• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

韓国は「帰らざる橋」を渡る

「非民主国家連合に参加」と世界から見なされた朴槿恵

2015年9月7日(月)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

ロイター/アフロ

 朴槿恵(パク・クンヘ)大統領が中国の抗日式典に参加した。韓国は米国陣営から中国側へと大きく踏み出した。この国は「帰らざる橋」を渡っている。

中国から盃

9月3日に北京で開かれた抗日式典――抗日戦勝70周年記念式典に朴槿恵大統領が参加しました。

鈴置:これで韓国は一気に中国側に寄りました。同盟国である米国の要請を無視し、その仮想敵の言いなりになったのです。韓国人は米中等距離外交を展開しているつもりです。しかし周りからは「中国から盃(さかずき)をもらった」と見なされました。

 韓国は米国とはまだ同盟を結んでいますから、北東アジアには実に奇妙な――米中対立が深まる中、米国の同盟国が中国と行動をともにするという奇妙な構図が出現したのです。

天安門の衝撃

天安門の壇上で習近平主席が演説しました。その真下の雛段で、朴槿恵大統領はプーチン大統領と並んで演説に聞き入りました。

鈴置:そんな3ショット映像を見た多くの人から、質問が寄せられました。海外の研究者、外交官を含みます。

 「韓国は米国から離れてやっていけるのか」「米国はどんな罰を韓国に与えると思うか」――など、韓国の「離米従中」に首を傾げる声ばかりでした。

 欧州や米国では「離米従中」はあまり知られていませんでした。これを機に世界での韓国のイメージはがらりと変わると思われます。神戸大学大学院の木村幹教授は以下のように語っています。

  • 朴槿恵大統領が習近平主席だけではなく、プーチン大統領とも天安門で並んだ映像が流れたことで米欧、ことに欧州では韓国への違和感が一気に増すだろう。ウクライナ問題により、欧州などではロシアに対する不快感が増している。
  • 国際刑事裁判所(ICC)から逮捕状が出ているスーダンのバシル大統領も抗日式典に参加した。人権問題を重視する人々には、今回の式典はあたかも中露両国を中心とする「非民主主義国家連合」のイベントに映ったかもしれない。
  • そこに韓国が「主要メンバー」として参加したことは、国際社会における韓国の印象に少なからず影響を与えることになるだろう。

●軍事パレードを参観した注目の海外要人
 ロシア プーチン大統領
 韓国 朴槿恵大統領
 南アフリカ ズマ大統領
 モンゴル エルベグドルジ大統領
 カザフスタン ナザルバエフ大統領
 北朝鮮 崔竜海(チェ・リョンヘ)労働党書記
 スーダン バシル大統領
 国連 潘基文(バン・キムン)事務総長
 (注)欧米主要国は閣僚や駐中国大使らが参加

大好評シリーズ第6弾 早くも増刷出来!
Amazon【朝鮮半島のエリアスタディ】ベストセラー1位獲得!
honto【外国の社会・文化】部門ベストセラー1位獲得!
「独り相撲」で転げ落ちた韓国

安倍首相の米議会演説阻止、日本の世界遺産登録は挙国反対……韓国の執拗な「終わりなき反日」が続く。これまで無関心だった日本人もさすがに首をひねる異様ぶりが際立つ。
事あるごとに日本叩きの共闘を迫られる米国も、もはや「韓国疲れ」。「対中包囲網」切り崩しを狙う中国も、日本の懐柔に動き、韓国は後回し。国内外で「独り相撲」を繰り広げ、韓国は土俵を転げ落ちた。
「二股外交」破綻の先の「中立化」そして「核武装」を見据える韓国が招く北東アジアの流動化。新たな勢力図と日本の取るべき進路を、見通す。

中国に立ち向かう日本、つき従う韓国』『中国という蟻地獄に落ちた韓国』『「踏み絵」迫る米国 「逆切れ」する韓国』『日本と韓国は「米中代理戦争」を闘う』 『「三面楚歌」にようやく気づいた韓国』に続く待望のシリーズ第6弾。8月17日発行。

コメント50件コメント/レビュー

数年来、ドイツが中国に傾斜しています。実はドイツは北朝鮮にもかなりの輸出を続けています。ドイツ製の中古鉄道車両、自動車等の輸出が活況を呈しています。リサイクル輸出なので、経済制裁違反では無いようですが。ベルリン地下鉄の旧東独製老朽車は平壌に行きました。北朝鮮経済が持ちこたえている背後にはドイツの密かな対北朝鮮経済協力があります。少し前、離日したドイツ人記者は日常的に北朝鮮礼賛記事を書き続けていました。(2015/09/09 01:30)

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「韓国は「帰らざる橋」を渡る」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

日本経済新聞社編集委員

1977年、日本経済新聞社に入社。ソウル特派員(87~92年)、香港特派員(99~2003年と06~08年)などを経て、04年から05年まで経済解説部長。02年度ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

数年来、ドイツが中国に傾斜しています。実はドイツは北朝鮮にもかなりの輸出を続けています。ドイツ製の中古鉄道車両、自動車等の輸出が活況を呈しています。リサイクル輸出なので、経済制裁違反では無いようですが。ベルリン地下鉄の旧東独製老朽車は平壌に行きました。北朝鮮経済が持ちこたえている背後にはドイツの密かな対北朝鮮経済協力があります。少し前、離日したドイツ人記者は日常的に北朝鮮礼賛記事を書き続けていました。(2015/09/09 01:30)

パレードはすなわち共産党独裁国のそれそのままですね。北朝鮮やソ連と同じもの。そんな国を国際的に持ち上げるのはやはり間違いだと思います。武器こそ力。映画猿の惑星でミサイル信仰をしていた生き残りの人間たちのようです。(2015/09/08 17:25)

国民性から見て、「調子に乗る」のは間違いないですね。
在韓米軍には「本土」からは引き上げていただいて、竹島にTHAAD基地を配備していただきたいところです。(2015/09/08 10:55)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長