースを見落としたのですか?

鈴置:見落としました。翌5月11日の朝刊では、私の見た限りですが、朝鮮日報で外交を担当する金真明(キム・ジンミョン)記者だけが「半島全ての非核化」に注目しました。

 「トランプと金正恩は体制を保証し『2020大統領選挙前のCVID』で握ったか」(韓国語版)です。

 韓国では珍しい、原典に当たる記者です。ただ、金真明記者は米朝首脳会談が抽象的なメッセージの交換に終わる可能性の傍証として「半島全ての非核化」発言をとらえました。「米韓同盟廃棄」を呼ぶ重大な発言とは考えなかったのでしょう。

 韓国の保守系大手3紙が「半島全ての非核化」に言及する社説を掲載したのは5月12日でした。朝鮮日報の社説「北に『非核化』の対価として何を渡すのか、説明の時が来た」(韓国語版)の関連部分を訳します。

・もしこれ(半島全ての非核化)が、トランプ大統領が韓米同盟や在韓米軍を北朝鮮に差し出すカードとして使うのなら深刻な話だ。
・米国が将来、在韓米軍の撤収、位置付けの変化、米軍引き上げの口実になるような言質を北側に与えないかを確認せねばならない。

 東亜日報の社説「シンガポール米朝会談、完全な非核化で『68年敵対』終了を」(日本語版)の危機感はやや薄かった。

・米国が韓米合同軍事演習での核戦略資産の韓半島展開中止などに同意した可能性がある。「韓半島全体の非核化」が核の傘の範囲から韓半島を除く極端なレベルにまで拡大する懸念はないのか、韓国政府は綿密にチェックしなければならない。

コメント81件コメント/レビュー

>「米韓同盟が消滅すれば、日本が大陸に立ち向かう最前線になります」
>…となると、凄まじい浸透工作にさらされることになる、ということでしょう?

 兵士に命じて他国の女子供を誘拐させ、隣国にも遠方の国にも核を撃ち込むと日頃から言い続け、叔父を殺し、さらに亡命中の兄を生物兵器で殺す男が、何の約束も含まない宣言をしただけで、日本のメディアは「ほら平和になりますよ」とものすごい勢いで宣伝してくれる。
 これが工作の成果でなくて何なのでしょうか。(2018/05/18 16:40)

オススメ情報

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「「米韓同盟廃棄」カードを切ったトランプ」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

韓国観察者

元日本経済新聞記者。1995~96年ハーバード大学日米関係プログラム研究員、2006年イースト・ウエスト・センター(ハワイ)ジェファーソン・プログラム・フェロー。02年度ボーン・上田記念国際記者賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

>「米韓同盟が消滅すれば、日本が大陸に立ち向かう最前線になります」
>…となると、凄まじい浸透工作にさらされることになる、ということでしょう?

 兵士に命じて他国の女子供を誘拐させ、隣国にも遠方の国にも核を撃ち込むと日頃から言い続け、叔父を殺し、さらに亡命中の兄を生物兵器で殺す男が、何の約束も含まない宣言をしただけで、日本のメディアは「ほら平和になりますよ」とものすごい勢いで宣伝してくれる。
 これが工作の成果でなくて何なのでしょうか。(2018/05/18 16:40)

>アメリカ経済は、借金だらけで、それを精算する意味でも、韓国と中国のデフォルトによる金融資金が喉から手が出るほど欲しい。

韓国と中国の政府債務?がデフォルトすると、アメリカの政府債務?が清算できる理由をだれか教えてください。(2018/05/18 11:38)

日本と韓国は、冷戦時代の資本主義ショールームとして"おいしい思い"をしてきた国。
世界の構造が変われば、役目も変わるのは仕方のないこと。

日本は今、その後遺症で苦しんでいますが、世間知らずでノンポリの仕事中毒になり、世界事情も知らず、政治に「投げっぱなし&ないものねだり」をしてきたのだから、"普通の国"に変わる苦しみは乗り越えていくしかない。

韓国は……あらゆる意味で"やりすぎた"ので、因果応報の時期が来た、とは思います。
儒教道徳、事大思想、人治主義、嘘への抵抗のなさや契約の軽視……
世界には通用しないローカルな常識を振りかざし、"おいしい思い"のもとで我侭放題。
成長市場 兼 工場だからこそ見逃されてきた"おいた"、そのツケがきた。
どうも当事者にはその意識がないようなので、強い理不尽や憤りを感じるようですが、
彼らの常識は世界と違いすぎ、今までいろいろ"やりすぎて"きたのは事実。
まずはそれを認め、反省し、更正を誓うところからのスタート。

着のみ着で焼け跡に立てば価値観は変わる。日本も70年前、そうして大きく変わった。
いささか逆振れが過ぎて、今度はその矯正で苦労しているけれど。

祖国を捨てたい国民が過半数を占める国、国民ひとりひとりはきっとそれを解ってる。
がんばれ韓国。(2018/05/18 10:16)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

アパレル業界のトップには60~70代の方が多く、新しいデジタルマーケティングに全く付いていけていません。

石川 康晴 ストライプインターナショナル社長兼CEO