• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「ヒトラーと心中した日本」になる韓国

「姫!ご乱心」と叫ぶ保守メディア

2015年9月18日(金)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

前回から読む)

 中国とスクラムを組んで朝鮮半島を統一すると宣言した朴槿恵(パク・クンヘ)大統領。保守系メディアは必死で引き止める。だが、大統領に動じる風はない。その真意はどこにあるのだろうか。

米国と決別するのか

前回は朴槿恵大統領が「中国と協力し統一を目指す」と宣言。韓国の保守派が大慌て、という話で終わりました。

鈴置:大統領の発言は9月4日の、中国からの帰りの機中の出来事でした。翌日の9月5日から保守メディアが一斉に大統領に翻意を促しました。

 「中国頼みの統一は米国との決別を意味する」「米韓同盟を失い中立化したら、自由と民主主義を維持できない」などと、大統領に真っ向から反対したのです。

 9月5日、東亜日報はいち早く、そんな趣旨の社説を載せました。同紙はもともと軍事パレード――抗日戦勝70周年記念式典の目玉行事です――に大統領が参観することに反対していました(「統一は中国とスクラム組んで」参照)。

浮かれる時ではない

 同紙は9月10日にも社説で「大統領は急がず、長い目で統一外交を進めるべきだ」(日本語版)と訴えました。正確を期すために原文「幕が上がった統一外交、息長く推進を」(9月10日、韓国語版)からポイントを翻訳し、引用します。

  • 中国が血盟の北朝鮮を捨て韓国を選ぶ、という戦略的転換をしたと判断するのは難しい。韓国国内では具体的な統一方法に関し、共感が形成されていない。当事者である北朝鮮とも議論がない状況だ。
  • 北は「統一は我が民族の力だけで実現すべき、民族の一大事だ」と朴大統領の発言を批判し始めた。大統領の「東北アジア外交の主導」は息切れしている。
  • 朴大統領が任期内に目に見える形で統一の成果を出そうと、無理筋の手を打つのは望ましくない。

 中国から戻って来た大統領は突然、「統一だ」と叫び始めた。この国をどこへ連れて行くのか分からない――。こんな恐怖心を抱いたに違いありません。東亜日報は「そんなに焦らず、統一はゆっくり考えましょう」と大統領を諌めたのです。

 他の保守系メディアも大統領を抑え込みに入りました。軍事パレード参観に賛成していた朝鮮日報も9月7日、社説「韓中の『統一論議』、浮かれる時ではない」(韓国語版)を載せました。

 中国が北朝鮮を捨てる判断をしたわけでもないのに「中国と統一論議」などと浮かれるのは現実を見誤っている、との主張です。

大好評シリーズ第6弾 早くも増刷出来!
Amazon【朝鮮半島のエリアスタディ】ベストセラー1位獲得!
honto【外国の社会・文化】部門ベストセラー1位獲得!
「独り相撲」で転げ落ちた韓国

安倍首相の米議会演説阻止、日本の世界遺産登録は挙国反対……韓国の執拗な「終わりなき反日」が続く。これまで無関心だった日本人もさすがに首をひねる異様ぶりが際立つ。
事あるごとに日本叩きの共闘を迫られる米国も、もはや「韓国疲れ」。「対中包囲網」切り崩しを狙う中国も、日本の懐柔に動き、韓国は後回し。国内外で「独り相撲」を繰り広げ、韓国は土俵を転げ落ちた。
「二股外交」破綻の先の「中立化」そして「核武装」を見据える韓国が招く北東アジアの流動化。新たな勢力図と日本の取るべき進路を、見通す。

中国に立ち向かう日本、つき従う韓国』『中国という蟻地獄に落ちた韓国』『「踏み絵」迫る米国 「逆切れ」する韓国』『日本と韓国は「米中代理戦争」を闘う』 『「三面楚歌」にようやく気づいた韓国』に続く待望のシリーズ第6弾。8月17日発行。

コメント32件コメント/レビュー

鈴置氏の予想通りの進展ですが、加速度がついてきたように思えます。今更、THAADの導入は中国の怒りが恐ろしくてできないでしょうが、次は米韓軍事演習を続けるのか否かがリトマス紙となりそうです。米韓同盟が破たんすれば、韓国の属国化は間違いないので、日米は防衛ラインの早急な見直しが必要です。(もう既にやっているとは思いますが)(2015/09/18 20:37)

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「「ヒトラーと心中した日本」になる韓国」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

日本経済新聞社編集委員

1977年、日本経済新聞社に入社。ソウル特派員(87~92年)、香港特派員(99~2003年と06~08年)などを経て、04年から05年まで経済解説部長。02年度ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

鈴置氏の予想通りの進展ですが、加速度がついてきたように思えます。今更、THAADの導入は中国の怒りが恐ろしくてできないでしょうが、次は米韓軍事演習を続けるのか否かがリトマス紙となりそうです。米韓同盟が破たんすれば、韓国の属国化は間違いないので、日米は防衛ラインの早急な見直しが必要です。(もう既にやっているとは思いますが)(2015/09/18 20:37)

「文化的帰巣本能による従中」とは、このシリーズにしても随分刺激的な言葉を使うなあと思って続きを読むと、韓国保守派自身の言葉だったのですね。投稿ペースといい相当な危機感に駆られているのが分かります。でも結局は中国に吸収されてしまうのでしょう。日本としても嗤っている場合では全くない。対馬海峡を挟んで人民軍と対峙するまでにどれだけの時間が残されているか、何をすべきか、高みの見物ではない危機感を持った記事を期待します。(2015/09/18 19:26)

個人的には、思わぬ中途半端な今回のコラムの終了で次回が待ち遠しいです。

安全保障関連法案もほぼ予定通り可決で終わりそうですし、今まであまり協調的でなかった米国務省と国防省も、協調して一気に動き出すかもしれません。

様々な事柄を考えると、日本としては来年の6月頃までは、現状維持して欲しいでしょうが、その意図に反したいのか、中国の意図なのか、朝鮮半島の情勢を早く流動化しようとしているのが朴大統領という感じでしょうか。

安倍政権の考える今後の工程表は見え難いのですが、日本の国益が守られることを願ってやみません。(2015/09/18 18:46)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授