• ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版
  • 日経BP

「無目的、無制限、無計画」の大切さ

国立科学博物館 哺乳類分類学 川田伸一郎(5)

2015年10月3日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

わたしたちにはとても身近な存在なのに、その素性となるとほとんど知られていないモグラ。この有名だけれど謎に満ちた哺乳類を研究する「モグラ博士」として知られると同時に、自称「標本バカ」というほど標本にも魅せられた川田伸一郎さんの研究室へ行ってみた!

(文=川端裕人、写真=的野弘路)

「無目的、無制限、無計画。3つの無、とか言ってます。博物館の仕事は展示と研究だけじゃない。そのために大切なのは標本。そして、標本を集めるスローガンが、『3つの無』です」

 生き物の標本は、情報の宝庫だ。ノボシビルスクのシベリア動物学博物館で、標本の力を実感して帰ってきた川田さんは、世界中のモグラを追いかけると同時に、標本づくり(モグラに限らず)にも邁進しはじめた。当時所属していた名古屋大学のフィールドが、畜産系の実験実習施設でもあり、当時の施設管理者が積極的に動物標本を集める意図を持っていたことも大きい。川田さんは、どっぷりその方針につかって、地元の水族館からゾウアザラシやトドの死体を預かるまでになった。そして、とうとう国立科学博物館の研究員という天職を得た。博士号を取得し「モグラ博士」として世に知られるようになった時には、すでに「標本バカ」(自称)という別の要素を育んでいたのである。

 そして、「3つの無」の境地に至る。

目指すは「すべて」

「まず、無目的。研究に役に立つからといって集めるなら、ぼくの場合、モグラばかりのコレクションになるでしょう。ぼくには面白いけど、ほかの研究者には意味がないかもしれない。自分の目的のために集めているだけじゃだめなわけです。そして、無制限というのは、標本って、ひとつだけで分かることもあれば、たくさん見なければ分からないことも多いんです。ヨーロッパモグラの頭骨を8000点見た論文の話をしましたよね。種の中の変異を見るには、やっぱり数を見なきゃならない。ぼくがアルタイモグラを約1800点みて、歯の変異を確認した研究は、8000点の論文に触発されていたんですが、それもやっぱり無目的に無制限に標本化していた博物館のおかげだったわけです」

 いつかやってくるであろう研究者との出会いを待って、無目的、無制限に標本を収容する。それでこその博物館、というのである。これは、字義通りに「すべて」というのは無理なのだけれど、自然史博物館で標本を担当する人たちは、川田さんに限らず、かなり普遍的にそうしたいと思っているようだ。少なくとも、ぼくがこれまで話すチャンスがあった、自然史博物館関係者は、洋の東西を問わず同じ主旨のことを述べていた。

手前の標本はヒナコウモリとカワネズミ(大)とジネズミ(小)。所属する研究者が研究の対象としないものを集めるのも大事な仕事。

コメント1件コメント/レビュー

無目的、無制限、無計画というのは、営業マンの得意先回りに似ている気がします。あるお客さんの所を訪れた時に、近くに別のお客さんが居るのに気付いて、「ちょっと近くまで来たので立ち寄りました」と言って、よく顧客回りをしてました、自動車の販売店で営業マンをやっていた時のことです。茶飲み話をしながら、納入済の商品に不満や希望を尋ねると同時にどんな使い方をするのかという話から、お客さんの家族旅行の話、お子さんの話へと無計画に話が進んで行く内に、「ああ、そう言えば」とお子さんの同級生の家が車を買い替えるのにいい営業マンを探してたから、あんたを紹介しようかという話になり、新しい商談に繋がったことが、何度かありました。その後、全く知らない国々のエリアマネージャーになった時も、自分の担当する市場を自分の目で見て感じて学びたいと、ほぼ無計画、無目的、無制限で周り、様々な知見を得ると同時に、全ての市場に通じた勘所も学びました。無計画、無目的、無制限というのは、とても大事なことだと思います。(2015/10/03 11:43)

「研究室に行ってみた」のバックナンバー

一覧

「「無目的、無制限、無計画」の大切さ」の著者

川端 裕人

川端 裕人(かわばた・ひろと)

文筆家

1964年、兵庫県明石市生まれの千葉育ち。日本テレビの記者を経て作家に。『夏のロケット』が第15回サントリーミステリー大賞優秀作品賞、「SFマガジン」で「青い海の宇宙港」を連載中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント

いただいたコメント

無目的、無制限、無計画というのは、営業マンの得意先回りに似ている気がします。あるお客さんの所を訪れた時に、近くに別のお客さんが居るのに気付いて、「ちょっと近くまで来たので立ち寄りました」と言って、よく顧客回りをしてました、自動車の販売店で営業マンをやっていた時のことです。茶飲み話をしながら、納入済の商品に不満や希望を尋ねると同時にどんな使い方をするのかという話から、お客さんの家族旅行の話、お子さんの話へと無計画に話が進んで行く内に、「ああ、そう言えば」とお子さんの同級生の家が車を買い替えるのにいい営業マンを探してたから、あんたを紹介しようかという話になり、新しい商談に繋がったことが、何度かありました。その後、全く知らない国々のエリアマネージャーになった時も、自分の担当する市場を自分の目で見て感じて学びたいと、ほぼ無計画、無目的、無制限で周り、様々な知見を得ると同時に、全ての市場に通じた勘所も学びました。無計画、無目的、無制限というのは、とても大事なことだと思います。(2015/10/03 11:43)

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

閉じる

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

面白い取り組みをしている会社と評判になれば、入社希望者が増える。その結果、技能伝承もできるはずだ。

山崎 悦次 山崎金属工業社長