• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

中国にも凄んで見せたトランプ

国連の「強力な制裁」は引き出したが……

2017年8月9日(水)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

中国の銀行にも制裁を

はっきりと言ったものですね。

鈴置:でも、この発言が――「戦争を怖がってはいないぞ」と言い切ったことが、国連制裁への中国やロシアの賛成を引き出したと思われます。

 それまで、中国の外交関係者からは「トランプは口だけ。戦争に踏み切る勇気はない」と米国を甘く見る発言が聞こえていました。

 「死ぬのはお前だ」発言は一義的には北朝鮮向けですが、同時に中国向けの脅しでもありました。

 米国の議会やメディアも一気に強硬論に傾きました。共和党のガードナー(Cory Gardner)上院議員もCNNに寄稿した「Senator: How to really turn the screws on North Korea」(8月2日)で「言葉の時は終わった」(The time for words is over )と言い切っています。

 さらに「北朝鮮と取引する中国の金融機関などにも制裁を科すべきだ」とトランプ政権に要求しました。米国で盛り上がる「中国への制裁論」も、中国を対北制裁決議への賛成に向かわせたと思います。

 ガードナー議員は上院外交委員会・アジア太平洋小委員会の委員長を務める大物です。朝鮮半島問題にも詳しく、5月に訪韓しました。

 その際、韓国の国防長官に対し、THAAD(地上配備型ミサイル迎撃システム)を見直すなら米韓同盟を打ち切るぞと脅しました(「『第2次朝鮮戦争』を前に日米を裏切る韓国」参照)。

対話を呼びかけた国務長官

同じ頃「米国務長官が北朝鮮に対話を呼びかけた」との報道もありましたが。

鈴置8月1日の記者会見で、ティラーソン(Rex Tillerson)国務長官が「我々は北朝鮮の敵ではないと伝えたい」「北朝鮮と、その安全と繁栄を保障する未来をじっくりと話し合いたい」と述べました。原文は以下です。

  • we’re trying to convey to the North Koreans we are not your enemy, we are not your threat, but you are presenting an unacceptable threat to us, and we have to respond.
  • we would like to sit and have a dialogue with them about the future that will give them the security they seek and the future economic prosperity for North Korea, but that will then promote economic prosperity throughout Northeast Asia.

 米国の北朝鮮に対する基本方針は「圧力と対話」でした。北朝鮮が核武装に向け時間稼ぎに利用する対話には否定的ですが、対話を頭から拒否はしていなかったのです。

 「北朝鮮を潰す意図もない」ことを示すために、ティラーソン国務長官は5月3日、国務省職員への演説で、いわゆる「4つのNO」を約束しました。

 北朝鮮が核開発を放棄するなら(1)体制変更は求めない(2)金正恩政権の崩壊を目指さない(3)朝鮮半島の統一を加速しない(4)38度線(軍事境界線)を越えて北進しない――です。

 8月1日の会見でも「4つのNO」を繰り返していることから見て、ティラーソン国務長官は米国で盛り上がる強硬論の軌道修正を図ったと思われます。

コメント34件コメント/レビュー

北朝鮮が米国に付くという逆転の事態が面白そうだ。韓国は中国側。日本はどうしましょう。北と組んで韓国を挟み撃ちにしますか。でも、中国が出てきますね。古代の新羅を助ける唐対百済を助ける倭国の関係再来でしょうか。北朝鮮は自立心がありますが、韓国は自立する気概がまったくありませんから、面白いことになりますね。(2017/08/14 13:25)

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「中国にも凄んで見せたトランプ」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

日本経済新聞社編集委員

1977年、日本経済新聞社に入社。ソウル特派員(87~92年)、香港特派員(99~2003年と06~08年)などを経て、04年から05年まで経済解説部長。02年度ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

北朝鮮が米国に付くという逆転の事態が面白そうだ。韓国は中国側。日本はどうしましょう。北と組んで韓国を挟み撃ちにしますか。でも、中国が出てきますね。古代の新羅を助ける唐対百済を助ける倭国の関係再来でしょうか。北朝鮮は自立心がありますが、韓国は自立する気概がまったくありませんから、面白いことになりますね。(2017/08/14 13:25)

核もICBMもみんな除去って、地上軍が行かなければ無理ですよね?ありそうな所をみんな核でって、これも無理。じゃあ何方がその役割を?まさかの中共?
北だってほんとに核ミサイルを持っていれば反撃しますね。届く範囲でしょうけど。日本なら東京しかないかと。勿論、通常火力で南も。 でもその反撃命令は何方が?唯一の金さんしか出来ないんじゃないかしら?となったら、金さんを排除するのが手っ取り早くないですか?
金さんのギブアップは金王朝の崩壊と承知しているでしょうから、全力で死なばもろともと反撃する筈ですもん。(2017/08/12 22:21)

>PU239の純度96%以上なら作って保有してましたね(いまでも有って使えるかは知らないが)

東海村にあった兵器グレードのプルトニウムなら昨年米国に返還されています。

>なぜ北朝鮮?? 黒鉛炉なら日本にもありましたね(とっくに解体されましたが)

北朝鮮の核問題の発端が寧辺の黒鉛炉。(2017/08/12 17:59)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員