• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

韓国の無神経な「中立宣言」に米軍が怒った

弾道弾が飛ぶ中、「墓穴」を掘る文在寅

2017年8月31日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

サーマン元司令官はVOAのインタビューで「米国は自分を守るのに、いかなる承認も必要としない」と答えた(写真:ロイター/アフロ 撮影は2013年、板門店で開かれた朝鮮戦争休戦60周年記念式典)

前回から読む)

 文在寅(ムン・ジェイン)大統領の「中立発言」が波紋を呼ぶ。その無神経さには米国も怒った。

韓国には拒否権がある

鈴置:8月26、29日、北朝鮮が相次いで弾道ミサイルを発射しました。そんな中、文在寅大統領の不用意な発言が注目を集めています。「なぜ、墓穴を自ら掘るのか」と、韓国ウォッチャーは首を傾げています。

「中立宣言」のことですね(「ついに『中立』を宣言した文在寅」参照)。

鈴置:その通りです。日本からの独立を祝う光復節の祝辞で、以下のように語りました。青瓦台(韓国大統領府)の「第72周年光復節祝辞」(8月15日)から引用します。

  • 朝鮮半島で再び戦争を繰り返してはなりません。朝鮮半島での軍事活動は大韓民国だけが決めることができ、誰も大韓民国の同意なくして軍事活動はできません。
  • 政府は何があっても戦争だけは止めることでしょう。

 北朝鮮の核武装を阻止するため米国がいつ先制攻撃するか、と緊張感が高まっています。そんな時に文在寅大統領が事実上「米国の北朝鮮攻撃に関しては韓国に拒否権がある」と主張したのです。

 そのうえで「米国の攻撃は体を張っても止める」とも語りました。それは「有事の際の中立宣言」でもあります。

 米国務省の定例ブリーフで、この発言に質問が集中しました。報道官は「拒否権」に関し答えを避けましたが、北朝鮮の人権状況を非難したため「異様な国の側に立つ韓国」とのイメージが世界に向け発信されました(「『世界の敵』とスクラムを組む韓国」参照)。

完全なミスリード

「中立宣言」は国民に対し「戦争は起きない」と安心させる狙いだった、と説明する韓国人もいます。

鈴置:韓国の左派系紙も「平和への意思を明らかにした」と賞賛しました(「ついに『中立』を宣言した文在寅」参照)。確かに、先ほど引用した演説では以下が続きます。

  • どんな紆余曲折があろうと、北の核問題は平和的に解決せねばなりません。この点で我々と米国政府の立場に違いはありません。

 「米国も韓国と同様、戦争するつもりはない」と強調することで国民により大きな安心感を与えるつもりだったのでしょう。

 でも、米政府は「戦争も辞さない」構えです。文在寅大統領の発言は完全なミスリードです。

 8月13日、マティス(Jim Mattis)国防長官とティラーソン(Rex Tillerson)国務長官は連名でWSJ(ウォール・ストリート・ジャーナル)に「We’re Holding Pyongyang to Account」を寄稿しました。もちろん米政府の公式見解で、ホワイトハウスのサイトに一部が転載されています。

 両長官は「平和的な圧力をかけている」と言いつつも「外交は北朝鮮の行いの方向を変える望ましい方法だが、それは軍事的な選択肢に支えられている」と威嚇しています。この部分の原文は以下です。

  • While diplomacy is our preferred means of changing North Korea’s course of action, it is backed by military options.

コメント60件コメント/レビュー

>我が国の大統領が恥ずかしい
格差是正のシングルイシューで選ばれたそうですが、それでも選んだ国民と持て囃した言論人の責任です。反省できますか?そんな大統領の支持率がまだ高いそうで、国民の意識の程度に唖然呆然。他人事なんですね。(2017/09/06 22:24)

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「韓国の無神経な「中立宣言」に米軍が怒った」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

日本経済新聞社編集委員

1977年、日本経済新聞社に入社。ソウル特派員(87~92年)、香港特派員(99~2003年と06~08年)などを経て、04年から05年まで経済解説部長。02年度ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

>我が国の大統領が恥ずかしい
格差是正のシングルイシューで選ばれたそうですが、それでも選んだ国民と持て囃した言論人の責任です。反省できますか?そんな大統領の支持率がまだ高いそうで、国民の意識の程度に唖然呆然。他人事なんですね。(2017/09/06 22:24)

この2国で談合するように日本は外交努力すべきです...
それだと、蚊帳の外の日本が何故口出しできると思うのか謎だな~と
※と言うか、現時点でも談合らしきことやってませんかね?

と、コメント読んでの感想(2017/09/04 12:21)

9/1に
>鈴置氏の連載を読む度に韓国がいかにも支離滅裂でいつでも内戦に陥りそうな印象で、
と、投稿された方にいくつか質問します。

鈴置氏の文章中に、引用されているニュースソースが必ず記載されています。
それを情報源といわないのならば、何を情報源と呼ぶのでしょうか。あなたの
おっしゃる「情報源の定義」をお教え下さい。

鈴置氏は必ず引用しているニュースソースについてリンクを張っています。
それがあれば発行部数を調べるのは、国際ニュースを大量に読んでいると豪語さ
れるあなたなら「簡単に」発行部数は調べられるでしょう。また、ニュースを読み
こまれているなら、信憑性などはご自分で判断できるのではないでしょうか。
それなのに、あなたが鈴置氏に当然のように信憑性を求める根拠をお示し下さい。

最後に、
>お仕事の関係で国際ニュースを毎日大量に読んでいる
あなたの、国際ニュースの発行元、3つほど、例示として3つほどお示しいただけま
せんでしょうか。もし、取捨選択するのが面倒というならばすべてのニュース元で
も構いません。

鈴置氏に要求する前に、あなた様が事例を示すことが当然でしょう。(2017/09/04 09:15)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

夢の実現にあたっては強く「念ずる」。そうした心構えを支えにビジネスの世界の荒波を渡ってきました。

後藤 忠治 セントラルスポーツ会長