• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

日本の「被害者なりすまし」を許すな

「ヒロシマ」で大騒ぎの韓国(1)

2016年5月25日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

原爆で廃墟と化した広島。71年後のオバマ大統領の訪問は、「パンドラの箱」を開けることになるかもしれない(写真:AP/アフロ)

 韓国メディアがざわめく。「米国と日本がますます仲良くなる」と勘違いしたからだ。

韓国は大損

オバマ(Barack Obama)大統領が広島を訪問するというので、韓国紙が大騒ぎしています。

鈴置:5月26日から開かれる主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)に出席した後、翌27日に現職の米大統領として初めて広島平和記念公園を訪れます。

 オバマ大統領はそこでスピーチしますが、米国が核兵器を使ったことに関する「道義的責任」にも触れると見られます。

 韓国メディアはこの計画が正式に発表される前から一斉に反発し、大統領の広島訪問に強い懸念を表明してきました。

なぜ反発するのでしょうか。韓国は今、北朝鮮の核の脅威に直面しています。そんな中、オバマ大統領が「核なき世界」を呼び掛けるため広島を訪問するというのに……。

鈴置:日本が外交的得点を稼ぐ一方、自分が大損とすると考えたからです。

つけ上がる日本

なぜ「日本が得して韓国が損する」のでしょうか。

鈴置:韓国人の目にはそう映るのです。彼らは独特の外交観を持っています。それを基に日本に奇妙な外交戦を仕掛け、しばしば自滅します。

 2015年に安倍晋三首相の米上下両院演説を阻止しようと国を挙げて取り組んだのがいい例です。この時も日本が得をし、韓国が損をすると彼らは危機感を深めたのです(「『アベの議会演説阻止』で自爆した韓国」参照)。

 結局、阻止できなかったばかりか、米国との関係も悪化しました。米国が日本との同盟を強化しようとしている時に、日米離間を必死で図る韓国は異様な目で見られたのです。米外交関係者は「韓国疲れ」(Korea Fatigue)などと上品な言い方で表現していましたが。

コメント31件コメント/レビュー

安倍政権に関しては、その経済政策が国を疲弊させ、あきらかに失敗しているために迷惑千万ですが、その外交には一定の評価が相応しいと思います

まず、対ロシアに関しては、歴代の中でも、唯一、現実路線に転換し、距離を知事メタ内閣であると評価します これまでの、領土問題を解決したら、仲良くしましょう「四島返還、講和条約」から、まずは、仲良くなって、一緒に領土問題を解決しましょう、は相手にも受け入れが可能であると読んだ上で、敢えて、欧州と米国の制裁中にオファーしたのは、良い意味で驚かされました ロシアも中国を牽制する意味で、日本と結べるという環境にあるとの読みも妥当だと思います

米国との同盟強化は、戦争方と呼ばれる安保法整備が必要であったのを、敢えて押し切って、リアリティーのある日本の自衛隊協力を理由として、米国に受け容れられる条件でオファーしたのは、国益に叶った外交手腕だったと思います まぁ、次の大統領がどちらになっても、そこら辺は弱くなる可能性は否定できませんが、ここでの同盟強化無しで、大統領が替わることになるよりは、ずっとましでしょうから

豪州との準同盟関係では、中国の干渉によって一歩後退を余儀なくされたのは、とても残念でした しかしながら、フランス製だとしても、中国海軍のインド洋への出入りを監視できる体制をエシュロンのプライマリー国である豪州が持つ意味は大きいと思うので、現在の親中と言われる豪州首相にも、粘り強く、アプローチし続ける大人の外交が必要だと思います

こう観ていくと、韓国の存在が非常に小さいことが明らかになります しかしながら、そこは、隣国 情報の収集と分析を怠ること無く、我が国にとって、出来る限り国益に叶う動きを取らざるを得なくなるよう、計算して狡猾な外交、経済協力を実行し続けることが肝要だと思います 安倍政権では無理でしょうが、その次の政権は、中国との外交と出来る限りの無害化が一つの焦点となると考えます(2016/06/04 09:59)

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「日本の「被害者なりすまし」を許すな」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

日本経済新聞社編集委員

1977年、日本経済新聞社に入社。ソウル特派員(87~92年)、香港特派員(99~2003年と06~08年)などを経て、04年から05年まで経済解説部長。02年度ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

安倍政権に関しては、その経済政策が国を疲弊させ、あきらかに失敗しているために迷惑千万ですが、その外交には一定の評価が相応しいと思います

まず、対ロシアに関しては、歴代の中でも、唯一、現実路線に転換し、距離を知事メタ内閣であると評価します これまでの、領土問題を解決したら、仲良くしましょう「四島返還、講和条約」から、まずは、仲良くなって、一緒に領土問題を解決しましょう、は相手にも受け入れが可能であると読んだ上で、敢えて、欧州と米国の制裁中にオファーしたのは、良い意味で驚かされました ロシアも中国を牽制する意味で、日本と結べるという環境にあるとの読みも妥当だと思います

米国との同盟強化は、戦争方と呼ばれる安保法整備が必要であったのを、敢えて押し切って、リアリティーのある日本の自衛隊協力を理由として、米国に受け容れられる条件でオファーしたのは、国益に叶った外交手腕だったと思います まぁ、次の大統領がどちらになっても、そこら辺は弱くなる可能性は否定できませんが、ここでの同盟強化無しで、大統領が替わることになるよりは、ずっとましでしょうから

豪州との準同盟関係では、中国の干渉によって一歩後退を余儀なくされたのは、とても残念でした しかしながら、フランス製だとしても、中国海軍のインド洋への出入りを監視できる体制をエシュロンのプライマリー国である豪州が持つ意味は大きいと思うので、現在の親中と言われる豪州首相にも、粘り強く、アプローチし続ける大人の外交が必要だと思います

こう観ていくと、韓国の存在が非常に小さいことが明らかになります しかしながら、そこは、隣国 情報の収集と分析を怠ること無く、我が国にとって、出来る限り国益に叶う動きを取らざるを得なくなるよう、計算して狡猾な外交、経済協力を実行し続けることが肝要だと思います 安倍政権では無理でしょうが、その次の政権は、中国との外交と出来る限りの無害化が一つの焦点となると考えます(2016/06/04 09:59)

官邸もホワイトハウスも、今年の外交日程を織り込んで戦略を練り上げています。
広島については、当然ながら中共のリアクションも織り込み済みです。
安倍首相は、そこまで踏み込んで米側と事前協議し、広島を演出しています。
G20で中共が南京を持ち出してくるならば、中共には特段の用心が必要でしょう。
どこからか「南京虐殺が史実かは疑問の余地がある」などとコメントが飛び出してくると、
中共はホストとしてメンツを失うばかりでなく、中共の正統性自体を脅かされかねません。
どうなるでしょうか。(2016/06/02 19:41)

「韓国メディアにとって事実はさほど重要ではありません。読者に喜怒哀楽の材料を提供することが彼らの仕事なのです。」と、言いつつも、日本においても「喜怒哀楽の材料(読み)」を「提供する(売る)」ことを「社名」にしている新聞社もあるくらいで、それが国際的にもメディア産業の本質である。別に韓国においてのみ成立する構図とは決して言えない。この筆者自身、このシリーズ記事を自己の「卑韓願望」投影の銀幕として大いに活用していると感ずる。事実はさほど重要ではないからなのだろう。偏見から自由になるには多大な労力を要するはずだ。(2016/05/28 23:06)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

すきま時間を活用できることに気づいた消費者は、時間価値をかつてないほど意識している。

松岡 真宏 フロンティア・マネジメント代表