• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

米国務長官演説は「ハル・ノート」だ

ティラーソン発言を誤報し続けた世界のメディア

2017年12月28日(木)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

開戦するにも交渉が要る

なぜ、世界のメディアがそろって誤報したのでしょうか。

鈴置:「対話=妥協」との思い込みからでしょう。奇妙で危険な思い込みです。対話や交渉をしたからといって妥協するとは限らない。

 むしろ、妥協できないことを交渉の場で最終確認し、戦争に突入するケースが多い。太平洋戦争も湾岸戦争も、イラク戦争も開戦前に米国は仮想敵ときちんと交渉しています。

 比較的に冷静なBBCでさえ、今回は見誤りました。「北朝鮮と前提条件なく協議する用意ある=米国務長官」(12月13日、日本語版)で「ティラーソン氏の発言は、米国の方針転換を示しているとみられる。米国はこれまで、北朝鮮がまず核・ミサイル開発を断念することを要求していた」と書きました。

 この記事を読んだ人は「米国は北朝鮮に対する姿勢を転換し、核・ミサイル開発の断念を要求しなくなった」と受け止めたでしょう。とんでもありません。先に示したように、ティラーソン長官を含め米国は非核化要求を一切、降ろしていないのです。

 ただ、BBCもティラーソン長官の「非核化要求」をさすがに無視できなかったのでしょう。記事の後の方で「ティラーソン氏は、米国は『北朝鮮の核武装をまったく容認できない』と述べた」と書きました。

 でも、それでは前段の「方針転換を示していると見られる」部分と矛盾してしまう。そこで「対決から対話に姿勢を和らげるようにも見え……」という事実の裏付けのないあやふやな文章をくっつけ、誤魔化したのです。

トランプと対立の図式

なぜ、BBCまでが誤報したのでしょうか。

鈴置:BBCに限らず、ワシントンの記者たちが「ティラーソン国務長官とトランプ(Donald Trump)大統領が厳しく対立している」という図式で記事を書くからと思います。

2人は対立しているのですか?

鈴置:私には分かりません。でも北朝鮮問題に限れば「対立する大統領と国務長官」を報じる記事で、確たる事実をベースにしたものを読んだことがありません。

 それら記事に書かれたファクトを含め公開情報で見る限り、両者の「非核化」にかける基本姿勢に違いはありません。あるとすれば、ティラーソン氏が対話に積極的である一方、トランプ大統領が冷ややか、ということだけです。

 でも、それは当り前です。国務長官の仕事は米国の目標である北の非核化を外交的な手法――対話で解決することなのですから。

 世界のメディアは誤報の上塗りをしました。「方針転換」報道を受け、ホワイトハウスは直ちに「米国の姿勢に変わりはない」と強調しました。すると今度は「ホワイトハウスが国務長官発言を修正した」と一斉に報じたのです。

コメント88件コメント/レビュー

>実にフシギだよ。

 エエ加減にしてヤ。 

 そもそも、オレはこの記事に対して、米軍が北朝鮮を爆撃する前に、北朝鮮の後ろ盾の中国への根回しが出来たんですか? という疑義を唱えただけやデ。 根回しできたファクトがあれば、鈴置のオッサンがそれを書けばエエだけの話や。

 "中国(ロシア)の野心" についてオレはナンにも書いてないのに、一方的に持論を押し付けて来て、何がしたいン? コッチが "実にフシギだよ。"(2018/01/12 18:57)

「早読み 深読み 朝鮮半島」のバックナンバー

一覧

「米国務長官演説は「ハル・ノート」だ」の著者

鈴置 高史

鈴置 高史(すずおき・たかぶみ)

日本経済新聞社編集委員

1977年、日本経済新聞社に入社。ソウル特派員(87~92年)、香港特派員(99~2003年と06~08年)などを経て、04年から05年まで経済解説部長。02年度ボーン・上田記念国際記者賞を受賞。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

>実にフシギだよ。

 エエ加減にしてヤ。 

 そもそも、オレはこの記事に対して、米軍が北朝鮮を爆撃する前に、北朝鮮の後ろ盾の中国への根回しが出来たんですか? という疑義を唱えただけやデ。 根回しできたファクトがあれば、鈴置のオッサンがそれを書けばエエだけの話や。

 "中国(ロシア)の野心" についてオレはナンにも書いてないのに、一方的に持論を押し付けて来て、何がしたいン? コッチが "実にフシギだよ。"(2018/01/12 18:57)

>また長々と講釈した割には、結局、中国次第、ということですか…(ロシアと韓国もオマケでおるけど)

中国(ロシア)という国が隙あらば領土領海拡大に目がないという「現実」を指摘しているだけなんだが。

我が国だってターゲットだよ。

中国は我が国の固有の領土である尖閣諸島を領有権を否定し、挑発行為を行っている。

なぜ「現実」を直視できないのかな?

実にフシギだよ。(2018/01/12 03:36)

>一言忠告しておくと、ネットでの方言の使用って「イタい」と思われがちなので止めておいた方が良いとおもうよ。

 また長々と講釈した割には、結局、中国次第、ということですか…(ロシアと韓国もオマケでおるけど)

 (2018/01/10 11:59)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

私は町村合併はまったく解決になるとは思っていない。

和田 知士 高知県大川村村長