• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

「韓国外し」に乗り出した安倍政権

「談話」でうっちゃられた韓国の要求

2015年8月20日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

 「安倍談話」は韓国を完全に無視した。「韓国外し」の狼煙だ。

3つの言葉を要求した韓国

安倍晋三首相が8月14日に「戦後70年談話」を出しました。これに対し、朴槿恵(パク・クンヘ)大統領は「物足りない部分がある」と言いながらも、一定の評価をしました。

鈴置:韓国はもっと怒るべきなのですが……。なにせ「安倍談話」は韓国を完全に無視したのです。よく読むと、安倍首相の眼中に韓国という国など、一切ないことが分かります。

談話には「韓国」「植民地」という単語も入っています。それでも韓国を無視したというのですか?

鈴置:その通りです。まず、韓国とこの談話の関係を説明します。韓国は朴槿恵大統領が先頭に立って「河野談話」(1993年)と「村山談話」(1995年)で日本が打ち出した歴史認識を「戦後70年談話」でも継承するよう繰り返し求めました。

 柳興洙(ユ・フンス)駐日大使は4月22日、東京での講演で「植民地支配」「侵略」「反省」の3つの言葉を入れよ、と具体的な文言まで要求しました。

アジア人を元気づけた日露戦争

まず「植民地支配」という単語ですが、安倍首相は談話の中で使っていますよね。

鈴置:「戦後70年談話」の中で「植民地」は4つの段落に出てきます。以下、引用します。首相官邸ホームページの文章スタイルを踏襲しますが、読みやすくするため、段落の先頭は「・」で始めます。また、キーワードは太字にしました。

  • 百年以上前の世界には、西洋諸国を中心とした国々の広大な植民地が、広がっていました。圧倒的な技術優位を背景に、植民地支配の波は、十九世紀、アジアにも押し寄せました。その危機感が、日本にとって、近代化の原動力となったことは、間違いありません。アジアで最初に立憲政治を打ち立て、独立を守り抜きました。日露戦争は、植民地支配のもとにあった、多くのアジアやアフリカの人々を勇気づけました。

 この段落では「西欧の植民地化の波に日本だけが抗した」との文脈で使われています。韓国が要求した「日本の過去の悪行」としての「植民地」ではありません。正反対の内容です。

待望のシリーズ第6弾!
Amazon【朝鮮半島のエリアスタディ】ベストセラー1位獲得!
honto【外国の社会・文化】部門ベストセラー1位獲得!
「独り相撲」で転げ落ちた韓国

安倍首相の米議会演説阻止、日本の世界遺産登録は挙国反対……韓国の執拗な「終わりなき反日」が続く。これまで無関心だった日本人もさすがに首をひねる異様ぶりが際立つ。
事あるごとに日本叩きの共闘を迫られる米国も、もはや「韓国疲れ」。「対中包囲網」切り崩しを狙う中国も、日本の懐柔に動き、韓国は後回し。国内外で「独り相撲」を繰り広げ、韓国は土俵を転げ落ちた。
「二股外交」破綻の先の「中立化」そして「核武装」を見据える韓国が招く北東アジアの流動化。新たな勢力図と日本の取るべき進路を、見通す。

中国に立ち向かう日本、つき従う韓国』『中国という蟻地獄に落ちた韓国』『「踏み絵」迫る米国 「逆切れ」する韓国』『日本と韓国は「米中代理戦争」を闘う』 『「三面楚歌」にようやく気づいた韓国』に続く待望のシリーズ第6弾。8月17日発行。

コメント47件コメント/レビュー

これほど意味深い文章を久し振りに聞きました。
読み度に気付かされ、また、色々な方の解説で新たな視点も加わります。

韓国外しや欧米牽制と、ロシアにもシベリア抑留や敗戦時引き揚げの件で牽制していると思っています。
中国に対しても、台湾か共産党かをわざと明示してい無いのは感じられ、中国共産党への牽制と思っていましたが、そこに共産党と国民との分断の意図があるとは気付きませんでした。

引き続き次のコラムを拝読いたします。(2015/08/21 10:53)

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「「韓国外し」に乗り出した安倍政権」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

日本経済新聞社編集委員

1977年、日本経済新聞社に入社。ソウル特派員(87~92年)、香港特派員(99~2003年と06~08年)などを経て、04年から05年まで経済解説部長。02年度ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

これほど意味深い文章を久し振りに聞きました。
読み度に気付かされ、また、色々な方の解説で新たな視点も加わります。

韓国外しや欧米牽制と、ロシアにもシベリア抑留や敗戦時引き揚げの件で牽制していると思っています。
中国に対しても、台湾か共産党かをわざと明示してい無いのは感じられ、中国共産党への牽制と思っていましたが、そこに共産党と国民との分断の意図があるとは気付きませんでした。

引き続き次のコラムを拝読いたします。(2015/08/21 10:53)

従属変数にすぎない韓国を日本から積極的に交渉相手にしないという意味での「韓国外し」ですから、他国に働きかける性質のものじゃないことは明らかですね。
従前から鈴置さんが主張されていることを今後日本政府が明確に行うという意思表示を示したという意味もあるわけです。

方々で書いているのですが、この談話の原稿を書いた方は天才的な政治作文を行えると言えます。(2015/08/21 08:17)

意図して外しているわけではなく、考慮されていないだけでしょう。韓国は外交的に意味のある国ではありませんから。(2015/08/20 18:59)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

お客様が低価格に慣れてきている。

片岡 優 ジェットスター・ジャパン社長