• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

読者の皆様からのフィードバック

早読み 深読み 朝鮮半島 中国にも凄んで見せたトランプ

レビュー

とても参考になった
 

94%

まあ参考になった
 

5%

参考にならなかった
 

0%

ぜひ読むべき
 

94%

読んだほうがよい
 

5%

どちらでもよい
 

0%

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。

北朝鮮が米国に付くという逆転の事態が面白そうだ。韓国は中国側。日本はどうしましょう。北と組んで韓国を挟み撃ちにしますか。でも、中国が出てきますね。古代の新羅を助ける唐対百済を助ける倭国の関係再来でしょうか。北朝鮮は自立心がありますが、韓国は自立する気概がまったくありませんから、面白いことになりますね。(2017/08/14 13:25)

核もICBMもみんな除去って、地上軍が行かなければ無理ですよね?ありそうな所をみんな核でって、これも無理。じゃあ何方がその役割を?まさかの中共?
北だってほんとに核ミサイルを持っていれば反撃しますね。届く範囲でしょうけど。日本なら東京しかないかと。勿論、通常火力で南も。 でもその反撃命令は何方が?唯一の金さんしか出来ないんじゃないかしら?となったら、金さんを排除するのが手っ取り早くないですか?
金さんのギブアップは金王朝の崩壊と承知しているでしょうから、全力で死なばもろともと反撃する筈ですもん。(2017/08/12 22:21)

>PU239の純度96%以上なら作って保有してましたね(いまでも有って使えるかは知らないが)

東海村にあった兵器グレードのプルトニウムなら昨年米国に返還されています。

>なぜ北朝鮮?? 黒鉛炉なら日本にもありましたね(とっくに解体されましたが)

北朝鮮の核問題の発端が寧辺の黒鉛炉。(2017/08/12 17:59)

>韓国から見れば「中国の核の傘」は「米国の核の傘」よりもはるかに信用できるのです。
核の傘に信頼性の違いがあるという指摘は、私にとっては盲点でした。

この理屈は主語を韓国→日本に置き換えても成り立ちそうですか、そのような心配は日本国内ではあまり大きな声にはならない。日本にとって中国とは共存すべきパートナーであって、日本の主人ではないという暗黙の了解があるからなのか?隨王朝の頃から、日本は中国は対等だと主張してきたから?何故だろう?

どちらにしても、日本は大陸側の勢力(中国/ロシア)と海洋勢力(アメリカ)の両方を敵に回した大東亜の二の舞だけは避けないといけない。米中等距離外交は大陸勢力と海洋勢力の両方を敵に回す危険がある。(2017/08/11 19:18)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長