• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「金正恩すげ替え論」を語り始めた米国

中国は「その手」に乗るのか

2017年8月10日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ポンペオCIA長官は7月20日、「核と金正恩は切り離さなければならない」と語った(写真:AP/アフロ 2017年4月撮影)

前回から読む)

 米国で浮上する北朝鮮の体制変更論。それは米韓同盟消滅の伏線でもある。

CIA長官が言い出した

前回は「米国で金正恩すげ替え論が公然と語られ始めた」というところで終わりました。

鈴置:初めに「すげ替え」を語ったのはポンペオ(Mike Pompeo)CIA長官でした。7月20日、コロラド州でのシンポジウムの席でした。

 CNNの「CIA chief signals desire for regime change in North Korea」が伝えています。発言を引用します。

  • It would be a great thing to denuclearize the peninsula, to get those weapons off of that, but the thing that is most dangerous about it is the character who holds the control over them today,
  • So from the administration's perspective, the most important thing we can do is separate those two. Right? Separate capacity and someone who might well have intent and break those two apart.
  • As for the regime, I am hopeful we will find a way to separate that regime from this system,

 ポンペオ長官はまず、北朝鮮の核の脅威を核兵器そのものと、それを行使しかねない金正恩(キム・ジョンウン)委員長に2分しました。

 そのうえで、最大の危険要因である後者を前者から切り離そう――金正恩体制を転換しようと言ったのです。要は「金正恩の首をすげ替えよう」と主張したわけで、政府高官としては相当に思い切った発言です。

 ティラーソン(Rex Tillerson)国務長官の主張とは真っ向から対立します。国務長官は「金正恩体制の維持を保証するから核を捨てよ」と北朝鮮に呼び掛けてきました(「中国にも凄んで見せたトランプ」参照)。

斬首作戦は困難

なぜ、CIAの長官は国務長官と180度異なる意見を言い出したのでしょうか。

鈴置:中国などの反対で、北朝鮮に対する経済的な圧迫がうまくいかない。そんな中、7月4日と28日、ついに北朝鮮は米本土まで届くICBM(大陸間弾道弾)の試射に立て続けに成功した。

 ポンペオ長官はしびれを切らし軍事的な圧迫に加え、首をすげ替えるぞと金正恩委員長を威嚇するに至ったと思われます。

「首のすげ替え」なんて、簡単にできるのですか? テレビのワイドショーではしばしば「斬首作戦」が語られますが。

鈴置:簡単ではありません。「斬首作戦」とは秘密部隊が金正恩を急襲して暗殺する方法です。しかし、これは本人の居所が分からないと不可能です。もちろん、北朝鮮側も「大将」がどこにいるか悟られないよう徹底的に情報を統制しています。

 一方、米国の専門家が「金正恩のすげ替え」を語る際、北朝鮮の不満分子がクーデターを起こして金正恩体制を転覆する方法を念頭に置くことが多い。しかし、これも容易とは思えません。簡単にできるのなら、もう実行しているかもしれません。

 もちろん「クーデターを起こさせるぞ」と脅せば「誰が自分を裏切るのだろうか」と金正恩委員長が疑心暗鬼に陥り、体制が動揺するでしょう。

 でも「動揺」に期待するわけにはいきません。時間が経つほどに北の核武装の可能性が高まります。そんな状況下で、不確実なシナリオだけに賭けることは危険です。

コメント39件コメント/レビュー

どのような解決をするか。これはその後の体制の力関係の綱引き。
第2次大戦のヤルタ会談のように、列強が「その後」の交渉を既に行っていると考えるべき。
米・露・中 3カ国で綱引きがそろそろ終わるのでしょうか。
そこに勿論韓国は入るはずがありませんが、きっと我が国もないってはいないでしょう。

もしかすると、今回の突然の解散は「その後」処理を行うために安倍は米国と密約をしてきたのかも。
安倍が強固な政権を維持できれば、中・露と直接向かい合う事になる日本の核武装の約束をとりつけたのか?(2017/09/29 13:12)

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「「金正恩すげ替え論」を語り始めた米国」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

日本経済新聞社編集委員

1977年、日本経済新聞社に入社。ソウル特派員(87~92年)、香港特派員(99~2003年と06~08年)などを経て、04年から05年まで経済解説部長。02年度ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

どのような解決をするか。これはその後の体制の力関係の綱引き。
第2次大戦のヤルタ会談のように、列強が「その後」の交渉を既に行っていると考えるべき。
米・露・中 3カ国で綱引きがそろそろ終わるのでしょうか。
そこに勿論韓国は入るはずがありませんが、きっと我が国もないってはいないでしょう。

もしかすると、今回の突然の解散は「その後」処理を行うために安倍は米国と密約をしてきたのかも。
安倍が強固な政権を維持できれば、中・露と直接向かい合う事になる日本の核武装の約束をとりつけたのか?(2017/09/29 13:12)

北朝鮮が度々発射したミサイルが、実はウクライナ製の在庫がダブついた弾道ミサイルをロシア経由で密輸入していたことが発覚しましたね。
今年に入ってから北朝鮮のミサイル技術が急激に高度化したので、一体どうやって開発費用を捻出したのかが疑問でしたがこれで氷解です。

また、核弾頭も冷戦終了後に流出した旧ソ連製の弾頭を相当数入手、保有しているのではないでしょうか。

従って、北朝鮮の言う「アメリカが射程圏内に入った」は、実は本当の話で、今すぐにでもアメリカ西海岸へ向けて核ミサイル発射可能と考えて良さそうです。

中国も北朝鮮に対して弱腰にみえる対応だったのもこれで納得が行きます。(2017/08/16 23:59)

このお盆の時期、北朝鮮vs米国の緊張についての報道をいろいろ見ていたが、一触即発の米朝危機と呼ばれた1994年よりよっぽど状況は悪くなっている。当時の北朝鮮の、
『核不拡散条約からの脱退。からの核実験再開』
という状況に比べ現在は
『核弾頭開発完了かつ米本土へ届くICBMが現時点で最低で4発の在庫』
である。結局先方のペースで物事は運んでいるのだ。
もし1994年の牧歌的時期になんらかのお仕置きを北朝鮮に与えていたら、こんな風には運ばなかった。もうこれ以上看過すべきでないだろう。
このコメントを書いている8/16時点で、チンピラ的な脅しの応酬からトランプがトーンダウンさせてきたが、落としどころを見つけに入ったように思える。
しかしこれでは、後の世から「2017年危機のときに適切にお仕置きしておけば、こんな全面核戦争を免れたのに」と嘆かれることにならないか?
少なからぬ犠牲は出るだろうが、やるべきではないか?

過激だろうか?(2017/08/16 08:29)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長