• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

共食いも胎盤も!サメは「繁殖様式のデパート」

沖縄美ら島財団総合研究センター 軟骨魚類学 佐藤圭一(3)

2016年7月30日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

このところ「サメに襲われた」というニュースをよく耳にする。2015年には日本でも目撃情報が相次いだ。だが、「怖い」というイメージのほかに、サメについて知る機会はとても少ない。そこで、頂点に君臨する海のハンターの素顔に迫るべく、世界屈指の研究所を率いる佐藤圭一先生の研究室に行ってみた!

(文=川端裕人、写真=飯野亮一(丸正印刷))

 沖縄美ら海水族館は、日本のみならずアジアから多くの観光客が訪れる世界的な飼育展示施設だ。

 水族館を管理運営している沖縄美ら島財団は、総合研究センターなる組織を持っており、その中の動物研究室は、まさに日本のサメ研究の中心地である。

世界のサメ研究をリードする佐藤圭一さん。

「ちょっと異例なほど、うちはサメの研究者が多いんです。動物研究室にも、5人くらいサメに関わっている研究者がいますし、それと水族館の側にも研究者がいて、衛星タグを使ってジンベエザメを追いかけるような研究をやっています。我々の方は、ホルモンを調べたり、組織を調べたり、ですね。まあ、サメの生物体から生態まで、網羅するような研究室って、世界的にもあまりないです」

 外から見ると水族館にくっついてる研究施設のように見えつつ、その実、独立した研究機関であり、サメ研究では世界をリードしている。中心的なテーマは、サメの繁殖生理。4億年前には地球上に存在していたというサメが、どのような繁殖の仕方を開発してきたのか、その多様性を佐藤さんは、「繁殖様式のデパート」と呼んだ。

多様な保育

「すべてとは言いませんが、あらゆる子どもの産み方がサメっていうグループの中には見られるんですね。こんな生物群は多分ほかにないと思いますね。やっぱり一番サメの繁殖で興味深いのは、親が子宮の中にいる子どもに対して、保育することです。その上、保育の仕方がすごく多様なんですよ」

 一昔前の知識なら、サメは卵生のものと胎生のものが両方いる、くらいでおしまいだった。胎生といっても、哺乳類とは違い、母体の中で守られつつも、卵殻の中で卵黄に依存して成長して、大きくなってから母体の外に出る「卵胎生」というものだろうと思われていた。しかし、世紀の変わり目から2010年代にかけて研究が大いに進み、むしろ、完全に卵黄に依存するタイプは少数派で、多くの場合、母体からなんらかの形で栄養を受け取っていることが分かってきたのだそうだ。おまけにそのバリエーションがものすごいのだという。

 このあたり、知識をアップデートするためにも、佐藤さんに解説してもらいつつまとめていく。

ナショナル ジオグラフィック日本版でも「海のハンター」シリーズとして、2016年6月号で「イタチザメに会いたい」を、7月号で「ホホジロザメ 有名だけど、謎だらけ」を、8月号で「大海原の王者 ヨゴレはどこへ?」を特集しています。あわせてご覧ください。

コメント0

「研究室に行ってみた」のバックナンバー

一覧

「共食いも胎盤も!サメは「繁殖様式のデパート」」の著者

川端 裕人

川端 裕人(かわばた・ひろと)

文筆家

1964年、兵庫県明石市生まれの千葉育ち。日本テレビの記者を経て作家に。『夏のロケット』が第15回サントリーミステリー大賞優秀作品賞、「SFマガジン」で「青い海の宇宙港」を連載中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

実は事業継承の覚悟って、そんな大それたものではないんですよ。

高田 明 ジャパネットたかた 創業者