• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

ついに「中立」を宣言した文在寅

北朝鮮の「グアム威嚇」でソウルが陥落した

2017年8月17日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

8月15日の「光復節」式典で文在寅大統領は、米国の対北攻撃は許さないと宣言した(写真:ロイター/アフロ)

前回から読む)

 北朝鮮による「米領グアム攻撃計画」を巡り、緊張が高まった1週間。それが一段落した時、米韓同盟が崩れ始めた。

米国の対北攻撃は許さない

第2次朝鮮戦争が始まるかと思いました。

鈴置:8月9日、北朝鮮が「グアムを攻撃する計画を練っている」と発表しました。それに対しトランプ(Donald Trump)大統領が激しく反発。世界のメディアも「すわ、戦争か」と大騒ぎしました。

 1週間後の8月15日、朝鮮中央通信が「米国の行動をもう少し見守る」との金正恩(キム・ジョンウン)委員長の発言を報じました。軍事的な衝突はとりあえず避けられたと世界は胸をなでおろしました。

北朝鮮はこの騒ぎで何を得たのでしょうか。

鈴置:米韓同盟の亀裂です。8月15日、文在寅(ムン・ジェイン)大統領は日本からの解放記念日「光復節」の式典で演説しました。ここではっきりと、米国の対北攻撃は許さないと宣言したのです。

 青瓦台(韓国大統領府)の「第72周年光復節祝辞」の関連部分を翻訳します。

  • 朝鮮半島で再び戦争を繰り返してはなりません。朝鮮半島での軍事活動は大韓民国だけが決めることができ、誰も大韓民国の同意なくして軍事活動はできません。
  • 政府は何があっても戦争だけは止めることでしょう。

 「戦争は絶対に止める」と言っているのですから、もちろん「軍事活動」つまり米国の先制攻撃にも同意しないわけです。

 米国は北朝鮮の核武装を阻止するためには、先制攻撃も選択肢の1つと公言しています。韓国はそれを認めないと言い出したのです。

日本の基地を使え

もし、北朝鮮がグアム沖にミサイルを撃ち込んだら?

鈴置:当然、米国は北朝鮮に反撃します。文在寅大統領の宣言によれば、在韓米軍基地を使っての反撃に対し韓国は「NO」と言うことになります。

 「どうしても北朝鮮を攻撃したいなら、グアムや日本の基地を使え」と米国に言うのでしょう。その際は「朝鮮半島の軍事活動は韓国が決める」と大統領が予め通告したではないか、と主張できるのです。

 すると、北朝鮮も韓国への攻撃は控えるかもしれません。韓国と戦闘状態に入らなければ、地上軍で攻められる心配がなくなります。かくして朝鮮半島は戦争に巻き込まれずに済む――と文在寅政権は期待しているのでしょう。

もし、北朝鮮が突然、韓国を侵攻したり、あるいはミサイルで攻撃してきたら?

鈴置:その際は、韓国は米国と一緒になって戦うしかありません。しかし現時点で、そんなケースはまずあり得ません。北は米韓に圧倒的な戦力差を付けられています。米韓同盟が機能する限り、北朝鮮が自ら滅亡する道を選ぶことはないでしょう。

コメント49件コメント/レビュー

もしも本当に中立を宣言した時、勝利時と敗戦時のシナリオはどうなるんだろう?
勝利時は、米国を中心とした臨時政府が出来、新しい北朝鮮が生まれるが、韓国は中立の立場だったので、朝鮮半島の統一は永遠になくなる。米国も余程の事がない限り、中国の緩衝地帯として、裏切った韓国と併合させることはまずないだろう。そのうち、韓国と中国の接触を断つため、韓国に対して攻撃的な国が誕生する可能性すらある。
敗戦時は、米国に対して北朝鮮が直接攻撃をした結果であり、米国は朝鮮半島から撤退し、韓国は北朝鮮に併合されるか、蹂躙される。
こんなところか?

韓国が逆に生き延びる選択肢には何があるのだろう?(2017/08/21 19:02)

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「ついに「中立」を宣言した文在寅」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

日本経済新聞社編集委員

1977年、日本経済新聞社に入社。ソウル特派員(87~92年)、香港特派員(99~2003年と06~08年)などを経て、04年から05年まで経済解説部長。02年度ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

もしも本当に中立を宣言した時、勝利時と敗戦時のシナリオはどうなるんだろう?
勝利時は、米国を中心とした臨時政府が出来、新しい北朝鮮が生まれるが、韓国は中立の立場だったので、朝鮮半島の統一は永遠になくなる。米国も余程の事がない限り、中国の緩衝地帯として、裏切った韓国と併合させることはまずないだろう。そのうち、韓国と中国の接触を断つため、韓国に対して攻撃的な国が誕生する可能性すらある。
敗戦時は、米国に対して北朝鮮が直接攻撃をした結果であり、米国は朝鮮半島から撤退し、韓国は北朝鮮に併合されるか、蹂躙される。
こんなところか?

韓国が逆に生き延びる選択肢には何があるのだろう?(2017/08/21 19:02)

可能性は低いと信じたいが、九日の建国記念日前に、なにか「記念大実験」をやる可能性もある。それを口実に米国はまさに九日の式典最中、式典会場をピンポイン攻撃するかも知れない。

ただし「アメリカを刺激しない程度」の中距離ミサイル実験などにとどめるとは思うが。

北の政権の「強味」は自国民を人質にとっていることだろう。いづとなるとかつての「人民委員」のように、人民を核その他で道ずれにしかねない。また崩壊後はまさにシリアなみの混乱になりかねない。

「潰すにつぶせない」ことも「強味」の一つだろう。
なんとか中国による「トップ処分」で納めて欲しいものだが。それが北の二千万人人民にとって、周辺各国にとってもベストだろう。(2017/08/21 06:02)

コメントに返答がついたが納得できないので反論

>北を破壊しで韓国から引き上げる時についでに韓国も攻撃して滅亡させませんか?

に対して疑問を書いた

>北にこれだけ躊躇してる国がなぜ韓国にはそうすると思うのだろう?

の答えが

>撤退する時に将来的に敵になる国をそのままにしますか?

ここで「韓国も攻撃して滅亡」という軍事主導的な感覚は、
日本人より中国人等が思い描く軍国日本や米国の行動原理に近い。

自分も「将来的に敵になる国をそのままにしない」所までは同意しますが
それが軍が攻撃というのは、韓国軍が米軍を攻撃した場合(実際は作戦行動を妨害含む)
以外ないであろうし、韓国を滅亡というのも飛躍しすぎ。
そこの所を読めずにココまでで説明を終えるのを見るに、
それ以降は当たり前の感覚なのであろうか?(2017/08/20 23:33)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

店長や売り場主任などの管理職は、パートを含む社員の声を吸い上げて戦略を立てることが重要だ。

川野 幸夫 ヤオコー会長