• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「北に先制核攻撃も辞さず」と言明した米国務省

「対話の時ではない。核放棄に向け北朝鮮を全力で圧迫」

2017年12月7日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

コメント98件コメント/レビュー

議論に抜けている点がありますね。北にはプロもいますがテロリストとして養成された人間もいます。日本のパスポートを持った北のテロリストが中近東で韓国機を墜落させたし、ラングーン事件なんてなのもありましたね。
別にテロリストに売らなくても、他国の船籍船にあちこちで乗せ換えて、発出地を隠ぺいした核を米国の港で爆発させるテロは考えられないかな?勿論、自爆もアリでしょう。
爆弾をテロリストに渡すにしても、別にプロが出張して取り扱いを教えながら使うって方法もあるし。3段階の起爆って言っても、それは爆弾の中ですることで、それは作り込まれているんじゃないの?マニュアル通りに安全装置を外せば、あとは起爆装置を作動させればいいんじゃないかしら?
反米と言う意味でイスラム戦士と北は親和性がありますから、それをイスラエルでも使いそうです。爆発後にどこの核か鑑定出来るのかな?(2017/12/15 00:50)

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「「北に先制核攻撃も辞さず」と言明した米国務省」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

日本経済新聞社編集委員

1977年、日本経済新聞社に入社。ソウル特派員(87~92年)、香港特派員(99~2003年と06~08年)などを経て、04年から05年まで経済解説部長。02年度ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

議論に抜けている点がありますね。北にはプロもいますがテロリストとして養成された人間もいます。日本のパスポートを持った北のテロリストが中近東で韓国機を墜落させたし、ラングーン事件なんてなのもありましたね。
別にテロリストに売らなくても、他国の船籍船にあちこちで乗せ換えて、発出地を隠ぺいした核を米国の港で爆発させるテロは考えられないかな?勿論、自爆もアリでしょう。
爆弾をテロリストに渡すにしても、別にプロが出張して取り扱いを教えながら使うって方法もあるし。3段階の起爆って言っても、それは爆弾の中ですることで、それは作り込まれているんじゃないの?マニュアル通りに安全装置を外せば、あとは起爆装置を作動させればいいんじゃないかしら?
反米と言う意味でイスラム戦士と北は親和性がありますから、それをイスラエルでも使いそうです。爆発後にどこの核か鑑定出来るのかな?(2017/12/15 00:50)

>鈴置コラムには北朝鮮情報と軍事的な常識が欠落しているから。

あなたは精通されているのかも知れませんが、北朝鮮情報は北の市民でもないと推測するしかありません。鈴置氏の推論に大きな欠陥がありますか?具体的にどうぞ。

軍事的な常識とやらも、評論家によって言うことが異なるので、何を常識とするかが大問題です。教科書に出ているレベルの話をしているのでしょうか?
あなたが考える具体的な常識を書いてみませんか。(あなたが軍事評論家だったら無礼を申しあげてスミマセンが)(2017/12/13 23:22)

 連続投稿失礼致します。
 ふと思い立って調べてみると、クリントン大統領の任期は1993-2001年で、小泉首相が訪朝して拉致被害者を連れ帰った2002年は「その後の時代」なのですね。
 小泉訪朝以前は「横田めぐみさんが拉致されたとは限らない」と堂々と論陣を張る人もいた時代があって、それがクリントン時代と共に終わったのですね。
 (2017/12/13 11:45)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授