Winter Festa2017-2018

トランプは満座の中で文在寅を叱った

「北朝鮮側に立つ韓国」に堪忍袋の緒を切った米国

韓国は7日、ようやくTHAADの追加配備に応じたが…(写真は7月、米国での迎撃実験。提供:Courtesy Leah Garton/Missile Defense Agency/ロイター/アフロ)

前回から読む)

 トランプ(Donald Trump)大統領がツイッターで文在寅(ムン・ジェイン)大統領の対北融和姿勢を批判した。北朝鮮との対決を控え米国は、韓国の裏切りを許すつもりはない。

融和策は無意味だ

鈴置:驚きました。トランプ大統領が9月3日、以下のようにツイートしたのです。同日、北朝鮮が6回目の核実験を実施し、世界が一気に緊張に包まれた直後のことです。

  • South Korea is finding, as I have told them, that their talk of appeasement with North Korea will not work, they only understand one thing!

 「韓国はようやく分かってきた。私が言ってきたように、北朝鮮との対話などという融和策は意味がないことを。北朝鮮は1つのこと(核武装)しか頭にないのだ」

 このツイートには世界のメディアも驚きました。北朝鮮との戦争を始めるかもしれない時に、米国の大統領が同盟国の韓国を公然と叱りつけたからです。

ロイターもNYTも

 ロイター(Reuters)は「Trump rebukes South Korea after North Korean bomb test」(9月3日、英語版)との見出しで報じました。何と「rebuke」(叱責する)という単語を使ったのです。

 普通の読者はなぜ、トランプ大統領が韓国を叱責するか分からないと考えたのでしょう。ロイターは「文在寅大統領は国際的な対北制裁に参加はするが、核開発計画を巡る北朝鮮との対話にいまだ執心している」と付け加えました。

  • South Korea’s new president, Moon Jae-in, has argued for continuing dialogue with its neighbor over its nuclear program, while also supporting international sanctions.

 NYT(ニューヨーク・タイムズ)も「Why Trump, After North Korea’s Test, Aimed His Sharpest Fire at the South」(9月3日)で「トランプ大統領は大げさな非難の言葉を北朝鮮ではなく、韓国に向けた」と驚いて見せました。以下です。

  • President Trump aimed his most pointed rhetorical fire not at the renegade regime in Pyongyang, but at America’s closest partner in confronting the crisis: South Korea.

バックナンバー

著者プロフィール

鈴置 高史

鈴置 高史

日本経済新聞社編集委員

1977年、日本経済新聞社に入社。ソウル特派員(87~92年)、香港特派員(99~2003年と06~08年)などを経て、04年から05年まで経済解説部長。02年度ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

閉じる

いいねして最新記事をチェック

アクセスランキング

記事のレビュー・コメント

レビューレビューを投票する

とても参考になった
 

93%

まあ参考になった
 

4%

参考にならなかった
 

1%

ぜひ読むべき
 

92%

読んだほうがよい
 

5%

どちらでもよい
 

2%

いただいたコメントコメント61件

話し合いでは物事は解決しないって事を
このコメント欄が如実に示していますね

日本国内のネット上のひとつの記事のコメント欄でも
この状況なんですから
エゴを向きだしにした手の付けられない野蛮国家に対して
話し合いでの解決なんて到底望めないと思いますよ

それこそ
「グリーンジャンボ」「ドリームジャンボ」「サマージャンボ」「オータムジャンボ」「年末ジャンボ」
全ての宝くじで連続して一等を引くより低い確率では?(2017/09/14 13:53)

 もう韓国は「米国の盾」としての価値しかないと国際的にみなされているようだ。
 それは日本も似たり寄ったりではあるが、韓国は「信用の置けない盾」で、いつ裏切るか分からない。トランプ氏はそれを憂慮しているだろう。

 だからトランプ氏の希望としては、北朝鮮からの第一攻撃目標は韓国であって欲しいと思っているのではないだろうか。
 韓国が攻撃されれば米国には北朝鮮への攻撃の口実が出来る。
 北朝鮮への反撃は太平洋艦隊に任せて、在韓米軍は即時に韓国から脱出する。
 韓国は見殺しにされる。

 その結果として朝鮮半島が北朝鮮に占領されても米国は困らない。
 困るのは朝鮮半島から難民が押し寄せてくる中国と日本だけだ。
 韓国も困らない。そのときには韓国という国はもうないのだから。
 対中国の盾は韓国の分まで日本に任せれば良い。
 信用の置けない韓国の盾をいつまでも甘やかしておくよりは、沈黙した羊のように従順な日本に盾をすべて押し付けたほうがラクだ。

 日本は今のうちから、朝鮮半島から押し寄せてくる難民を水際で喰い止める準備をしておくべきだろう。
 海上保安庁、自衛隊、警察、全ての“腕力”を行使して。(2017/09/12 09:35)

>誰かがコメントしていた「これ以上の核拡散をどう防ぐか」といった、次の取り組みを議論していたほうがましでは。

これ以上の「核拡散」を防ぐには、軍事力を行使してでも北朝鮮の核を潰す以外に方法はないよ。
だって、これほどこの国際的に批判を浴び、大国が外交圧力を受けても北朝鮮は核開発をしちゃったわけだからね。
もしここでトランプがへたれたら、「核拡散」は一気に進む。(2017/09/12 00:31)

コメント(61件)を読む/書く

閉じる