• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

読者の皆様からのフィードバック

早読み 深読み 朝鮮半島 中国に「降伏文書」を差し出した韓国

レビュー

とても参考になった
 

96%

まあ参考になった
 

1%

参考にならなかった
 

1%

ぜひ読むべき
 

94%

読んだほうがよい
 

3%

どちらでもよい
 

1%

いただいたコメント

ご協力いただきありがとうございます。日経BP社は,読者の皆様からの投稿の内容につきまして,その信頼性,適法性などを一切保証いたしません。何らかのトラブルが発生した場合,日経BP社は一切,責任を負いませんので,皆様の自己責任においてご利用願います。

米国としては、日本という対中国、対北朝鮮の前線基地が有るので、韓国の動きは気にしていないのではないでしょうか。(2017/11/13 11:58)

>戦前非国民、今工作員ってとこか。
>工作員ポリスがいなければ
>このコメント欄もだいぶマシになるのだが。

某巨大掲示板的に言えば「ネタにマジレスかっこ悪い」ってだけの話に、戦前云々とか言うお前さんも大概だと思うなぁ・・・。(2017/11/13 03:45)

>戦前非国民、今工作員ってとこか。
>工作員ポリスがいなければ
>このコメント欄もだいぶマシになるのだが。

ご自分は自由を守る正義の味方のおつもりですか。「自分が絶対に正しい」という硬直した思考停止状態のお仲間は、マスコミなどにも多いようですね。

だれにとって「マシ」になるのでしょうか?考えてみたことありますか。(2017/11/12 22:33)

韓国は着実に中国の奴隷となりつつあることが改めて分かりました。米韓の同盟も首の皮一枚の状況では、日本は韓国が日本に今以上に牙を向け始めた場合の対応、つまり、対中国+韓国の観点での安全保障を考えるときかと思います。(2017/11/12 12:00)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

「タイム・トゥ・マーケット」で売らないともうからない。

栗山 年弘 アルプス電気社長