• BPnet
  • ビジネス
  • IT
  • テクノロジー
  • 医療
  • 建設・不動産
  • TRENDY
  • WOMAN
  • ショッピング
  • 転職
  • ナショジオ
  • 日経電子版

3.11地震の火山への影響を百年後まで試算

防災科学技術研究所 火山物理学 藤田英輔(5)

2015年11月7日(土)

  • TalknoteTalknote
  • チャットワークチャットワーク
  • Facebook messengerFacebook messenger
  • PocketPocket
  • YammerYammer

※ 灰色文字になっているものは会員限定機能となります

無料会員登録

close

阿蘇山、箱根山、御嶽山など、このところ活発化しているように見える日本の火山だが、本当はどうなのか。2011年の東北地方太平洋沖地震の影響は?富士山は?そして、火山についていまどこまで分かっているのか――。地震や地殻変動の観測をもとに地下の現象を解明し、火山防災に取り組み、噴火の予知を目指す藤田英輔さんの研究室へ行ってみた!

(文=川端裕人、写真=藤谷清美)

 さて、数値シミュレーションには、もうひとつ大きなテーマがある。

 2011年3月11日におきた東北地方太平洋沖地震は、日本の火山活動を活発化させたのだろうか。あるいは、これから活発化させるのだろうか。もしも、そうだとしたら、「どの程度」だろうか。

3.11のひずみは

「地震と火山というのは、やはり密接な関係があります。東北の地震で、太平洋プレートがズルッと動いて、それによって周りにも歪みが伝播していって、例えば火山の下のマグマ溜まりにひずみができちゃうということもあるわけです。マグマはやわらかくて、まわりは固いわけです。その境目にギューッと力がかかる。1つは、マヨネーズを絞り出すみたいにマグマを絞り出してしまう形。あるいは、マグマって前にも言いました通り、ガスが入ってることが一番重要なので、力のかかり方が変わると、例えばビールとか炭酸飲料を振った時のような感じになって、栓をシュッて抜くと飛び出しちゃうようなことが起きる。それで噴火の連動性みたいなことが、言われるんです」

 地震というのは、地殻のひずみが解放される時に起きる現象だと理解している。でも、どこかのひずみが解放されると、別のどこかにまた別の形のひずみがたまるということになってしまうらしい。

 では、実際にこの時の影響というのはすでに出ているのだろうか。個人的には、御嶽山や口永良部島の噴火との関連が気になるが……。

コメント3

「研究室に行ってみた」のバックナンバー

一覧

「3.11地震の火山への影響を百年後まで試算」の著者

川端 裕人

川端 裕人(かわばた・ひろと)

文筆家

1964年、兵庫県明石市生まれの千葉育ち。日本テレビの記者を経て作家に。『夏のロケット』が第15回サントリーミステリー大賞優秀作品賞、「SFマガジン」で「青い海の宇宙港」を連載中。

※このプロフィールは、著者が日経ビジネスオンラインに記事を最後に執筆した時点のものです。

日経ビジネスオンラインのトップページへ

記事のレビュー・コメント投稿機能は会員の方のみご利用いただけます

レビューを投稿する

この記事は参考になりましたか?
この記事をお薦めしますか?
読者レビューを見る

コメントを書く

ビジネストレンド

ビジネストレンド一覧

閉じる

いいねして最新記事をチェック

日経ビジネスオンライン

広告をスキップ

名言~日経ビジネス語録

定年後の社会との断絶はシニアの心身の健康を急速に衰えさせる要因となっている。

檜山 敦 東京大学先端科学技術研究センター 講師