• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

読者の皆様からのフィードバック

早読み 深読み 朝鮮半島 中国にも凄んで見せたトランプ

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。その他,コメントに関する諸注意はこちらをご覧ください。

北朝鮮が米国に付くという逆転の事態が面白そうだ。韓国は中国側。日本はどうしましょう。北と組んで韓国を挟み撃ちにしますか。でも、中国が出てきますね。古代の新羅を助ける唐対百済を助ける倭国の関係再来でしょうか。北朝鮮は自立心がありますが、韓国は自立する気概がまったくありませんから、面白いことになりますね。(2017/08/14)

核もICBMもみんな除去って、地上軍が行かなければ無理ですよね?ありそうな所をみんな核でって、これも無理。じゃあ何方がその役割を?まさかの中共?
北だってほんとに核ミサイルを持っていれば反撃しますね。届く範囲でしょうけど。日本なら東京しかないかと。勿論、通常火力で南も。 でもその反撃命令は何方が?唯一の金さんしか出来ないんじゃないかしら?となったら、金さんを排除するのが手っ取り早くないですか?
金さんのギブアップは金王朝の崩壊と承知しているでしょうから、全力で死なばもろともと反撃する筈ですもん。(2017/08/12)

>PU239の純度96%以上なら作って保有してましたね(いまでも有って使えるかは知らないが)

東海村にあった兵器グレードのプルトニウムなら昨年米国に返還されています。

>なぜ北朝鮮?? 黒鉛炉なら日本にもありましたね(とっくに解体されましたが)

北朝鮮の核問題の発端が寧辺の黒鉛炉。(2017/08/12)

>韓国から見れば「中国の核の傘」は「米国の核の傘」よりもはるかに信用できるのです。
核の傘に信頼性の違いがあるという指摘は、私にとっては盲点でした。

この理屈は主語を韓国→日本に置き換えても成り立ちそうですか、そのような心配は日本国内ではあまり大きな声にはならない。日本にとって中国とは共存すべきパートナーであって、日本の主人ではないという暗黙の了解があるからなのか?隨王朝の頃から、日本は中国は対等だと主張してきたから?何故だろう?

どちらにしても、日本は大陸側の勢力(中国/ロシア)と海洋勢力(アメリカ)の両方を敵に回した大東亜の二の舞だけは避けないといけない。米中等距離外交は大陸勢力と海洋勢力の両方を敵に回す危険がある。(2017/08/11)

 トマホークミサイルについて、海上自衛隊の護衛艦にはトマホークに対応する火器管制システムが搭載されていないので、単にトマホークを積むだけでは運用できない(艦の改修が必要)。

 また、トマホークの運用は単艦では不可能。トマホークは予め3D地図データを入力し、その画像データと自位置を照合しながら目標に突入するので、(地上基地の)攻撃計画を立案するセンターが目標データを護衛艦に伝達・指示し、護衛艦はそのデータを処理し(自艦から目標に至る諸元を)トマホークに入力する。

 日本に北朝鮮国内の攻撃目標のデータ入手は不可能だろうから、艦を改修しトマホークをアメリカから購入しても、アメリカから攻撃目標のデータをもらえなければトマホークは運用できない。

 また、既に指摘されているとおり、トマホークに航空機発射型はなく、核弾頭を搭載したタイプは既に退役している。

 さらに、戦術兵器のトマホークは亜音速で航行するので発見されれば対空兵器による撃墜は比較的容易。

 そもそも、戦略兵器たる北朝鮮の中距離弾道ミサイルに対し戦術兵器のトマホークは抑止力たり得ない。防衛省が本当にこんな素人レベルのことを検討しているのだろうか。(2017/08/11)

北朝鮮は核開発もICBMなどのミサイル開発も一切手放さないことは明らかですし、中国も本気で北朝鮮に圧力をかけることはないことも明らかです。加えて、米国もこのまま北朝鮮を見過ごせば、オバマ政権の時のように、シリアの毒ガス使用時にシリア政権を制裁しなかったこと、そしてロシアがクリミア半島やウクライナ東部を取った時に武力で対峙しなかったこと以上の悪影響を国際的に及ぼすことでしょう。例えば、NATOや日米安保など。
ということで、米国は近々に北朝鮮を攻撃するでしょう。あとは何を攻撃のトリガーとしているか、またはするのかだけの問題です。
日本国内は、マスゴミが以前として安倍内閣打倒のキャンペーン中で、全くもってまともな国際関係についての報道がないことが不満です。まあ、必要な情報は海外メディアとネットで見ることができるので個人的には問題ないですが。くどいようですが、それにつけても日本のメディアは質も内容も酷い。(2017/08/10)

>>日本が持っているプルトニウムでは核分裂爆弾は作れません。
PU239の純度96%以上なら作って保有してましたね(いまでも有って使えるかは知らないが)

>>兵器用のプルトニウムを作るのには専用の原子炉が必要です。例えば、北朝鮮の寧辺にあるような原子炉が。
なぜ北朝鮮?? 黒鉛炉なら日本にもありましたね(とっくに解体されましたが)
北朝鮮のもそうですが、専用と言うわけではなく建前は電気供給ですね(主がどっちかは知らない)
なお、日本にも高純度のプルトニウムを作れる炉は存在しますので、お忘れなく(2017/08/10)

>イージス艦には発射ランチャーも既に備わってます。

イージスシステム搭載艦は対弾道弾任務に就くので、ランチャーにトマホークを入れる余裕なんてありません。

>F15だってぶら下げられるでしょう。

空中発射式のトマホークは存在しません。
あと、自衛隊が装備しているF-15J/DJは制空型のF-15C/Dをライセンス生産したもので、対地攻撃能力はほとんどありません。

>それに日本はプルトニウムも捨てるほど持ってます。

日本が持っているプルトニウムでは核分裂爆弾は作れません。
混ざり物が入っているので。
兵器用のプルトニウムを作るのには専用の原子炉が必要です。
例えば、北朝鮮の寧辺にあるような原子炉が。

>恐らく日本がトマホークを持てば韓国も持つって言いだすことは間違いないです。

射程はトマホークほどではないけど、韓国は巡航ミサイルをすでに保有しています。
国産の玄武-3とか、空中発射式だと欧州製のタウルスとか。(2017/08/10)

しかし、戦争にしろ指導部の挿げ替えにしろ、北からの核とミサイルの撤去破却を担保
しうるのかどうか、最悪の場合

 現政権は倒れたが・・・労働党も無くなったが、 北は依然核とミサイルは手放さぬ
などと言うコトになったら悪夢ですね。こちら側には強制の手段が限られる。(2017/08/09)

我が国にとって朝鮮半島は疫病神であることを歴史上起こった事件を時系列順に再考察するべきである。清王朝の崩壊への序曲となった日清戦争、我が国の命運を掛けて戦った日露戦争の原因の何れも朝鮮半島であることを今こそ再認識する必要があると思う。また、日露戦争に負けたロシア帝国は我が国が戦費を借りたユダヤ銀行家達に仕組まれ、300年続いたロマノフ王朝は1918年3月にあっけなく崩壊し、1922年の世界発の共産主義国家ソビエト連邦の国家設立に繋がった。(2017/08/09)

民主党政権下で無残に失敗し、現在韓国で国の屋台骨をボロボロにしている米中等距離外交がまたぞろ首をもたげる状態になるのは勘弁してもらいたいですね。
改憲に向けた動きをした途端、メディアがなり振り構わず政権攻撃をしてきた状態を見るに、日本本土にミサイルが落ちて犠牲者でも出ない限り、改憲どころか米中とのバランス外交でとお花畑の論議に終始する事になりそうな気がします。
そもそも習近平すら恫喝するトランプ相手に米中を同列に扱ったらどういう結果になるのか、小学生でも判りそうなものですが、左派メディアにはその程度の想像力すら働かないでしょうし。
米中と同じ土俵に乗りたいので張れば、同程度の軍事力と外交力が無ければ単なる妄想の産物でしか無いのは、ここ数年の韓国政府がこれ以上ない程の喜劇として見せ付けてるはずなんですがね。(2017/08/09)

先週末の日経紙の1面に「日本も敵国基地攻撃用ミサイル配備の検討を始める」とありました。
その記事の中でも配備するならトマホーク・・」との記載。
トマホークなら自衛隊はいつでも配備は可能です。イージス艦には発射ランチャーも既に備わってます。F15だってぶら下げられるでしょう。
そしていうまでもなくトマホークは核弾頭搭載も可能。
これは中国や北朝鮮から見た場合、日本は攻撃用核ミサイルを配備している可能性があるという事を意味しますよね。いくら日本が核は持っていないと言っても、持っていないことを証明することなんてできませんからね。
それに日本はプルトニウムも捨てるほど持ってます。ミサイルの技術も持っています。
だからトマホークを配備する検討を始めたという一言だけで、核抑止力となるわけです。
恐らく日本がトマホークを持てば韓国も持つって言いだすことは間違いないです。そうしたら北も黙っていないでしょうね。。もっともそうなるまで両国が存在しているか不明ですけれども。(2017/08/09)

1. 北朝鮮が米国に先制攻撃することはない,しかし,核ミサイルの技術で外貨を稼ぎたい.
2.国連決議に賛成したところで,中露は北朝鮮を追い詰める保証はない,というより,追い詰めたりはしない.
ということは,米国は結局北爆するしかない,ということではないでしょうか?
となると,その時期はオリンピック開催前ではないでしょうか? なぜなら,北朝鮮はオリンピック期間中に選手団を実質的な人質にして盛大に発射実験を繰り返すことできるからです.(2017/08/09)

韓国が米国を離れ中国に傾けば、日本も動揺します……確かに世論、マスコミは動揺しよう。しかしこの場で何度か書かせていただいたように、政府はおりこみずみ、むしろ「期待」すらしていないだろうか。米国が「予定通り」半島から撤収しても、日本からも撤退し西太平洋を放棄することは考えづらい。むしろこれも再三書いている「新アチソン・ライン」構築を日本に求めるだろう。動揺した世論にのって日米同盟は強化され、極東米軍は効率的に再編成されよう。米国の半島全面撤収はむしろ東南アジア諸国を震撼させ、対米接近を加速させよう。
統一は先となっても、韓国は大陸側に復帰し、対日姿勢を強める。そうなれば危機感を高めた国内世論を背景に、自衛隊の強化が実施されよう。憲法改正も進むと思う。
また米国は中国に「恩を売れる」。日米にとっては「いいこと尽くし」に思える。その撤退の絶対条件としての北の完全非核化、朝鮮動乱の集結だと見ている。
しかし半島は「安定」するまい。経済制裁解除、中韓との関係改善で、北朝鮮には両国の文物と情報、人が流入しよう。そのことは必ずや、奴隷状態の人民を覚醒させ、体制を揺るがすはずだ。体制は長く持つまい。米国撤退、日本離間の状態で、半島の混沌化がはじまり、地続きの中国にも波及する。それこそ、米国の最終目標ではないだろうか。(2017/08/09)

我が国との関係も深い大手シンクタンクCSIS(Center for Strategic and International Studies:戦略国際問題研究所)のシニアアドバイザーのエドワード・ルトワック氏はトランプ政権の軍事アドバイザーでもあるらしい。日本国内の反日左翼勢力の常軌を逸した数々の政治活動と唯でさえ狂気の沙汰の見本ような北朝鮮の日米の対する数々の声明の内容を比べると、日本国内の反日左翼勢力と北朝鮮が連動して断末魔を迎えているようにも見える。習近平は北朝鮮と190万強の朝鮮族が居住する中国北東部を掌握出来ていない上、習近平と敵対関係にある江沢民に近く北朝鮮に留学経験もある張徳江が北朝鮮に関わる既得権を握っていると言われている。

朝鮮半島の体制がより不安定になれば、朝鮮半島とは陸続きで多くの人種問題を含む国内問題を抱える中国本土にも波及し、中国共産党政権崩壊の引き金になる可能性もあるように思う。人口減少に悩むロシアではあるが、元来狡猾なプーチン政権下のロシアが如何この問題を対処するか大変興味がある。(2017/08/09)

日本が米中等距離外交に向かうかなあ。民主党時代のようにマスコミが隠し通せばあるかもしれないけど、日本人の中共に対する拒否感ってけっこう根強い気がします。
民主党が支持を失ったのは、内政能力の無さもあるけど、外交感覚の決定的な欠落が大きな理由だと思うけどね。
中国が政権交代すれば等距離外交もありうるだろうけど、それは内戦前提でないとありえないので、結局日本はアメリカにオール・インするのではないかと。(2017/08/09)

> EEZ(排他的経済水域)にミサイルを撃ち込まれても「抗議する」と繰り返すだけの自国政府に、不満も漏らさない日本人とは大いに異なります。

排他的経済水域にミサイルが着弾するたびに、「その海域で漁をしていた漁船はいなかったのだろうか?」と疑問&心配していたのですが、そのような視点で報道するマスコミは一社もなく、それなのに、遠く離れた海外でオスプレイが墜落すると懇切丁寧に報道されます。

日本の漁師さんや船乗りさんの命には全く関心を示さない日本人、日本の政治家&マスコミの姿勢に、ものすごい不満と不安を感じます。

どう考えても、中国や韓半島の社会体制が今の日本より良いとは思えないのだが、何故、日本の政治家&マスコミは‥‥。

日本の国防についての議論は憲法違反ではないはずなのに、その中核となる自衛隊について憲法上明確化しようと言っただけで物凄い別件逮捕的反対キャンペーンが吹き荒れる現状から脱却し、憲法改正の提案が引っ込まないことを祈っている日本人の意見でした。(2017/08/09)

金が米中との核戦争を回避したいと考えているという前提には疑問が残ります。
さすがに刺し違えようとは思っていないとしても、自分の身の安全さえ確保できればやるかもしれません。朝鮮中央テレビの映像を見ても、金だけですからね、太っているのは。
自国民など気にもかけていないのでしょう。
その身の安全はどこで確保するかですが、イランへ逃亡とかはあり得ますかね?
イランなら北朝鮮よりも安全に自己の権力を行使できるのでは?(2017/08/09)

よく国内での不満をそらすために対外戦争を仕掛けると言われるが、
今のトランプ政権はまさにうってつけの状態といえる。
しかも戦争嫌いの民主党政権が続いたので、軍産複合体もうずうずしているはずだ。
てっきりさっさと攻撃を仕掛けると思いきや、ずいぶんと時間が経っている。
相手も侮り始めてもおかしくない。

とはいえ、考えてみるとこれはアメリカが初めて核を持つ相手と正面を切って戦う戦争になるかもしれない。
キューバ危機がまさに最初の核戦争危機だったが、何とかお互いが引くことで回避できた。
今回は相手が違うし国の存亡がかかる戦いになるので、核戦争リスクは高い。

翻って、今の日本にその準備と覚悟はできているか。
国会ではくだらないことに時間を費やし、メディアは近視眼的な偏向報道にうつつを抜かしている。
今国会で議論すべきは加計学園問題ではなく、安全保障問題だ。(2017/08/09)

国連の制裁決議はあっさりまとまったという印象だった。後付けで、米国が石油の禁輸を求めたが中国の反対で断念したという報道を知ったが、これは戦争に至るまでのステップだと感じる。中国に時間を与えたが動かず、国連制裁をするがこれも(おそらく)効果がない。米国としては「仕方なく」北朝鮮を攻撃するのだ、という他国向けの体裁を整える段階に入ったと認識している。
中国が北の核廃棄に動けば本記事のようなリスクはあるが、動かず戦争になればそれこそ米国主導で中国には損ばかりだ。ならば、少なくとも自ら動いた方が主導権を握れるはずなのだが、何故中国は動かないのか理解できない。中国内の派閥争いがあるにしろ、粛清は習氏の十八番だと思っていたのだが。
日本でも5月頃から急に「死者が多く出るからトランプは戦争できない」といった発言がネットで増えたことに常々疑問を感じていたが、中国や韓国の願望を投影したものだったのだろう。これはおそらくトランプ氏の耳にも入っており、それを受けての「死ぬのは向こう側」発言だと理解している。
金正男暗殺で北朝鮮を「世界の敵」にしないよう、日米共にマスコミの利害も一致するため激しく政権批判させているが、少なくとも米国の危機に米国民は騙されないだろう。日本は団塊世代を筆頭に、日本を嫌いな層が相当数いるためわからないが。(2017/08/09)

今日の報道で北は核の小型化に、成功しICBMに搭載できる核弾頭が60個存在するとのこと。
いよいよアメリカ本土への核攻撃が現実味を帯びて来ました。
この状態で果たして北爆とかできますかね?
民主主義国家がここで核攻撃の可能性を無視して攻撃を直ぐに出来るとはなかなか思えません。
北は遂に目的達成が見えた段階で引くわけないですから、危機はさらに進むのは確実でしょう。
アメリカがいつ迄強硬な姿勢で臨めるか疑問です。
まるで第二次大戦前の状況になってきていると思えるのですが?(2017/08/09)

ここにいる皆さんはもうご存知の事なので申し訳ないですが、

>>[ベッドミンスター(米ニュージャージー州)/北京 8日 ロイター] - トランプ米大統領は8日、北朝鮮が米国をこれ以上脅かせば「世界がこれまで目にしたことのないような炎と怒りに直面することになる」とし、同国をけん制した。トランプ大統領は記者団に対し「米国をこれ以上脅かさないようにすることが、北朝鮮にとり最善の策だ」と語った。

北朝鮮はグアム攻撃の準備を完了した。とか言い出すし。
日本国内の知識人が「戦争はコストが高すぎるからするわけが無い」と言っているのが空しくなってきます。
とにかく今は早く明日の記事が読みたいものです。(2017/08/09)

最初に苦言を呈しておきたい。このシリーズの最大の欠陥は、いつもいつも、「ちょうど良いところ」で「次回に続く」、となる点だ。鈴置編集委員と日本経済新聞社に対し、謝罪と賠償を求めたい。手始めに日本経済新聞社の前に変な銅像でも設置しようか…(笑)

というのは冗談として、鈴置編集委員の記事は、別に秘密情報が含まれているわけでもなく、あくまでも客観的に確認できる情報のみから理論構築されている。しかし、それでありながら、毎回、ここまで説得力のある記事を執筆するとは、大したものだと思う。

そして、このシリーズの社会的意義は、鈴置委員の鋭い見解自体が役に立つという点もさながら、「読者が現状を議論するための材料を提供する」ことにあるのだと思う。たとえば、中国は北朝鮮の核開発を、むしろ積極的に放置しているように見えるが、これについて鈴置委員は、「北朝鮮が米国の勢力下に入ることを防ぐ意図がある」と述べる。これと同様の見解は、CSIS上級アドバイザーのエドワード・ルトワック氏の名著「自滅する中国」の中でも触れられている。いわば、北朝鮮という「狂犬」を飼うことで、南朝鮮=韓国をコントロールする、というものだ。

こうした見解は、ある意味で正しいだろう。しかし同時に私は、中国がそのような意図をもって北朝鮮の核・大量破壊兵器開発を放置すれば、北朝鮮製の武器がイスラム過激派の手に渡り、ウイグル独立派とISILが結託して北京で爆弾テロを起こす可能性も相応に高いと見ている。いわば、中国は「策士、策に溺れる」を地で行く愚かな国なのだと思う。

いずれにせよ、鈴置委員の明日の記事も、待ち遠しくてならない。(2017/08/09)

河野外相が王毅外相に面と向かって米国の言いなりになるのかって脅される
映像がニュースで流れてましたね。
日本に米中等距離政策を目指せと露骨に圧力をかけてきたんだと思うけど。

日本が核を保有してれば米中等距離政策は成立するかもしれませんが、核なしだと
今の韓国と同じように米中両国の板挟みに陥るだけ。
中国が米国を越えた時米中等距離政策は破たんし、中国の属国になるしかないでしょう。


中国にとって軍事力で米国を越える超大国になる戦略において日本と米国の連携は最も避けるべき
事態だから、これから中国の日本に対する圧力は高まるのでは。(2017/08/09)

普通に考えれば、核による先制攻撃を公言すれば、自分も核による先制攻撃を受けるかもと考えるはずだけど、北はなぜ?
絶対にアメリカは北に核を使わない、反撃はともかく核による先制攻撃はしない、と信じる理由は何なのだろう?まさか核攻撃されても平気だという訳でもなかろうし・・・。
一応、相手方の攻撃が切迫していると判断できるなら、予防戦争自体は国際法上可能ですよね?(2017/08/09)

いつも共感していますが
> EEZ(排他的経済水域)にミサイルを撃ち込まれても「抗議する」と繰り返すだけ
はちょっとかわいそうかな?と引っかかりました。腰抜けに見えるのは仕方ないです。他国を侵略する戦力を保有していない=先制攻撃のオプションを持っていないのですから。
ところでトランプ氏の「リアルニュース」。北の報道番組の女性キャスターとやっていること一緒すぎて「案外オマエら似たもの同士だな」って笑っちゃいました。
運が悪いとこんなヤツらに巻き込まれて死ぬのか・・・ヤレヤレですな。(2017/08/09)

物事は最終的には”安定”に向かって動いていくから、長期的には朝鮮半島に中国の属国としての統一国家が生まれるか、中国が衰退して中国も朝鮮も民主主義国に変貌していくかのいずれか。
後者は考えづらいが、いずれにしても中国と朝鮮はDNA的に一蓮托生であろう。
その最終形に向かう過程にあって、現在は米国が攻撃を仕掛けるのが先か、やむなく中国が北朝鮮の制圧に動かざるを得なくなるかの米中間のチキンレースの最中にあると見るが、米国がギリギリまで脅しをかけて中国が動かざるを得ない状況となり、韓国も追従(離米)して日本にとっては望ましくない前者の最終形になっていくのではないか。
このタイミングで韓国に左派政権が存在していることが、歴史の流れを表していると思えてならない。(2017/08/09)

 北の核の問題は、日本や韓国をどちらの陣営に取り込むかの外交戦だとういうことですか。だんだんと各国の本音が顕わになってきましたね。ただ我が国は、米国との同盟は強固に維持し、その上で中国とも是々非々で付き合うのが現実的ではないかと思います。(2017/08/09)

どんどん具体的、直接的な言葉が並びだしました。
日本の特にテレビマスコミの報道では未だに平昌オリンピック開催前提の報道で戦争の認識もなく、文中にあるミサイルの着弾も早速無視しだしています。
日本のマスコミ報道は、日本の安全保障上、害悪にしかならなくなっている一つの証拠では無いでしょうか?

それはさておき、国連決議に何故、中露も賛成したのか不思議でしたが、米国の軍事介入容認発言が大きかったことで理解できました。
日本の報道ではティラーソン国務長官の発言を大きく取り上げ、それ以降を報道していないので、トランプ政権の弱腰印象しかありませんでした。
ですが、実際は真逆だったようですね。
しかし、ティラーソン国務長官も何故、このような発言をしたのか、強弱をつけるためか、それとも米国内の主導権争いの表面化か、解釈が分からないですね。

中国も解放軍と共産党の分裂が加速しているように見受けられるので、そう言うことを理解していないと、このコラムの米国と中国の立場も理解しにくいのでは無いでしょうか?

それにしても朝鮮動乱間近、それを感じる数少ないコラムの一つ、本当に貴重です。
引き続き、分析の公表をお願い致します。(2017/08/09)

> 米国人は日本が考える以上に怒っていますね。
> 鈴置:北朝鮮は「米国を先制核攻撃する」と公言しています(「朴槿恵は『北爆』を決意できるのか」参照)。その北朝鮮が米国まで届くICBMを保有したのです。当然、普通の米国人は、自分の身に及ぶ脅威は自らの手で取り除こうと考えます。

当然ですよね。
日本のプロ市民が
「トランプはヒトラーだ」「トランプは冷静になれ」「トランプはやらかしかねない。過剰反応をするな」
などと言っていますが、ミサイルで核爆弾を撃ち込まそうなときに「過剰反応」もクソもない。
日本のプロ市民は「アメリカ国民には自身の生命と財産を守る権利はない」と言っているようなものである。

日本のプロ市民は、日本政府の「テロ防止法案」成立にも反対していた。
朝鮮戦争が起きたとき、日本国内の工作員がテロを起こす可能性はかなり高い。
日本のプロ市民は「日本国民には自身の生命と財産を守る権利はない」と言っているようなものである。

また、茨城県龍ケ崎市で、有事の際に日本国内のミサイルが飛んできたときの防災訓練にも、日本のプロ市民は反対している。
このプロ市民は、「『お気持ち』なんか知らない 忖度しない集会・デモ」を行い、東日本大震災の犠牲者を悼む黙祷に反対し、日本の天皇制にも反対していという。

もうあきれはてて、言葉を失う。(2017/08/09)

いやぁ、私程度の人は、まだ
『アメリカ政府って本当に事態を理解してるのかな?』
と疑ってます。(2017/08/09)

コリア・ウォッチャーの鈴置氏が韓国の話を出さなくなった。

韓国が、アメリカ・中国から無視されるだけでなく

鈴置氏からも無視され始めるとは・・・

コリア・パッシングがどんどん進んでいますね。

これはいよいよ第二次朝鮮戦争も近いかもしれないな。(2017/08/09)

「国連決議を中露は守らない」は、私だけでなく日米の政治家もわかっているでしょう。国連決議に実質的な効果はないです。一方、「米韓同盟が破綻すれば日本も米中等距離へと動くかも」とのご意見には同意しかねます。むしろ「日米同盟がさらに強固になる」と思いますよ。何故なら、米国にとってアジアにおける同盟国日本の価値がさらに高くなりますし、中国の覇権に直接対峙することになる日本も米国の価値が高くなるからです。そんなことより、米韓同盟が北東アジアのリスクになっていることを鈴置氏は軽視しているのではないでしょうか?韓国をレッドチームに入れてしまえば、ソウルを火の海するかもしれない北朝鮮攻撃を躊躇する必要もないのですから。一番いいシナリオは韓国の大統領が中国の圧力によりTHAAD配備を撤回し、在韓米軍が撤退、米韓同盟が事実上消滅、米軍の北朝鮮攻撃、北朝鮮による韓国攻撃、北朝鮮消滅、中国による北朝鮮統治ではないかと。(2017/08/09)

毎回有り難く拝読致しています。

北朝鮮への経済制裁を中国が本気ではやらないロジックは色々ですが、鈴置さんの見方とは違う見方を書いておきます。
原則的に中国は統一国家ではありません。
まともな国だったら軍は国軍ですが、中国では中国共産党の私軍です。
政権内部では権力闘争が激化していて安定しません。
北朝鮮と国境を接する瀋陽軍区は習近平の勢力下では無く江沢民派が支配する地域です。
敵の敵は味方の理論で習近平に不利になれば何でもやります。
北朝鮮の処理の仕方を仕損じれば習近平政権の大きな失点で対アメリカでの立場も弱くなります。
(もうなっている。)
瀋陽軍区が習近平の言う事を聞くわけが無いのです。

朝鮮半島統一と米軍撤退は時間の問題だと思います。
アメリカは反共政策の最前線を板門店にしていますが、在韓米軍の駐留経費の高騰と韓国の反米工作に嫌気がさしている可能性があります。
(賞味期限切れと言う話は嘗ての鈴置レポートにも書かれている。)
北朝鮮の脅威が無くなれば駐韓米軍の存在意義が無くなりますのでアメリカは大喜びで半島から撤退すると思います。
残りは中国をどうやって叩くかですが、恐らく中国の現体制は10年もたない可能性があります。
歴史は繰り返しますが、レーガノミクスをもう一度やることになると思います。
嘗てはソ連を叩く為にアメリカは中国と裏で手を握りましたが、今度はロシアと握る順番です。
(実際にトランプとプーチンは話が合う。EUとの関係がぎくしゃくしているプーチンは此処でトランプに恩を売る価値は充分ある。)

米中等距離外交を図った(謀ったか?)ハトポッポを担いだ民主党政権は3年半で瓦解し、今は名前を民進党に変えていますが、遠からぬ将来に消滅する運命だと思います。
日本国民の民度は結構高いのです。(2017/08/09)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

企業や官公庁の幹部のメールボックスの内容が、まるごと数十万〜数百万円で売られている事例もある。

名和 利男 サイバーディフェンス研究所上級分析官