• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「中国のスワップ」を信じられなくなった韓国

それでも「海洋側」には戻らない

2016年9月8日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

米国のバイデン副大統領は日韓の“調停”に動いたが、日米に屈したと思われたくない韓国は、その労を公には認めない(写真:AP/アフロ)

前回から読む)

 突然、韓国が通貨スワップの締結を日本に頼んできた。中国と結んだスワップを頼りにできるのか、疑い始めたのだ。

中韓スワップは反故に?

8月27日、日韓両国が通貨スワップ再開で合意しました。

鈴置:厳密に言えば「再開に向け協議することで合意した」のですけれどね。

「日本のスワップなど要らない」と韓国は言っていました。態度を急に変えたのは、やはり米利上げ観測が原因ですか。

鈴置:韓国の政府もメディアもそう言います。でも、それは「誤魔化し」です。米国がいずれ利上げに動くことは前から分かっていた。韓国が日本に頭を下げてきた本当の理由は、中国との関係悪化です。

 7月8日、韓国は地上配備型ミサイル迎撃システム(THAAD=サード)の在韓米軍への配備を正式に認めました。中国は自分を狙う兵器として、絶対に認めるなと韓国に圧力をかけていました。

 THAADは習近平主席が直接、朴槿恵(パク・クンヘ)大統領に命じていた案件です。中国のメンツは大いに潰れました。

 中国はありとあらゆる手段を動員し「報復するぞ」と韓国を脅し上げました(「習近平の『シカト』に朴槿恵は耐えられるか」参照)。

 「環球時報が中国政府に建議した『5つの対韓制裁』」をご覧下さい。ここには「韓国が通貨危機に陥っても通貨スワップを発動しない」とは書いてありません。

■環球時報が中国政府に建議した「5つの対韓制裁」

(1)THAAD関連企業の製品の輸入禁止
(2)配備に賛成した政治家の入国禁止と、そのファミリービジネスの中国展開の禁止
(3)THAADにミサイルの照準を合わせるなどの軍事的対応
(4)対北朝鮮制裁の再検討
(5)ロシアとの共同の反撃

注)環球時報の英語版「Global Times」では「China can Counter THAAD Deployment」(7月9日)で読める。

 でも、「こんなに露骨に報復を唱えるのなら、スワップの約束も反故にするのではないか」と、市場関係者なら誰もが考えます。それを一番懸念しているのは、韓国の通貨当局と思います。

 ただ素直にそう言えば、日本に足元を見られると韓国は警戒しているのでしょう。一方、「米利上げ」を理由にすれば、これは日本にも影響のある話ですから「日韓双方のためのスワップ」と言い張れると考えたと思います。

コメント36件コメント/レビュー

「韓日スワツプ」のコメント方。国家予算、日本200兆円 vs 南コリアン20兆円の事実を知ら無いでか?。
米国CIA報告に掲載されている。
因みに東京都予算10兆円、コリアン・パチンコ売上20兆円・・・。南コリアンは其の程度の国。

別に、日・南コリアンとスワツプする必要何か未来永劫無い。(2016/09/12 16:46)

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「「中国のスワップ」を信じられなくなった韓国」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

日本経済新聞社編集委員

1977年、日本経済新聞社に入社。ソウル特派員(87~92年)、香港特派員(99~2003年と06~08年)などを経て、04年から05年まで経済解説部長。02年度ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

「韓日スワツプ」のコメント方。国家予算、日本200兆円 vs 南コリアン20兆円の事実を知ら無いでか?。
米国CIA報告に掲載されている。
因みに東京都予算10兆円、コリアン・パチンコ売上20兆円・・・。南コリアンは其の程度の国。

別に、日・南コリアンとスワツプする必要何か未来永劫無い。(2016/09/12 16:46)

「友愛」(別名 工作員)さんへ
日本語の勉強、お疲れ様です。
一所懸命書かれたご意見を同じ愛読者として楽しく拝見しています。
まだまだ、修行が必要ですね。
せっかく鈴置さんの記事を読むなら、相手(鈴置さんや日本人)の立場で読む事をお勧めします。
日本語を学んでいるなら、できれば、日本を知り好きになって欲しいです。
日本人の心を知る上で、下記読書(入門編)をお勧めします。
1俳句・川柳:俳句を心で感じ、川柳で、その時代の気持ちを楽しんで下さい。
2韓国人著書:呉善花さん、シンシア・リーさん
韓国への愛(&憎)、日本への理解の共存例です。
3The New Korea:日帝時代韓国の「FACT=事実」をみて下さい。
4「逆説の日本史(伊沢元彦著)」:よくあるマルクス史観の日本史より楽しい読み物です。
5「失敗の本質」:日本人のダメさ加減を冷静に分析してます。
6李登輝台湾元総統の著書:併合時代の良き日本人のような方です。(当時の生き証人です。)
では、ヘン恨を持たないように、精進、ご自愛下さい。(2016/09/12 02:01)

今まで散々、韓国に対して日本に頭を下げさせたのは、日本政府官僚の馬鹿さもありますが
米の圧力で有る事は、公然の秘密って奴ですな

と書かれた方へのコメントです。
ナルホドそういう裏が有ったのですね。
納得できます。
ここに来て流石のアメリカも韓国の異常さに辟易したという事でしょう。
アメリカは韓国を見限る可能性が高いですね。(2016/09/11 01:42)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

変化を受け入れやすい組織体質があればビジネス上の“地殻変動”が起きた際にも、他社に半歩先んじられる。

井上 礼之 ダイキン工業会長