• ビジネス
  • xTECH
  • クロストレンド
  • 医療
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

から騒ぎに終わった米朝首脳会談

北朝鮮が非核化を受け入れれば米韓同盟は廃棄?

2018年6月12日(火)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

米朝首脳会談で合意文書に署名後、トランプ大統領の背に手を添える金委員長(写真:ロイター/アフロ)

前回から読む)

 6月12日、シンガポールで開いた史上初の米朝首脳会談は実質的な進展なしに終わった。

4項目で合意

米朝首脳会談が終わりました。

鈴置:6月12日午後1時40分過ぎ(現地時間)、トランプ(Donald Trump)大統領と金正恩(キム・ジョンウン)委員長は共同声明に署名しました。

 声明では、米国が北朝鮮の安全を保証する一方、北朝鮮は朝鮮半島の完全な非核化に向けた約束を改めて確認しました。

・President Trump committed to provide security guarantees to the DPRK, and Chairman Kim Jong Un reaffirmed his firm and unwavering commitment to complete denuclearization of the Korean Peninsula.

 そしてトランプ大統領と金正恩委員長はともに以下の4つの条項で合意しました。

1.The United States and the DPRK commit to establish new U.S.─DPRK relations in accordance with the desire of the peoples of the two countries for peace and prosperity.
2.The United States and the DPRK will join their efforts to build a lasting and stable peace regime on the Korean Peninsula.
3.Reaffirming the April 27, 2018 Panmunjom Declaration, the DPRK commits to work toward complete denuclearization of the Korean Peninsula.
4.The United States and the DPRK commit to recovering POW/MIA remains, including the immediate repatriation of those already identified.

コメント114件コメント/レビュー

「CVID」条項について共同声明の中に盛り込まなかった米国側の理由は①トランプ氏、米国政府が無能であるか、②「CVID」条項が必要なかったかの二択になる。

 米朝会談の開催原因である「DPRKがICBMのロケット運搬技術を保有する可能性が高まった。」という前提条件が変わらない状況で、「CVID」条項を盛り込まない共同声明が作成されたのであれば、いかなる理由があるにせよ、米国政府の米国民に対する「裏切り」であり、米国政府の国民に対する「生命と財産を守る」義務の放棄となる。

 バックグラウンドには、DPRKにICBM技術が無かったことが判明した ⇒ 「CVID」条項を盛り込む緊急性が無くなった ⇒ 中間選挙を優先することになった ⇒ DPRKと段階的な非核化を実施すれば良いことになった。という背景が推察される。(2018/06/18 17:40)

オススメ情報

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「から騒ぎに終わった米朝首脳会談」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

韓国観察者

元日本経済新聞記者。1995~96年ハーバード大学日米関係プログラム研究員、2006年イースト・ウエスト・センター(ハワイ)ジェファーソン・プログラム・フェロー。02年度ボーン・上田記念国際記者賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「CVID」条項について共同声明の中に盛り込まなかった米国側の理由は①トランプ氏、米国政府が無能であるか、②「CVID」条項が必要なかったかの二択になる。

 米朝会談の開催原因である「DPRKがICBMのロケット運搬技術を保有する可能性が高まった。」という前提条件が変わらない状況で、「CVID」条項を盛り込まない共同声明が作成されたのであれば、いかなる理由があるにせよ、米国政府の米国民に対する「裏切り」であり、米国政府の国民に対する「生命と財産を守る」義務の放棄となる。

 バックグラウンドには、DPRKにICBM技術が無かったことが判明した ⇒ 「CVID」条項を盛り込む緊急性が無くなった ⇒ 中間選挙を優先することになった ⇒ DPRKと段階的な非核化を実施すれば良いことになった。という背景が推察される。(2018/06/18 17:40)

「CVID」条項について、今回の共同声明の中に盛り込まなかった米国側の理由は、①トランプ氏のみならず、米国政府が無能であるか、②「CVID」条項が必要なかったかの二択になる。

 もし「DPRKがICBMのロケット運搬技術を保有する可能性が高まった。」という前提条件が変わらない状況で、「CVID」条項を盛り込まない共同声明が作成されたのであれば、いかなる理由があるにせよ、米国政府の米国民に対する「裏切り」であり、米国政府の国民に対する「生命と財産を守る」義務の放棄となる。

 「CVID」条項が必要なかった理由は何か?
  ⇒ DPRKがICBMのロケット運搬技術を保有してない。(数年以内に保有できない)

と米国政府が確認した、若しくは確信したということに他ならない。(2018/06/18 17:29)

バイアスをかけずに見れば、見えてくるものがあるのでないでしょうか?
そもそも米国は北朝鮮に対して譲歩するべきものは何もなく、北朝鮮が約束を守らないのでやる、というアリバイ作りの会談をすればよいだけであったし、会談前のトランプ氏の発言もそのようなものだったと思うのです。
それが、蓋を開けてみれば中途半端な合意をしてしまっている。これは、この前提を覆すほどであって早急に会談をまとめないといけないような話を、金正恩が持ち込んだとみなすべきではないでしょうか。
それは何かは予想するしかないのですが、私は、南朝鮮が北朝鮮を受け入れる形で、遠くない将来に統一がなされるという話をしたのではないかと思うのです。
もともと、文大統領はそういう感じの人ですし、合同訓練の中止や米軍の撤退は、統一朝鮮ができるのであれば合点がいきます。また、この情報が嘘かもしれないので、とりあえず制裁は続行して様子を見ると。まぁ、間違っているかもしれませんがね。
すくなくとも、ロシアゲートとか選挙がとか言ってる人は、何かはずしていると思います。
それならば強気に出てYesかNoかと迫ればよく、こんな消極的な合意をするはずがないからです。
個人的には、北朝鮮が北京にテポドンを打ち込み、それに呼応して習近平に反感を持つ人が反乱をおこして内戦状態になり、そのあとに瀋陽軍区と北朝鮮が合併してわれこそは中国である国号は清(仮)とか名乗って、中国だから核もっててもいいよね北朝鮮はなくなったので約束は反故、というのではと勝手に予想していたのですが、それよりは実現性が高いと思います。
いずれにしても転換期であることは間違いないので、ゴシップ的なものではなく、ありうる将来を片っ端から予測しておかないと、痛い目を見ることになると思うのです。(2018/06/17 23:50)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

断ればいいんです。値段を上げればいいんです。そうしないと労働時間の短縮なんて、できるはずないですよ

神津 里季生 連合会長