• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「北に先制核攻撃も辞さず」と言明した米国務省

「対話の時ではない。核放棄に向け北朝鮮を全力で圧迫」

2017年12月7日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

韓国で過去最大規模の空軍演習を実施。“準備”は着々と進む(写真:ZUMA Press/アフロ)

前回から読む)

 米国務省が「北朝鮮への核攻撃も辞さない」と言い切った。「対話の時ではない」と北朝鮮の平和攻勢を拒否する姿勢も打ち出した。

米国と日韓を守るために

鈴置:国務省のアダムス(Katina Adams)報道官(東アジア太平洋担当)が12月5日、以下のように語りました。

  • トランプ(Donald Trump)大統領が優先順位の最上位に置くのは米国の本土と準州、そして同盟国を北朝鮮の攻撃から守ることだ。
  • 米国は通常兵器と核兵器のありとあらゆる能力を動員し、同盟国である韓国と日本を防衛するとの約束を完全に履行する。

 米政府が運営するVOAの質問に答えました。「国務省、北朝鮮の脅威には『核兵器を含むすべての能力を総動員……対話の時ではない』」(12月6日、韓国語版・一部は英語)で読めます。報道官の発言(英語)は次の通りです。

  • The President’s top priority remains protecting the homeland, U.S. territories, and our allies against North Korean aggression. We remain fully committed to the defense of our allies, the Republic of Korea and Japan, using the full range of our conventional and nuclear capabilities.

 VOAの「北朝鮮による米本土を攻撃する能力を阻止(deny)するために、最終的な手段として先制攻撃する可能性はあるか」との質問に「通常兵器も核もすべて動員する」と答えたのです。

 米政府が「核も使って先制攻撃する」と言明したのは初めてです。9月19日の国連演説でトランプ大統領が「totally destroy」(完全に破壊する)と核の使用を示唆したことはありました(「北朝鮮に『最後通牒』を発したトランプ」参照)。

 が、「核」という言葉を使って北朝鮮を脅したことは、私の知る限りありません。

コメント97件コメント/レビュー

>鈴置コラムには北朝鮮情報と軍事的な常識が欠落しているから。

あなたは精通されているのかも知れませんが、北朝鮮情報は北の市民でもないと推測するしかありません。鈴置氏の推論に大きな欠陥がありますか?具体的にどうぞ。

軍事的な常識とやらも、評論家によって言うことが異なるので、何を常識とするかが大問題です。教科書に出ているレベルの話をしているのでしょうか?
あなたが考える具体的な常識を書いてみませんか。(あなたが軍事評論家だったら無礼を申しあげてスミマセンが)(2017/12/13 23:22)

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「「北に先制核攻撃も辞さず」と言明した米国務省」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

日本経済新聞社編集委員

1977年、日本経済新聞社に入社。ソウル特派員(87~92年)、香港特派員(99~2003年と06~08年)などを経て、04年から05年まで経済解説部長。02年度ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

>鈴置コラムには北朝鮮情報と軍事的な常識が欠落しているから。

あなたは精通されているのかも知れませんが、北朝鮮情報は北の市民でもないと推測するしかありません。鈴置氏の推論に大きな欠陥がありますか?具体的にどうぞ。

軍事的な常識とやらも、評論家によって言うことが異なるので、何を常識とするかが大問題です。教科書に出ているレベルの話をしているのでしょうか?
あなたが考える具体的な常識を書いてみませんか。(あなたが軍事評論家だったら無礼を申しあげてスミマセンが)(2017/12/13 23:22)

 連続投稿失礼致します。
 ふと思い立って調べてみると、クリントン大統領の任期は1993-2001年で、小泉首相が訪朝して拉致被害者を連れ帰った2002年は「その後の時代」なのですね。
 小泉訪朝以前は「横田めぐみさんが拉致されたとは限らない」と堂々と論陣を張る人もいた時代があって、それがクリントン時代と共に終わったのですね。
 (2017/12/13 11:45)

>それに金正恩の立場になって考えてみろよ。いったい幾らなら核を売る気になれるか。
>国運をかけて開発したもんだぞ。その辺のテロリストが用意できる額にはならないと思うが。

 核を持った勢力が中央アジアや南米に出現し、北朝鮮と連携して米国や中国に脅しをかけるようになれば、北朝鮮にとって生き残りの目がでてくる、そのくらいの計画は金正恩も持っていると思いますよ。
 ですので、金正恩の立場になって考えれば、米国や中国など、いまの北朝鮮の敵を脅すのに使ってくれるなら、原価で売ってもいいと思っているのではないでしょうか。出来上がった核そのものだけでなく、実験データなどのノウハウもいい商材になるでしょう。

 コメント主の言及されているクリントン時代は、単に「米国の脅威ではない」ので放置しただけでしょう。当時は「ソウル市民に多大な犠牲が出るのを恐れた」という言い訳もできたでしょうが、現在は米国に直接の脅威があります。今まさに米国を裏切りつつある韓国に、米国の有権者は以前ほどの同情はしないでしょう。
 クリントン時代から20年経過し、その間、北朝鮮はすべての約束を破り続けてきたというのも考慮すべきでしょう。交渉・対話というのは、なにか約束をしたら守ってくれる相手でないと成立しません。

 (2017/12/13 11:33)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

組織を正しい方向に導き、 作り変えていける人が、優れたリーダーです。

ジェニー・ダロック 米ピーター・F・ドラッカー伊藤雅俊経営大学院学長