• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「第2次朝鮮戦争」を前に日米を裏切る韓国

文在寅政権は早くも北朝鮮に引きずり回され始めた

2017年6月5日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント38件コメント/レビュー

>文在寅政権は反米政権です。米国の神経を逆なでする数多くの公約を掲げて当選しました。米国と敵対する以上、中国に傾かざるを……
とあるがタイトルの日米を裏切る韓国というのは少し趣き変えると、既に南朝鮮は敵性組織・敵性国家だから裏切りですらないともいえる。

中国が南朝鮮にTHAAD配備基地の現場視察申し入れをした。THAADは運用を米軍・南朝鮮は土地提供だけであり、即拒否が当然の話だがどうも即拒否せずに蝙蝠交渉するようだ。この件程度なら鈴置氏も記述可能と思う。
中国もだが、特に米国が北朝鮮対応の際「南朝鮮に利益を与えない」意思が窺えるが、この考察記述は無理だろう。

共謀罪(テロ等準備罪)が今日6/15早朝に参院本会議通過。今年2月頃は外患罪と並び共謀罪も触れたらほぼ確実に掲載拒否してたが、現在反日側に都合悪いものだと掲載拒否を繰り返す状況は少しは改善されているかどうか?
コラムでの鈴置氏の踏み込みの足らなさは、他のツイッターやブログ等での制約の少ない記事と比べ存在意義の喪失を感じるレベルだ。「反日側」の輩にとっては未だ不都合なコラムではあろうが、「日本側」にとっては率直に言って今後価値認めて貰えるか疑問だ(2017/06/15 12:44)

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「「第2次朝鮮戦争」を前に日米を裏切る韓国」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

日本経済新聞社編集委員

1977年、日本経済新聞社に入社。ソウル特派員(87~92年)、香港特派員(99~2003年と06~08年)などを経て、04年から05年まで経済解説部長。02年度ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

>文在寅政権は反米政権です。米国の神経を逆なでする数多くの公約を掲げて当選しました。米国と敵対する以上、中国に傾かざるを……
とあるがタイトルの日米を裏切る韓国というのは少し趣き変えると、既に南朝鮮は敵性組織・敵性国家だから裏切りですらないともいえる。

中国が南朝鮮にTHAAD配備基地の現場視察申し入れをした。THAADは運用を米軍・南朝鮮は土地提供だけであり、即拒否が当然の話だがどうも即拒否せずに蝙蝠交渉するようだ。この件程度なら鈴置氏も記述可能と思う。
中国もだが、特に米国が北朝鮮対応の際「南朝鮮に利益を与えない」意思が窺えるが、この考察記述は無理だろう。

共謀罪(テロ等準備罪)が今日6/15早朝に参院本会議通過。今年2月頃は外患罪と並び共謀罪も触れたらほぼ確実に掲載拒否してたが、現在反日側に都合悪いものだと掲載拒否を繰り返す状況は少しは改善されているかどうか?
コラムでの鈴置氏の踏み込みの足らなさは、他のツイッターやブログ等での制約の少ない記事と比べ存在意義の喪失を感じるレベルだ。「反日側」の輩にとっては未だ不都合なコラムではあろうが、「日本側」にとっては率直に言って今後価値認めて貰えるか疑問だ(2017/06/15 12:44)

確かに、根拠のない主張は、
「元々同じ考えだった人」
にしか理解されませんよね。

主張は様々でいい。と言うか、様々である事はむしろ前提ですよね。その上で、
「主張を支える根拠」
に関心があるのであって、主張そのものは根拠と比べると重要ではない。
ぜひ、根拠を添えた主張を聞きたいものですね。(2017/06/15 00:40)

「工作員でメシ食ってる人の論を聞いてもなあ・・・」という感想を書かれますよ。捨て台詞ではなく、根拠を書かないと鼻で笑われて終わりです。(2017/06/13 22:29)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

すきま時間を活用できることに気づいた消費者は、時間価値をかつてないほど意識している。

松岡 真宏 フロンティア・マネジメント代表