• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

またも、スワップで日中を天秤にかける韓国

「通貨の戦い」を真田幸光教授と読む(2)

2016年9月16日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

スワップ再開の「日韓合意」は、前に進むのか(写真:ロイター/アフロ)

前回から読む)

 通貨スワップで日本と中国を天秤にかける韓国。でも、今度はそんなに上手くいくのか――。愛知淑徳大学の真田幸光教授と検討した。

「反日条項」は効果的

真田:「5年前、韓国は通貨スワップを『食い逃げ』した」という記事を読みました。そこで鈴置さんが、日韓スワップの契約期間を短くする――韓国に頻繁にロールオーバー(乗り換え)を強いるというアイデアを語りました。

真田 幸光(さなだ・ゆきみつ) 愛知淑徳大学ビジネス学部・研究科教授(研究科長)/1957年東京生まれ。慶応義塾大学法学部卒。81年、東京銀行入行。韓国・延世大学留学を経てソウル、香港に勤務。97年にドレスナー銀行、98年に愛知淑徳大学に移った。97年のアジア通貨危機当時はソウルと東京で活躍。2008年の韓国の通貨危機の際には、97年危機の経験と欧米金融界に豊富な人脈を生かし「米国のスワップだけでウォン売りは止まらない」といち早く見切った。

 「期間を3カ月とか半年に限っておき、天皇陛下を侮辱するなど卑日・反日をしたらスワップは延長しない」というこの手法は極めて効果的だと思います。スワップの契約に「反日したら中断する」との停止条項を謳っておくのも大いに意味があります。

 韓国が日本に寄ってきたのも「中国を怒らせたのでスワップが消滅する」との恐怖からです。これを見ても「短期契約」「反日条項」の効果が十二分にあることが分かります。

鈴置:日韓スワップはこれまで、自国通貨を貸し合う「円ウォンスワップ」が基本でした。しかし今回、韓国はドルを貸し合う「ドルスワップ」を結んでもらおうと必死になっているようです。なぜでしょうか。

「不平等だった」と不満

真田:韓国は今、とにかくドルが欲しい。日本円でもいいのだけれど、交換せずにそのまま使えるドルスワップの方がよりいい。

 通貨危機が再燃するかもしれないのに、2国間のスワップは人民元含めローカルカレンシーばかり、という奇妙な構造だからです(「韓国のスワップ」参照)。

韓国の通貨スワップ(2016年9月15日現在)
相手国 規模 締結・延長日 満期日
中国 3600億元/64兆ウォン(約560億ドル) 2014年
10月11日
2017年
10月10日
UAE 200億ディルハム/5.8兆ウォン(約54億ドル) 2013年
10月13日
2016年
10月12日
マレーシア 150億リンギット/5兆ウォン(約47億ドル) 2013年
10月20日
2016年
10月19日
豪州 50億豪ドル/5兆ウォン(約45億ドル) 2014年
2月23日
2017年
2月22日
インドネシア 115兆ルピア/10.7兆ウォン(約100億ドル) 2014年
3月6日
2017年
3月5日
CMI<注> 384億ドル 2014年
7月17日
<注>CMI(チェンマイ・イニシアティブ)は多国間スワップ。IMF融資とリンクしない場合は30%まで。
資料:ソウル新聞「韓国の経済体力は十分」(2015年2月17日)

 そこで韓国は「対等な形の新たな通貨協定」という名分を掲げ、ドルスワップを日本に要求しだしたのです。

 でも、この言い方は日本の金融関係者を不快にさせました。従来の日韓スワップこそ、日本にとって不平等なものだったからです。

 日本が通貨危機に陥る可能性はまあ、ないでしょう。が、仮にそうなった際、韓国から世界で使えないウォンを貰っても何の意味もない。

 従来の円ウォンスワップは、日本から韓国への一方的な恩恵でした。それを「不均衡」つまり「不平等」と言い募るとは、不愉快千万。これだけははっきり言っておきたい。

コメント53件コメント/レビュー

韓国に対しては、右翼とまでいかなくとも、色々と毛嫌いする意見が多いようです。
でも私は、歴史的背景もあるし、やはり隣の国であるし、感情は別として実利はきちんととれる関係は築くべきと思っていました。
しかし、軍事パレードでかの大統領が天安門に行った辺りから私も段々疑惑の気持ちを持ち始め、その後に起こった数々の出来事で呆れ果て、そしてスワップを放棄するとの韓国の言葉に、「ああ、ついに中国の傘下に入るんですね、行ってらっしゃい…」と思っていましたが…、、、
まさか、まさか、再びスワップを我が国に要求してくるとは…、、、
しかも形式上でも『笑顔で』『速く』『応じている』この事実は何なのだろうか。
もう共産圏に入ることを決意した国なのだから、あまりというか全く相手にしないのが一番だと思う。スワップ発動の時のお金って、我々の税金ですよね?
…もう、うんざりです…しかし、なぜこんなに簡単に日本は(自民党は)応じたのか…
只々唖然です。(2016/10/01 21:42)

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「またも、スワップで日中を天秤にかける韓国」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

日本経済新聞社編集委員

1977年、日本経済新聞社に入社。ソウル特派員(87~92年)、香港特派員(99~2003年と06~08年)などを経て、04年から05年まで経済解説部長。02年度ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

韓国に対しては、右翼とまでいかなくとも、色々と毛嫌いする意見が多いようです。
でも私は、歴史的背景もあるし、やはり隣の国であるし、感情は別として実利はきちんととれる関係は築くべきと思っていました。
しかし、軍事パレードでかの大統領が天安門に行った辺りから私も段々疑惑の気持ちを持ち始め、その後に起こった数々の出来事で呆れ果て、そしてスワップを放棄するとの韓国の言葉に、「ああ、ついに中国の傘下に入るんですね、行ってらっしゃい…」と思っていましたが…、、、
まさか、まさか、再びスワップを我が国に要求してくるとは…、、、
しかも形式上でも『笑顔で』『速く』『応じている』この事実は何なのだろうか。
もう共産圏に入ることを決意した国なのだから、あまりというか全く相手にしないのが一番だと思う。スワップ発動の時のお金って、我々の税金ですよね?
…もう、うんざりです…しかし、なぜこんなに簡単に日本は(自民党は)応じたのか…
只々唖然です。(2016/10/01 21:42)

かねてこの場で、米国は数年以内の半島全面撤収を画策していると書かせていただいている。今もその意見は変わらない。そして日本は多分米国の本音に従い、戦略的離韓を着々と進めているのだと思う。現政権は韓国政府に冷たいのではなく、意図的に距離を置いているのだと考えている。
ただしこちらから距離を置くのは、国際世論の疑義を招く。なので相手側から日本を攻撃させ、距離を置かせるように巧妙に仕組んでいるのではないだろうか。
秋の米大統領選は予断を許さぬが、年末にかけて米政財界はかなり混乱するだろう。その間のプーチン来日でもしもし北方領土問題が解決しかけたら、我々は半島南部橋頭保が完全に放棄出来る。中国に対しては北からの牽制が可能になるからだ。
無論対露接近は米国の顔色を伺いながら慎重に行う。米国の当面の敵はロシアではなく、実は肥大化しながら崩壊局面をむかえた中国だと言うことになれば、かつて米国が宿敵ドイツを倒すためにスターリン結んだように、日本とプーチンの協力を黙認または支援するだろう。
つまり共産中国が尖閣や南シナ海で不穏な動きを見せることは、大局的には日本の国益に結びついているのではないだろうか。そんな大きな流れの中で、やはり半島は大陸に返還し、大陸側の不安を和らげるコマであると考えている。(2016/09/24 13:28)

>日本国内の話では無く、二国間の話、つまり、国際問題なのです 他の国も観ている
>WSJ当たりが目にしたら、喜んで日本の「世論」として取り上げられる

この文章、見事に「儒教文化圏の思考方法」を表していて大変興味深いと感じます。
韓国には「声闘(ソント)」と呼ばれる文化があります。文字通り「声で闘う」、内容の如何を問わず相手を黙らせたほうが勝ちとなります。その際に自分を有利に見せるため、第三者である野次馬に「相手がいかに悪者で自分がいかに正しいか」を大声でアピールします(交通事故や夫婦喧嘩の際によく見られる光景で、私も日本国内で遭遇したことがあります)。ここで「何故無関係の赤の他人にアピールすることが有効なのか?」という疑問が生じますが、第三者の「世論」を借りる根本には「儒教には『神』が存在しない」ことがあります。どの民族にも宗教があり神が居り、神とは「真実を司る存在」です。儒教は早い段階で神のような超越的存在を否定してしまったので、「真実」を心理的に(=司法とは別に)担保する存在が無くなってしまいました。そのために中国・韓国の儒教文化圏では真実の重みが相対的に軽くなり、「世間・世論」により結論が簡単に動く社会となってしまったのです。
 「日本にも『世間の目』があるではないか」という向きもありますが、日本社会は「お天道様が見ている」という言葉があるように超越者の存在をうっすら感じており、なにより「言霊信仰」があるので真実に背くことを口にするハードルは高いと言えましょう。
 韓国での誣告罪率の高さ等を併せて鑑みるに、彼の国が国際問題で簡単にゴールポストを動かす理由は上記のような文化人類学的なものであると考察することも、相互理解の観点から一興かと思います。(2016/09/23 16:41)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

小池さんがこの言葉(排除)を述べたことで、「風」が変わっていきました。 ただし、小池さんが言ったことは正論です。

若狭 勝 前衆院議員