• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

朴槿恵は「北爆」を決意できるのか

5回目の核実験で浮上した「北朝鮮への先制攻撃論」

2016年9月29日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

マレン元・米統合参謀本部議長は9月16日、「自衛的な次元で北朝鮮を先制打撃し得る」と発言した(写真:ロイター/アフロ ※写真は2011年のもの)

 韓国軍が「北朝鮮への先制攻撃」をリークする。5回目の核実験の成功で、北朝鮮が近い将来に核兵器を実戦配備する可能性が高まったからだ。

北指導部を懲らしめる

9月9日、北朝鮮が5回目の核実験を実施しました。韓国はどうするのでしょうか。

鈴置:核武装論に勢いが付きました。その偽装版ともいうべき原子力潜水艦の保有論も広がっています。注目すべきは、北朝鮮への先制攻撃論が浮上したことです。

 戦術核の再配備を望む声が政界から上がりましたが、米国は応じてくれそうにない。韓国が自前の核を持とうにも、核弾頭も、第2撃能力――弾道ミサイルを発射できる潜水艦を造るにも時間がかかる。「目前の核」に対抗するには「先制攻撃しかない」との思いです。

 核実験当日のハンギョレの記事「早期に帰国した朴大統領『金正恩の精神状態、制御不能』」(9月9日、韓国語版)。小見出しを読むだけで「先制攻撃論」浮上の経緯がよく分かります。それを引用します。

  • 4時間前倒しで帰国し、会議を招集
  • オバマ、安倍と連続して電話
  • 「国内不純勢力」の徹底監視も注文
  • 政府は即刻、非常対策会議に突入
  • 「核武器の被害時には北指導部を直接、膺懲」

 ラオス訪問中だった朴槿恵(パク・クンヘ)大統領は北朝鮮の5回目の核実験に虚を付かれました。あわてて帰国し、オバマ(Barack Obama)大統領だけではなく、日本の安倍晋三首相とも電話で話しました。

嫌いな安倍とも通話

日本など「大嫌い」なはずなのに……。

鈴置:「北の核の実戦配備が間近になった。大丈夫か」と、韓国人は不安に陥りました。政府は国民を何とかなだめねばなりません。

 嫌いな安倍首相だろうが、使えるものは何でも使ったのでしょう。そんな空気の中、韓国軍も「北指導部を懲らしめる作戦計画」を発表したのです。

 軍は「大量膺懲報復(KMPR、Korea massive Punishment & retaliation)」と名付けました。関連部分を先の記事から引きます。

  • 政府は北朝鮮が挑発に出る場合は北の指導部を直接、膺懲するとの強硬な手段を掲げた。イム・ホヨン合同参謀本部戦略企画本部長はブリーフを通じ「北の核武器により被害が出る時には、北朝鮮の戦争指導本部を含む指揮部に直接、膺懲・報復する」と明かした。
  • また「同時に、大量で精密打撃ができるミサイルなどの攻撃戦力と、先鋭的な専門の特殊作戦部隊も運用することになる」とも語った。

 なお軍はこの計画を初めて説明した9月9日にはこれが「先制攻撃」であるとは明言しなかったようです。

 が、韓国メディアはすぐに「これは北が核を使う兆候を見せ次第、発動する先制攻撃計画である」と報じ始めました。軍のリークによるものでしょう。

コメント34

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「朴槿恵は「北爆」を決意できるのか」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

日本経済新聞社編集委員

1977年、日本経済新聞社に入社。ソウル特派員(87~92年)、香港特派員(99~2003年と06~08年)などを経て、04年から05年まで経済解説部長。02年度ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

トランプ政権のここまでの動きはスロー。

ジョセフ・ナイ 米ハーバード大学特別功労教授