• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

人はなぜ遺影を飾るのか、動画は遺影になるか

国立歴史民俗博物館 日本の葬儀と死生観 山田慎也(5)

2016年5月14日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

いま日本の葬儀が急速に変わりつつある。と同時に「死」の受け止め方も変容しており、日本の葬儀と死生観はある意味で混乱期にあるという。民俗学の立場から、日本の葬儀と死の受容を見つめ続ける山田慎也先生の研究室に行ってみた!

(文=川端裕人、写真=内海裕之)

 葬儀のフィールドワークという非常に繊細で困難なことを長期間続け、民俗学に新境地を切り開いた山田さんだが、2008年に突然、転機が訪れた。

国立歴史民俗博物館准教授の山田慎也さん。机の上にある補聴器を使って取材に応じてくれた。
[画像のクリックで拡大表示]

「急に耳が聞こえなくなりまして、今も聞き取りがすごい苦手です。単にボリュームが落ちたんではなくて、子音が聞き分けにくいので、一日中、ヒアリングテストみたいな状態になりまして。補聴器をつけてお葬式に行くと、音楽を聞いてると思われるんですよ。それと、気配がわかんなくなっちゃって。お葬式の調査で、すごい神経遣うのは、どこに自分が立つかなんですよね。目立たないよう、気配を感じて、誰かがひそひそ言っていたら、あいさつをすべきか、むしろ、その場を避けたほうがいいのか、咄嗟に判断しながらやってきたんですけど、もう、それが本当に、耳が聞こえなくなったらできなくなったので、フィールドワークはあきらめて。でも、素朴にやりたいことをやるしかないのかなって思って、それではじめたひとつがこれですね──」

遺された影

 山田さんが、差し出したのは「近代における遺影の成立と死者表象」という論文の別刷りだ。

 遺影の成立、という言葉に意表をつかれた。

 遺影というのは、生前に撮られた写真を、死者の表象として飾ったもののことだ。

 遺された影、というのは、なんと絶妙な表現だろうか。

[画像のクリックで拡大表示]

 そして、「成立」と言われてあらためて気づくのは、写真が一般社会にも普及をしたのは20世紀になってからで、まだ百年そこそこの歴史しかないということだ。つまり、それより前、世界中のだれも、死んだ人をあらわすものとして「遺影」を使うことはなかった。

 今では葬儀の祭壇はもちろん、自宅の仏壇やそれぞれの宗教、信条に応じた場所に、近親者の遺影が飾られている場合は多いだろう。そして、その遺影に向かって「おじいちゃん」とか「おばあちゃん」とか話しかけたりもするわけだ。

 いったい遺影はいつ成立したのだろう。前回までの話とあちこちつながりつつ、すごく身近なのに謎に満ちた新たなテーマの出現である。

ナショナル ジオグラフィック日本版2016年4月号でも、独特な葬儀と死生観をもつトラジャの特集「インドネシア 亡き家族と暮らす人々」を掲載しています。Webでの紹介記事はこちら。フォトギャラリーはこちらです。

コメント3件コメント/レビュー

熊本県の天草です。この記事を興味深く拝見しました。私の地方には葬儀の時に葬儀の様子や親族親戚の集合写真を撮る習慣があり、現在でも続いています。3年前に父の葬儀を行ったのですが葬儀センターより祭壇や受付の様子、式の進行及び親族親戚集合写真など一連の写真集をいただきました。このような習慣は50年以上前の子供時代からあったと記憶しています。また、家にある100年以上前の古い遺影は写真ではなく肖像画になっています。祖父からは、当時は人が死ぬと絵描きさんを呼び寄せ、死んだ人の顔を見てもらい壮年の頃の顔を描かせそして着るものを選んで良い雰囲気が出る様にしたものだ、と聞いていました。
妻は長野県の諏訪の出身ですが、親戚の葬儀で私が写真を撮っていたらその場の親族より撮るものではないと叱られました。妻も初めて天草の葬儀や墓での様子あるいは初盆や盆の迎え方などに接した時にはその多くに驚いたようです。(2016/07/17 13:03)

「研究室に行ってみた」のバックナンバー

一覧

「人はなぜ遺影を飾るのか、動画は遺影になるか」の著者

川端 裕人

川端 裕人(かわばた・ひろと)

文筆家

1964年、兵庫県明石市生まれの千葉育ち。日本テレビの記者を経て作家に。『夏のロケット』が第15回サントリーミステリー大賞優秀作品賞、「SFマガジン」で「青い海の宇宙港」を連載中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

熊本県の天草です。この記事を興味深く拝見しました。私の地方には葬儀の時に葬儀の様子や親族親戚の集合写真を撮る習慣があり、現在でも続いています。3年前に父の葬儀を行ったのですが葬儀センターより祭壇や受付の様子、式の進行及び親族親戚集合写真など一連の写真集をいただきました。このような習慣は50年以上前の子供時代からあったと記憶しています。また、家にある100年以上前の古い遺影は写真ではなく肖像画になっています。祖父からは、当時は人が死ぬと絵描きさんを呼び寄せ、死んだ人の顔を見てもらい壮年の頃の顔を描かせそして着るものを選んで良い雰囲気が出る様にしたものだ、と聞いていました。
妻は長野県の諏訪の出身ですが、親戚の葬儀で私が写真を撮っていたらその場の親族より撮るものではないと叱られました。妻も初めて天草の葬儀や墓での様子あるいは初盆や盆の迎え方などに接した時にはその多くに驚いたようです。(2016/07/17 13:03)

葬儀写真集と言うものがあったとは。なかなか興味深いですが、それは生きてきた人が、過去の存在となる過程を「死期を認識した時点で」記録したからでしょうか。素材集めが始まった時点から後の写真だけで綴られた文書という事か?その人をしのぶ写真集であれば葬儀にまつわるもの以外にも誕生から生前の人生全般に関する記録を含めそうなものですが、写真が希少だった時代だからそうなのであれば納得できることで、本来なら生前の様々な記録も合わせてまとめて故人をしのぶ記録としたいのではないでしょうか。そういう記録と言う意味では、今の時代、ネット上にそうした故人の記録を保管する場所があっても良いように思いますが、どこかにあったりするのでしょうか。(2016/05/16 14:39)

世の中には、えっと驚くような事象を研究する人がいるが、とても面白く拝読した。
特に、最後の静止画と動画によって参列者の視点が変わる話、3番目の人のうろたえぶりが目に見えるようで面白い。
このコラムは初めて読んだが、バックナンバーと共に、これからの記事も楽しみに読んでみようと思う。(2016/05/14 19:31)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

日本の経営者は、経験を積んだ事業なら 失敗しないと思い込む傾向がある。

三品 和広 神戸大学教授