• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

知られざるモグラの不思議

国立科学博物館 哺乳類分類学 川田伸一郎(2)

2015年9月12日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

わたしたちにはとても身近な存在なのに、その素性となるとほとんど知られていないモグラ。この有名だけれど謎に満ちた哺乳類を研究する「モグラ博士」として知られると同時に、自称「標本バカ」というほど標本にも魅せられた川田伸一郎さんの研究室へ行ってみた!

(文=川端裕人、写真=的野弘路)

国立科学博物館研究主幹の川田伸一郎さん。

 国立科学博物館の研究主幹として哺乳類の標本の責任者の立場にある川田伸一郎さんは、モグラ博士として知られる。日本国内だけでなく、中国、台湾、ベトナム、タイなどのアジア諸国、さらにはアメリカやロシアなどでも、モグラのフィールドワークを行い、染色体研究を通じて、分類の解明に大きく寄与してきた。

 モグラは、誰もが知っているけれど、よくよく考えると謎に満ちた生き物だ。そこで、今回は、モグラ博士・川田さんに、知られざるモグラの姿を教えてもらおう。博物館の標本についての問いはおいておき、まずはそこからだ。

生死を問わず3割

「講演なんかを頼まれると、まず3つ質問をすることにしています。『モグラを知ってますか』『モグラを見たことありますか』『生きてるモグラ、見たことありますか』です。で、1つ目の質問に『知りません』という人はまずいないんですよ。日本人は、だいたい言葉をしゃべるレベルの子どもでも、もうモグラは知っているんです。ところが、じゃあ見たことがあるかっていうと、ここがガクッと下がって、例えば全体の3割とかだったりして。それで生きてるの見たことあるかっていうと、だいたい東京なんかですと、全体の1割とかぐらい。場合によってはゼロのこともあります」

 なるほど、と思う。ぼく自身は、死んだモグラを見たことはあるけれど、生きたものはないように思う。もちろん、動物園などで見るのは別だ。首都圏にいる人への情報としては、多摩動物公園の「モグラのいえ」は、アズマモグラとコウベモグラを簡単に見ることができるすごい展示だ。

「実は、野生の哺乳類の中で一番人間生活に身近なものの1つがモグラなんです。外から入ってきたドブネズミなんかは除くとして、あと、アブラコウモリっていうのが都会でもよく見られますから、モグラとアブラコウモリが、日本に住む人にとって身近な野生哺乳類の代表的なものだと思うんです」

 なお、日本にはモグラがたくさんいるけれど、北海道にはいない。なので、そこのところは注意。とにかく、神社や屋根裏や廃屋などに巣を作って都市環境でもあちこちに出没するアブラコウモリと並んで、身近な野生哺乳類の2トップだというのである。

 しかし、実際に見た人は、少ない。"Dead or Alive"(生死を問わず)でも3割、生きているものは1割というのは何故なのだろう。

コメント0

「研究室に行ってみた」のバックナンバー

一覧

「知られざるモグラの不思議」の著者

川端 裕人

川端 裕人(かわばた・ひろと)

文筆家

1964年、兵庫県明石市生まれの千葉育ち。日本テレビの記者を経て作家に。『夏のロケット』が第15回サントリーミステリー大賞優秀作品賞、「SFマガジン」で「青い海の宇宙港」を連載中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

コメント入力

コメント(0件)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

西洋諸国は今、内なる敵との戦いに本気で取り組むべきでしょう。それは、変化できずにいる日本にも言えます。

ビル・エモット 国際ジャーナリスト、英エコノミスト誌・元編集長